RentioPress

初心者でもすぐ分かる一眼レフの選び方!4つのポイントから理想のカメラを見つけよう

公開日 最終更新日
初心者でもすぐ分かる一眼レフの選び方!4つのポイントから理想のカメラを見つけよう

これからカメラを始めようと考えていても、どのカメラを選べば良いのか分からないというシーンもあるかと思います。

一眼カメラでは、一眼レフミラーレス一眼に分かれることが一般的ですが、従来から存在する一眼レフカメラも今なお人気を集めています。

近年では小型で軽量、おしゃれであることからミラーレス一眼が注目されていますが、一眼レフカメラもまだまだ選ぶメリットは存在します。

今回はそんな一眼レフカメラの選び方について解説していきます。

一眼レフとは?

一眼レフとは

そもそも世の中に存在するデジタルカメラという大きなジャンルにおいて「一眼レフ」というのはどのようなものなのか、基本的なところをご紹介していきます。

一眼レフはレンズが交換できて、一般的なデジタルカメラにおいて最も高画質を実現してくれるという認識で最初は良いでしょう。

デジタルカメラにおいて最も自分のイメージを写真として反映できるカメラなのです。

ミラーレス一眼との違い

一眼レフ ミラーレス 違い

一眼レフの比較対象として挙げられることの多い、ミラーレス一眼ですが、一体どのような違いがあるのか気になるところだと思います。

一眼レフもミラーレス一眼も同じ一眼カメラという大ジャンルの下に存在しますが、カメラ内部の構造において「ミラーの有無」が最大の違いとなります。

ミラーレス一眼では、一眼レフで存在したミラーを撤廃したことで小型・軽量化に成功したものの、ミラーによる反射を無くしたことでファインダー内も液晶を搭載しており、見たそのままを表示する光学ファインダーよりも若干のタイムラグなどが生じることがあります。

昔からフィルムカメラなどを使っている方からするとミラーレス一眼で採用されている電子ビューファインダーに最初は慣れないことも多いですが、これまでコンデジを中心に使用されてきた方は逆に電子ビューファインダーの方が慣れていることもあると言えます。

こちらで更に詳しく解説

一眼レフとミラーレス一眼を比較検証!両者の本当の違いを初心者向けに徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

今なお数多くのモデルが存在する人気ジャンル

ミラーレス一眼が盛り上がりを見せる今でも一眼レフは歴代含め、非常に多くのモデルが存在する人気のジャンルです。

これからカメラを始められる方であれば、EOS Kissなどの初心者に特化したモデルもおすすめですが、発売から少し時間が経過した型落ちモデルなどもおすすめです。

十分な性能を保有しながら型落ちモデルであることから安くなったモデルも数多く存在するのが歴史の浅いミラーレス一眼市場よりも優れているポイントの一つと言えるでしょう。

[2019年]キヤノンおすすめ一眼レフカメラ5選!今、一眼レフを選ぶ理由を解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

ニコンおすすめ一眼レフカメラ5選!人気カメラの特長や価格を徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

[2019年最新版]一眼レフ初心者が知りたいEOS Kissシリーズの選び方と全ラインナップの比較 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

一眼レフ選びで気を付けたい4つのポイント

一眼レフで使うモデルを選ぶ上で注目したいポイントも存在します。

ここからは自分に合った理想の一眼レフカメラを見つける上で見ておきたい性能を中心にご紹介していきます。

1. センサーサイズ

センサー サイズ 比較

デジタルカメラには必ずイメージセンサーが搭載されていますが、カメラによって搭載されているセンサーのサイズが異なります。

一眼レフの場合、主に「フルサイズ」か「APS-C」サイズのセンサーが搭載されており、フルサイズセンサーはAPS-Cセンサーサイズよりも1.5倍から1.6倍ほど大きいサイズとなっており、光の情報を多く取り込むことができるため、階調が豊かな高画質を実現します。

しかし、一般的にフルサイズセンサーを搭載したモデルは中級以上のユーザーを対象としたものが大半で、価格も高くなる傾向にあります。

そのため初めてのカメラにおすすめされるような初心者向けのモデルの大半はAPS-Cセンサーが搭載されていますが、基本的にはAPS-Cセンサー搭載のモデルで十分と言えるでしょう。

初心者が気になるフルサイズとAPS-Cの違いを徹底解説。画質、画角、対応レンズに大きな違いあり – Rentio PRESS[レンティオプレス]

2. 高感度耐性

Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM Shooting

Canon EOS 6D Mark II, EF70-200mm F2.8L IS III USM, 1/15sec, F2.8, ISO4000, 140mm, 東京国際空港

一眼系カメラにおいて大きな性能差が出るシーンとして暗い場所での撮影です。

写真は光を情報として画像を生成するため、光の少ない場面ではカメラ内において光を電子的に増幅する必要があります。

その機能がISO感度となりますが、ISO感度が高くなるほど高感度撮影と呼ばれています。高感度撮影時はカメラによってノイズが目立つなど、大きな差が出る部分です。

ここでもフルサイズセンサーは高感度撮影に有利となれており、APS-Cセンサーかつ古い画像処理エンジンの場合は、常用として使用することのできる最高ISO感度の数値も低くなります。

カメラの性能において常用ISO感度の範囲というのは確認しておくようにしましょう。

高感度撮影に優れたおすすめ一眼カメラ5選。暗い場所でも明るく美しく撮影できる高性能モデルを紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

3. 連写速度

Canon EF 8-15mm F4L フィッシュアイ USM Shooting

Canon EOS 7D Mark II, EF 8-15mm F4L フィッシュアイ USM, 1/4000sec, F13, ISO320, 10mm, プーケット国際空港

動く被写体などを撮影するシーンにおいて決定的瞬間をものにするための連続撮影速度もカメラの性能において重要となります。

連続撮影速度は「〇コマ/秒」という表記で仕様として記載されることが多く、早いモデルで10コマ/秒、遅いモデルで5コマ/秒程度となっています。

連続撮影速度において1コマ/秒の差は非常に大きく、わずかな差のように思えても速度は大きく変化します。

逆にカメラを固定して決められた構図を撮影するシーンなどでは連続撮影速度の性能は重要視する必要はなく、連続撮影速度を気にするシーンは限られると言えるでしょう。

動く被写体におすすめ一眼カメラ5選!AF性能と連写性能で見極めるカメラの選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

4. 液晶タイプ

一眼レフ 液晶

近年では、可動式の液晶画面がカメラに搭載されることも珍しくなく、「チルト式」や「バリアングル式」といった名称を目にすることも少なくないでしょう。

可動式の液晶が搭載されていることで、目線の高さでは姿勢が厳しくなるローアングルや、ファインダーを覗くことが不可能なハイアングルでの撮影において活躍します。

一眼レフの多くは、上下180°、左右90°に可動するバリアングル式液晶が採用されていることが多いですが、上位モデルや発売から何年も経過した古いモデルには搭載されていない場合もあるため、注意が必要です。

また、カメラの液晶によってはタッチ操作に対応している液晶を搭載しているモデルもあるため、こちらも注目しておきたいポイントです。

はじめてにおすすめ一眼レフはこちらで紹介

以上のポイントを抑えた上ではじめての一眼レフでおすすめのモデルをこちらの記事で紹介しています。

初心者向けとして定番であるキヤノンのEOS Kissシリーズの最新モデルEOS Kiss X10はもちろん、ニコンでも初心者向けとしてD3500などがはじめてでも扱いやすい一眼レフカメラとして人気を集めています。

[2019年]初心者向けおすすめ一眼レフ6選!カメラ選びで大切なポイントを解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

レンズの種類も豊富

一眼レフ レンズ 豊富

一眼レフを使用する上でレンズの選択というのも必要になってきますが、一眼レフカメラの大きなメリットとして選ぶことのできるレンズの種類が非常に豊富です。

今盛り上がりを見せているミラーレス一眼では、レンズの種類が少なく、一眼レフほど表現を行う面で自由度は高くありません。

特に超広角と超望遠のジャンルにおいては一眼レフが圧倒的にレンズのレパートリーで優れており、これらのレンズを使用することの多い風景写真や動体撮影のジャンルでは、今も一眼レフの方が優れていると言えます。

カメラ初心者が知りたいレンズの選び方!理想のレンズの見つけ方を徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

[最新]キヤノンおすすめレンズ9選。まずは揃えておきたいレンズを性能と価格から徹底紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

一眼レフの選び方まとめ

一眼レフ 選び方

高画質で満足いく写真を撮影するためには一眼カメラを使って撮影することが一番手軽と言えます。

その中でも本格的な撮影を行うことができるのが一眼レフですが、それぞれのモデルにおいて性能差やレベルは存在します。

今回は注目すべきポイントとしてセンサーサイズ高感度耐性連続撮影速度液晶タイプをご紹介しましたが、これらの性能・機能はカメラ選びの上で重要なポイントとなります。

とはいえ、撮影したジャンルによって優先すべき性能も異なってくるので、自分の撮影したいジャンルも再確認しておくと良いでしょう。

一眼レフをまずはレンタル

カメラは安いものではありません。いきなり購入することに抵抗を感じる方も少なくないと思います。

そんなときは購入する前にお試しで使用するためにレンタルされることがおすすめです。

家電レンタル「Rentioでは、長い人気を誇る王道モデルから話題の最新モデルまで、豊富なラインナップから選んでレンタルすることができます。

ぜひこの機会にRentioで気になる一眼レフをレンタルして、カメラ選びに役立ててください。

[レンタル] 一眼カメラ 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 一眼カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事