Rentioによるカメラ・家電の徹底解説サイト

Rentio PRESS

アップリカ マジカルエアー3種類(プラス/クッション)の違いは?口コミ・評判やデメリットを検証!

更新日
アップリカ マジカルエアー3種類(プラス/クッション)の違いは?口コミ・評判やデメリットを検証!

アップリカのB型ベビーカー「マジカルエアー」シリーズは、軽さと十分な機能を兼ね備えたB型ベビーカー。

3kg台と軽量なのに、リクライニングとハイシートで子どもが成長しても快適に過ごせます。

そんなアップリカ マジカルエアーシリーズの特長やデメリット、口コミ・評判について詳しく解説します。
 

アップリカのB型ベビーカー「マジカルエアー」とは?

アップリカのB型ベビーカー「マジカルエアー」とは?

アップリカは、コンビと並ぶ国内2大ブランドです。

マジカルエアーは、アップリカの発売するB型ベビーカーシリーズ。

B型ベビーカーは生後7ヵ月頃の腰すわり後から使えて、A型と比べて軽くて簡易的なつくりが特徴。

マジカルエアーは、ハイシート・リクライニング・UVカット幌などB型としては高機能で、3㎏台と軽いB型ベビーカーです。

A型とB型、ベビーカー2種類の違いを解説!それぞれの定義とデメリット、AB型&バギーとの違いは? – Rentio PRESS[レンティオプレス]

アップリカ マジカルエアーシリーズ3種類の違い

アップリカ マジカルエアーシリーズ3種類の違い

現在発売中のマジカルエアーシリーズは大きく分けて3種類です。それぞれの特徴を簡単に説明します。

マジカルエアー

マジカルエアーシリーズのスタンダードモデルです。

「AE」というアルファベットが型番になっており、マジカルエアー AEは2018年に発売された最新モデルです。

シリーズ最軽量の3.2kgで、ハイシート・リクライニング・UVカット幌など最低限の機能を搭載しています。

軽さを求める方におすすめのタイプです。

マジカルエアー プラス

マジカルエアー プラスは、スタンダードモデルと比べて若干重くなりますが安心感のあるタイプです。

ゆれぐらガードやワイドタイヤで安定した走行。メッシュ素材のシートで子どもがより快適に過ごせます。

マジカルエアープラス新旧モデルの違い

現在「マジカルエアープラス AD」と「マジカルエアープラス AE」の2つが公式発売中ですが、AEのほうが2019年発売の最新モデルです。

ADとAEの主な違いは、カゴの大きさと幌のUVカット機能。AEはカゴがより大きく、幌も99%UVカットとパワーアップしています。

旧モデルのADは、型落ちに伴い市場価格が落ちているので、安くマジカルエアープラスを購入したい方にはおすすめです。

マジカルエアー クッション

マジカルエアー クッションは、プラスよりもさらに安心感の高いモデルです。

車体に内蔵されたクッションで振動を吸収する「しなやかクッション」搭載。シートの高さも52cmとより高くなっています。

子どもの乗り心地や安心感を求める方におすすめのタイプです。

アップリカ マジカルエアーシリーズ比較表

アップリカのB型ベビーカーマジカルエアー3種類の違いを一覧表で比較してみましょう。

シリーズ名マジカルエアーマジカルエアー プラスマジカルエアークッション
名称マジカルエアー AEマジカルエアー プラス ADマジカルエアー プラス AEマジカルエアークッション
対面・背面背面背面背面背面
対象月齢7カ月〜36カ月頃(体重15kg以下)7カ月〜36カ月頃(体重15kg以下)7カ月〜36カ月頃(体重15kg以下)7カ月〜36カ月頃(体重15kg以下)
リクライニング117°~135°117°~135°117°~135°122°~139°
重量3.2kg3.5kg3.6kg3.8kg
サイズ開:W445×D765×H1050~1150(mm)
閉:W445×D310×H932(mm)
開:W460×D775×H1050~1150(mm)
閉:W460×D327×H935(mm)
開:W456×D762×H1050(mm)
閉:W456×D340×H934(mm)
開:W456×D762×H1050mm)
閉:W456×D340×H934(mm)
カラーバリエーションBL/RD/GRBK/RD/BL/YENV/BK/YENV/RD
ゆれぐらガード
タイヤ12cmダブルタイヤ12cmワイドダブルタイヤ+四輪サスペンション12cmワイドダブルタイヤ+四輪サスペンション12cmワイドダブルタイヤ+四輪サスペンション
しなやかクッション
シートノーマルメッシュメッシュメッシュ&リバーシブル
サンシェード97%UVカット97%UVカット99%UVカット99%UVカット
シート高さ50cm50cm50cm52cm
カゴ容量25L(耐荷重5kg)20L(耐荷重5kg)25.3L(耐荷重5kg)22.2L(耐荷重5kg)
洗濯手洗い洗濯機洗濯機洗濯機
公式通販価格(税込)24,840円29,700円29,160円31,320円

アップリカ マジカルエアーの特長

アップリカ マジカルエアーの特長

ここからはアップリカ マジカルエアーシリーズの特長とその魅力について詳しく解説していきます。

軽量&小型で生後7ヵ月から3歳頃まで大活躍

マジカルエアーシリーズは、生後7ヵ月から3歳頃(~体重15kg)まで使えるB型ベビーカー

重さは3㎏台と軽く、畳んでもコンパクトなので、持ち運びにも収納にも便利。

子どもが大きくなってもお出かけに楽々連れていける重さなので、長く活躍してもらえそうですね。

リクライニング&ハイシートで快適

マジカルエアーのシートは、子どもが快適に乗れるようにリクライニング・ハイシートとなっています。

リクライニングがあることで、お昼寝のときにも安定した姿勢でベビーカーに乗せることができます。また、シートが地面から離れているので、地面の熱やホコリからも遠ざけることできます。

さらに、マジカルエアープラス・クッションは、シートがメッシュ素材なので、通気性もよく快適です。

ワンタッチで片手でも折り畳める

マジカルエアーの折り畳みは、ハンドルの開閉ロックを解除し本体を後方に傾けるだけ。コツをつかめば片手でもスムーズに畳めます

ワンタッチ開閉は、特に電車やバスなど公共交通機関での移動や、大人一人で子どもと出かけることの多い方には必須条件。

歩き始めた子どもと手をつなぎながらでも、パッと畳んで持ち運びができるので、安心ですね。

上位モデルは走行性や乗り心地もUP

マジカルエアープラス・クッションには、走行を安定させるゆれぐらガードとワイドタイヤを使用しています。
車体のフレームやタイヤのサスペンションで衝撃を吸収し、幅広のタイヤで走行に安定感をプラス。

さらに、マジカルエアークッションは、車体に内蔵されたしなやかクッションで、子どもに伝わる振動を吸収してくれます。

押しやすさや乗り心地もしっかり考えられた安心のベビーカーです。

アップリカ マジカルエアーのデメリット

アップリカ マジカルエアーのデメリット

ベビーカー購入前に気になるのが、「マジカルエアーにデメリットって無いの?」ということ。購入時には良いところよりも悪いところのほうが気になりますよね。

もちろん、どんなベビーカーにもデメリットはありますが、それに納得したうえで選べば後悔しません。

気になるマジカルエアーのデメリットについて、詳しく解説します。

タイヤが小さく段差につまづきやすい

マジカルエアーのタイヤの直径は約12㎝。これは一般的なタイヤサイズ13.8cmと比べてやや小さめ

そのため、歩道への乗り上げや段差を通る際に引っかかりやすいので注意が必要です。
大型タイヤのベビーカーと比べると押しやすさの面では劣る点は、デメリットといえるでしょう。

段差を乗り越えるときに、少しベビーカーを倒して前輪を浮かすようにすると引っかかりにくくなります。
ただし、マジカルエアーは後輪同士をつなぐフレームが足元にないので、腕の力だけで前輪を浮かさなければなりません。

日よけが小さい

マジカルエアーのサンシェードはUVカット素材を使用しているのですが、サイズが少し小さめなのがデメリット。

すっぽり覆いかぶさるタイプではないので、日差しの向きによっては子どもの顔に日光が当たってしまうことも。

マジカルエアーシリーズすべて幌のサイズは同じなので、気になる方は他のB型ベビーカーを検討したほうがいいでしょう。

荷物カゴが小さめ&ハンドルにかけると倒れやすい

マジカルエアーの座席下の荷物カゴの容量は、種類によって20~25L

他のベビーカーと比べて決して小さいわけではないのですが、買い物など荷物が多い時には「もう少し入ればいいのに…」と感じることがあるかもしれません。

また、ハンドルにフックなどで荷物をかけすぎると、ベビーカー本体が軽いのでひっくり返って倒れてしまう危険性も。

重い荷物はなるべく座席下のカゴに入れて、ハンドルにはあまり荷物をかけないようにしましょう。

なお、ベビーカーが倒れにくいベビーカーバッグをこちらの記事で紹介していますので、参考にしてみてください。
荷物カゴが大きいベビーカーおすすめ9選&倒れにくいベビーカーバッグで収納力UP – Rentio PRESS[レンティオプレス]

シートの洗濯機丸洗いはモデルによる

マジカルエアーは、すべてシートを簡単に取り外して洗うことができますが、洗濯機にかけられるかどうかはモデルによって異なります。

洗濯機OKなのは、マジカルエアープラス・クッションのみ。マジカルエアーは手洗いのみとなっています。

汗をかいたり汚したりしやすいベビーカーのシートは、洗濯機で気軽に洗える方が便利です。
お手入れの手間を減らしたい方は、マジカルエアープラスかマジカルエアークッションがおすすめです。

アップリカ マジカルエアーの口コミ・評判

「アップリカ マジカルエアー」の口コミ・評判はいい?

アップリカ マジカルエアーを実際に使っている方の口コミや評判も購入前には気になるポイントです。

マジカルエアーシリーズの口コミ・評判を見ていきましょう。

★★★★★5.0
3.2kgなので軽く、電車移動などの時にも使えますね。地方&郊外というより、ちょっと都市部&市街地の移動などの時に重宝します。
たたんだ時のコンパクトさもいいのでマンションやアパートの玄関などに置いても場所を取りません。
(参考:アップリカ マジカルエアー AEのAmazonレビュー

 

★★★★☆4.0
軽量なのでガタガタした道などでは振動は強めにでてしまいます
安定感はしっかりしていて倒れるなどの不安は全く感じませんでした
(参考:アップリカ マジカルエアー AEのAmazonレビュー

 

★★★☆☆3.0
本体がとても軽くタイヤもスムーズです。押し心地もいいです。
重心が3年前のF2と比較して後ろにあるようで、ハンドルにS字フックでたくさん荷物をかけると後ろに倒れやすくなります
本体が軽くタイヤが小さい分段差が苦手で、F2の時は足で後輪をつなぐバーを踏んで前輪を上げていたのですが、そのバーがないのでハンドルを下に押して前輪を浮かす必要があり、少し億劫です。住んでいる環境が段差が少なく、荷物をそれほどかけないのであればとてもいいベビーカーだと思います。
(参考:アップリカ マジカルエアー AEのAmazonレビュー

 

★★★★★5.0
軽くて使いやすいです。
ちょっとした段差でつまずいたり、キャノピーが浅いという点以外は満足しています。
アップリカ マジカルエアープラス ADのAmazonレビュー)

 

★★★★☆4.0
【良い点】
・軽くて持ち運びやすい。
・コンパクトにしまえるからあまりスペースをとらない
・広げるのも、しまうのも片手でできる

【悪い点】
・ストッパーがかけずらい
・日除けがもっと広がると良い
・ワンハンドルタイプだから顔を見ながら使用出来ない
アップリカ マジカルエアープラス ADのAmazonレビュー)

 

★★★★☆4.0
シートが高いからといって安定性に欠けるわけでもなくスムーズな走行性です。タイヤもとてもスムーズです。
アップリカ マジカルエアープラス ADのAmazonレビュー)

マジカルエアーの口コミを見ると、やはり軽くて持ち運びやすい点とコンパクトに畳めて収納スペースをとらない点が高評価でした。

走行性に関しては、押しやすくスムーズという意見もある一方で、段差やガタガタ道での振動が大きいと感じる方もいるようです。

首や腰のすわった子どもを乗せるB型ベビーカーなので、振動に関してはある程度妥協も必要かもしれませんね。

まとめ

アップリカ マジカルエアーは、軽量・小型で十分な機能をもつB型ベビーカー

重いA型からの乗り換えなら、3㎏台は感動する軽さですよね。反面、悪路での走行性はA型には劣るので、納得した上で購入を決めてくださいね。

最後に、マジカルエアーのメリット・デメリットをまとめましたので、ベビーカー選びの参考にしてみてください。

アップリカ マジカルエアーのメリット

  • 軽量&小型で生後7ヵ月から3歳頃まで大活躍
  • リクライニング&ハイシートで快適
  • ワンタッチで片手でも折り畳める
  • 上位モデルは走行性や乗り心地もUP

アップリカ マジカルエアーのデメリット

  • タイヤが小さく段差につまづきやすい
  • 荷物カゴが小さめ&ハンドルにかけると倒れやすい
  • 日よけが小さい
  • シートの洗濯機丸洗いはモデルによる

今回はマジカルエアーに絞ってご紹介しましたが、まだ他のベビーカーでも迷っている…という方は、こちらの記事でベビーカーの選び方やおすすめについて詳しくご紹介しているのでぜひご覧ください。

[最新]人気の国内ベビーカーおすすめ8選!後悔しない選び方と口コミ・評判を一挙公開 – Rentio PRESS

[2019]人気のB型ベビーカー国内おすすめ7選!選び方や口コミ・評判まで徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 ベビーカー・ベビー用品カテゴリのランキング

ピックアップ記事