Rentioによるカメラ・家電の徹底解説サイト

Rentio PRESS

GoProアプリに接続できない問題を徹底解説!接続に失敗する原因とその対処法について

更新日
GoProアプリに接続できない問題を徹底解説!接続に失敗する原因とその対処法について

先月、アクションカメラ「GoPro」と連携するスマートフォンアプリ「GoProアプリ」がアップデートされました。

今回のアップデートは、単なるバグの修正等のマイナーアップデートではありません。元々個別に用意されていた動画編集用アプリ「Quik(クイック)」の機能が移植され、撮影や設定等のリモート操作から動画編集まで、GoProアプリだけで完結できるようになりました。

目玉には「ストーリーテリングエクスペリエンス」と呼ばれる、撮影したコンテンツから有意義な良いシーンを識別して、自動的に動画や写真のストーリーコンピレーションを作成してくれるといった新機能が追加され、“編集なんて難しそう…”と思っている方には、是非一度試していただきたい機能です。

GoProアプリと言えば、Rentioでも「繋がらない…」とお問い合わせが多く、その理由から使用を断念されてきた方もきっと多いと思います。

今回は、そんなGoProアプリとGoProを接続できない問題の原因とその対処方法について、初めてGoProをお使いになられる方でも解りやすく解説していきます。

GoProアプリとの接続にお困りになられている方はもちろん、これからGoProをお使いになられるご予定がある方も、是非参考にしてみてください。

GoProアプリの基礎知識

まず始めに、GoProアプリの基礎知識について、実際にRentioでお客様から寄せられることが多い質問を元に、ご紹介していきます。

GoProアプリは、Wi-Fi環境が無い場所では使用できないの?

インターネット環境は必要ない

Wi-Fi環境が無くともGoProアプリに接続することは可能です。

一般的に“Wi-Fi”と言うと、ご自宅に設置されている無線LANルーターや公衆無線LAN、モバイルルーター等のインターネット接続を可能にする環境を思い浮かべる方が多いと思います。

GoProアプリへの接続には、インターネットに接続する環境は一切必要ありません。

Wi-Fiとは“デバイス間の相互接続”を意味する

GoProで言う“Wi-Fi”とは、GoPro本体とGoProアプリ(スマートフォン等)のデバイス間の相互接続を意味します。

そもそも、インターネット接続を可能にする“Wi-Fi”も、無線LANに関する登録商標であり、国際標準規格であるIEEE 802.11規格を使用したデバイス間の相互接続が認められたことを示す名称のことを指しています。

冒頭で、“Wi-Fi環境が無くとも…”と説明しましたが、正確に言うと、“インターネット接続を必要とするWi-Fi環境が無くとも…”の方が適切かもしれません。

インターネット接続は必要としませんが、デバイス間の相互接続をすることを意味するため、これもWi-Fi環境ということになります。

繰り返しになりますが、インターネットに接続する環境は必要ありません。

BluetoothとWi-Fiのどっちで接続するの?

BluetoothとWi-Fiの両方で接続

どちらか一方ではありません。BluetoothとWi-Fiの両方で接続します。どちらが欠けても、GoProアプリには接続することができません。

予め、スマートフォンの設定で、BluetoothとWi-Fiの機能をオンにしておく必要があります。

それぞれの役割

Bluetoothは“アプリの初期設定”Wi-Fiは“アプリの制御”の用途として、そして、その両方が“接続を維持する”役割を担っています。

簡単に言うと、Bluetoothは主に初動(起動)を助ける役割、Wi-Fiは主に操作を助ける役割を持っていると言うと解り易いかもしれません。

実際にGoProアプリに接続する際には、BluetoothとWi-Fiの両方のアクセス許可を求めるメッセージが表示されます。

※過去に一度でもアプリに接続したことがある場合、接続をリセットしない限り、二度目の接続にはWi-Fiへのアクセス許可のメッセージのみ表示されます。

GoProアプリを使うと何ができるの?

スタンダードな機能

主な用途としては、GoProに手を触れずに撮影を行う遠隔操作、撮影した動画や静止画のスマートフォンへの取り込み(転送)が挙げられます。

例えば、自撮り棒の先端に取り付けたGoProでシャッターを切りたい場合など、GoProから手元が離れた場所の撮影には、GoProアプリでのリモート操作が非常に便利です。

また、撮影した動画や画像をその場で誰かに共有したい場合など、直ぐにスマートフォンにデータを取り込むことができます。

より便利にする様々な機能

上記で挙げた以外にも様々な機能があります。

  • 撮影モードの切り替え
  • 撮影に関する細かい設定
  • 撮影した動画や静止画の確認
  • 動画や静止画のSNSへのシェア
  • YouTubeやFacebookのライブストリーミング
  • 動作や静止画の編集

アプリを使用することによって、GoPro単体で使用するよりも機能が拡張され、より便利にGoProを楽しむことができます。

併せて読みたいオススメの関連記事

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

GoProアプリの使い方を徹底解説!スマホとの接続から撮影方法まで – Rentio PRESS[レンティオプレス]

GoPro HERO7 Blackでライブストリーミング!設定から配信までの手順を徹底解説(YouTube編) – Rentio PRESS[レンティオプレス]

GoProアプリは無料でダウンロードできるの?

無料でダウンロード可能

GoProアプリは、無料でダウンロードすることが可能です。お使いのスマートフォンによって、iOS版とAndroid版が公開されています。

ダウンロードするには、こちらからアクセスしてください。

接続できない問題を軽減するために行っておくべきこと

ここでは、GoProアプリに接続できない問題をできる限り軽減させるために、事前に行っておいた方がいいことについて解説していきます。

アプリを最新バージョンにアップデートする

GoProアプリのバージョンが古いことで、上手く接続できなかったり、正常に動作しないことがあります。

アプリを使用する予定を控えている場合には、予めアプリを最新バージョンにアップデートしておきましょう。

GoPro本体のソフトウェアを更新する

GoPro本体のソフトウェアも、常に新しい状態に更新しておきましょう。理由は、アプリのバージョンアップと同様です。

しかしながら、GoProのソフトウェアを更新するには、GoProアプリと接続する必要があります。

GoProアプリに接続できない場合には、ご自宅のパソコンに無料のデスクトップ専用公式ソフト「Quik(クイック)」をダウンロードして、パソコンとGoPro本体をUSBケーブルで接続することで、簡単にソフトウェアを更新することができます。

ダウンロードするには、こちらからアクセスしてください。

GoProアプリに接続してソフトウェアを更新するには、バッテリー残量が十分にあることが必須条件であることと、更新に必要な大量なデータをダウンロードしてインストールを行うため、屋外でのダウンロードは現実的ではありません。

ご自宅などの安定したインターネット接続環境で行うことをおすすめします。

GoProアプリに接続できない主な原因

ここからは、本題であるGoProアプリに接続できない問題の主な原因と対処方法にについて、画像付きで詳しく解説していきます。

原因を大きく分類すると、スマートフォン側(GoProアプリを含む)と、GoPro側に起因した要因に分けられます。

実機には「iPhone」と「GoPro HERO7 Black」を使用しています。

GoPro HERO7 Black実写レビュー!新機能を実際に使って性能やおすすめポイントを徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

[入門保存版]初心者が知りたいGoPro(ゴープロ)のすべて。撮影できるシーンや使い方を徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

Bluetooth、Wi-Fiの設定がオフになっている

まずは、単純なスマートフォン側の設定による問題です。

よくある質問の項目でも触れていますが、GoProはGoProアプリと接続するために、スマートフォン側のBluetoothとWi-Fiの設定をオンにしておく必要があります。

BluetoothとWi-Fiのいずれかの設定がオフになっている場合、エラーメッセージが表示され、アプリと接続することができません。機内モードがオンに設定されている場合も同様です。

GoProアプリと接続する際には、まず始めに、スマートフォン側のBluetoothとWi-Fi、機内モードの設定を確認しておきましょう。

Bluetoothをオンにする方法

iPhoneの設定アイコンをタップして、設定メニューを開いてください。

「Bluetooth」をタップしてください。「Bluetooth」の文字の右端に「オン」と表示されている場合、既にオンに設定されています。

「Bluetooth」の文字の右端にあるスライドボタンをタップしてください。これで、Bluetoothがオンに設定されます。

Wi-Fiをオンにする方法

設定メニューの「Wi-Fi」をタップしてください。「Wi-Fi」の文字の右端に「オフ」以外の文字が表示されている場合、既にオンに設定されています。

「Wi-Fi」の文字の右端にあるスライドボタンをタップしてください。これで、Wi-Fiがオンに設定されます。

機内モードの設定を確認する方法

設定メニューの「機内モード」の文字の右端にあるスライドボタンをタップしてください。

スライドボタンが白く表示されている場合、機内モードはオフに設定されています。

デバイス履歴の影響

GoProアプリは、一度接続したGoPro本体を、デバイス履歴として記憶しています。

このデバイス履歴が影響して、GoProアプリに再接続を行う際に、GoProアプリとGoProの相互間の同期を妨げることがあります。

GoProアプリに接続できない時には、デバイス履歴を削除しましょう。

デバイス履歴を削除する方法

GoProアプリをタップして、起動してください。

ホーム画面の左下隅にある「カメラ」のアイコンをタップしてください。

過去に接続したGoProのデバイス履歴が表示されます。画面の左上隅にある「鉛筆」のアイコンをタップしてください。

複数のGoProに接続したことがある場合、画面の右から左にスワイプすることによって、デバイス履歴を切り替えることができます。

画面の中央に表示される「カメラを削除」ボタンをタップしてください。

「削除してよろしいですか?… 」というダイアログボックスが表示されたら、「削除」ボタンをタップしてください。これで、削除が完了します。

BluetoothとWi-Fiネットワーク履歴の影響

デバイス履歴と同様に、一度接続したBluetoothとWi-Fiネットワークの履歴が影響して、GoProアプリに再接続を行う際に、GoProアプリとGoProの相互間の同期を妨げることがあります。

GoProアプリに接続できない時には、BluetoothとWi-Fiネットワークの履歴を削除しましょう。

Bluetooth接続の履歴を削除する方法

設定メニューの「Bluetooth」をタップしてください。

デバイス一覧に「GoPro…」から始まるデバイス名があります。その右端にアルファベットの「 i 」を丸で囲んだマークをタップしてください。

※既に過去の接続から十分な時間が経過している場合は、履歴が自動的に削除されていることがあります。

「デバイスの登録を解除」ボタンをタップしてください。これで、Bluetooth接続履歴の削除が完了します。

Wi-Fiネットワークの履歴を削除する方法

設定メニューの「Wi-Fi」をタップしてください。

ネットワーク一覧に「GP…」から始まるネットワーク名があります。その右端にアルファベットの「 i 」を丸で囲んだマークをタップしてください。

※既に過去の接続から十分な時間が経過している場合は、履歴が自動的に削除されていることがあります。

「このネットワーク設定を削除」ボタンをタップしてください。これで、Wi-Fiネットワーク履歴の削除が完了します。

周波数帯の不一致

Wi-Fiの電波には「2.4GHz」「5GHz」の2つの周波数帯が存在します。

GoPro HERO6以降のGoProには、Wi-Fi帯域の初期設定が、5GHzに設定されており、スマートフォンや接続する場所によって、5GHzの帯域をサポートしておらず、接続できないことがあるようです。

GoPro公式サイトでは、このような場合の対処法として、GoProの「Wi-Fi帯域」の設定を2.4GHzに切り替える手順が公開されていますが、実際には、Wi-Fi帯域の設定は存在せず、対処することができません。

あまり大きく影響する部分ではないと思われるため、そういった可能性があるということだけ、知識として片隅に置いておきましょう。

GoPro本体の接続状況の影響

最後に、GoPro側の接続状況の問題です。

GoProアプリと同様に、GoProにも接続履歴が残っています。この接続履歴が影響して、GoProアプリに再接続を行う際に、GoProアプリとGoProの相互間の同期を妨げることがあります。

GoProアプリに接続できない時には、GoPro側の接続履歴をリセットしましょう。

GoProの接続状況をリセットする方法

  1. GoProを起動します。
  2. 液晶画面を上から下にスワイプして、メニューを表示させます。
  3. メニュー画面の「ユーザー設定」ボタンをタップしてください。
  4. ユーザー設定画面の「接続」をタップしてください。
  5. 接続メニューの「接続をリセット」をタップしてください。
  6. 「よろしいですか?…」というダイアログボックスが表示されます。
  7. ダイアログボックスの下に表示されている「リセット」をタップしてください。
  8. 画面の中央に「リセット中」と表示され、ピピピッという音でリセットが完了します。

まとめ

ここまで読んでいただき、いかがでしたでしょうか。

今回は、GoProアプリに接続できない問題をテーマに取り上げてきました。

ご紹介した原因や対処法は、実際にRentioにお問い合わせをいただいたお客様へ案内している内容をそのまま記しています。

使用した実機は、iPhoneとGoPro HERO7 Blackですが、Android端末やその他のGoPro HEROシリーズをお使いの方にも参考になると思っています。

試してみてやっぱり接続できなくても、諦めないで、もう一度だけ繰り返し試してみてください。対処法を覚えておくと、一度接続できなくても、僅か2〜3分で接続できるようになります。

この記事が少しでも、お役に立てると嬉しいです。

GoProはレンタルがおすすめ!

先月から、一部のガジェット系サイトで、今年発売されるであろう「GoPro HERO8」のリーク情報が発信され、話題になっています。

アクセサリーとして、外付けマイク、LEDライト、追加の液晶画面、更にそれらの装着を可能にするハウジングケースのラインナップの画像が公開され、

外付けマイクやLEDライト等の新しいアクセサリーや、追加の液晶画面など、更にそれらの装着を可能にするハウジングケースといったラインナップの画像も公開されており、正式な発表まで、今から首を長くして待ち望んでいる方も多いと思います。しかしながら、決して安い買い物ではありません。

Rentioでは、今回ご紹介した HERO7 blackや、もっと低予算で GoProに触れてみたいという方には、HERO6、HERO5 など、歴代シリーズもご用意しています。

毎年新しいモデルが発売されているGoProですが、日常的に使用する目的がなく、一時的な使用なら、絶対にレンタルがおすすめです。

是非、この機会に皆様のご利用をお待ちしています。

[レンタル] GoPro(ゴープロ) 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 GoProカテゴリのランキング

ピックアップ記事