RentioPress ロゴ

[GoPro入門保存版] GoProに詳しくない人もGoProが欲しくなる記事

公開日 最終更新日
974,114view
[GoPro入門保存版] GoProに詳しくない人もGoProが欲しくなる記事

海外発祥のアクションカメラGoPro。InstagramやTwitter等のSNSで目にしたことこそあるものの、一体どういった製品なのか詳しくは知らないという方も少なくないのではないでしょうか。

今やアクションカメラの市場は、GoProが火付け役となり国内メーカーも次々と参入し、カメラという歴史ある製品ジャンルに新しい風を吹き込んでいます。

カメラにはあまり興味がないという方、なんだか難しそうだと感じている方。アクションカメラGoProはそんな方にこそ活用してもらいたい製品です。屋外でのアクティビティでこそ力を発揮するGoPro。使いこなせば旅行や週末のレジャーをより楽しく、また臨場感たっぷりに残すことができてしまいます。最近ではInstagramにも#gopro女子なんてハッシュタグも登場し、裾野が広がっているのを感じますね!

今回の記事では、GoProってなんだろう?というところからはじまり、そのラインナップや実際の使い方をご説明させていただきます。写真や動画などを使いながら出来る限りわかりやすく書いたつもりですので、よければ最後まで見ていってくださいね!

1. GoProとは?

GoProは、動きのあるアクションシーンや、迫力ある景色を臨場感たっぷりに残すことを目的に作られた小型軽量、防水設計のアクションカメラです。

また4K動画のような高解像度の映像や、最大で1秒間に240フレームのハイスピードカメラとしての撮影など、小さな機体に似合わないプロ仕様の映像を撮影することも可能です。

いくつかのモデルが存在するGoProですが、どれも手のひらにすっぽり収まるくらいのサイズ感です。

gopro-size

従来のカメラと比べても、とても小さいですね!

このカメラ本体を、ハウジングと呼ばれる防水ケースに入れた状態で固定して使用するのが一般的な使い方となります。

取り付け先は三脚、カメラグリップ、ヘルメット、衣類、車、バイク、サーフボードなど色々な使い方ができます。順番にご紹介させていただきます。

2. GoProで撮影できる映像

GoProのことを知ってもらうためには、GoProで撮影された映像を見ていただくのが一番でしょう。

それでは、GoProを使うとどのような映像が撮影できるのか?Youtubeにあがっているものの中から、すげえ!というような映像をいくつかご紹介させていただきます。

2-1. GoPro公式映像

こちらはGoProが公式に公開しているプロモーション映像です。もちろん全てGoProカメラで撮影されています。

GoProとはなにか?を知るために一番イメージしやすい映像かなと思います。解像度を上げて大画面で再生するととても美しいですよ!

なお、この映像で使われているGoProは、HERO3という少し古い製品です。現在の製品ラインナップは後程ご紹介させていただきます。

2-2. ムササビスーツで山間を飛行

GoProらしい、とにかく疾走感溢れる&スピード感ありすぎて怖いくらいの映像です。ヘルメットにGoProを取り付けて撮影していますね。

この製品も高画質再生が可能な映像です。Youtubeの再生画面右下にある歯車のマークから、「画質」を選んで高画質で再生してみてください。

2-3. タイムラプス

GoProの特殊撮影機能のひとつである「タイムラプス」を使って撮影した映像です。タイムラプスとは、長時間の映像を短時間にまとめた映像です。

アクションシーンのイメージの強いGoProですが、定点撮影も可能としています。雲の流れが美しいですね。

いかがでしょうか?他にもたくさんの迫力ある、美しい動画がYoutubeにアップされています。もし興味があれば是非調べてみてくださいね。

3. GoProのラインナップ

さて、GoProで撮影された素晴らしい映像たちを御覧頂いたところで、次はGoProのラインナップについてご紹介させていただきます。

3-1. 現在販売中のGoPro

現在、GoProは下記の3機種が現行モデルとして販売されています。(2016年10月現在)

  • GoPro HERO5 Black
  • GoPro HERO5 Session
  • GoPro HERO Session

気になるのは、画質と液晶タッチパネルの有無などでしょうか。機能などを一覧にしてみたので参考にしてみてください。

HERO5 シリーズ

製品名 HERO5 Black HERO5 Session HERO Session
発売時期 2016年10月 2016年10月 2016年4月
動画画質 4K30/1440P80/1080P120 4K30/1440P60/1080P90 1440P30/1080P60
防水 10メートル 10メートル 10メートル
ワンボタン コントロール
WIFI + BLUETOOTH
風音低減機能
音声コントロール
ビデオ安定性能
タッチ ディスプレイ
クラウドへの自動アップロード
位置情報取得
RAW + WDR 写真
ポート USB-C、マイクロHDMI USB-C micro-USB

4K映像も撮影でき、背面に液晶タッチパネルの搭載されたHERO5 Black。液晶は非搭載ながらも小型軽量が特長で4K撮影も可能なHERO5 Session。4Kは撮影できませんが、リーズナブルで小型軽量のHERO Session。

旧世代のHERO4の時代には、5機種も6機種もあって選びにくかったのですが機種の選択肢も3機種に統一され、より選びやすくなりました。

fpsとは?

さて、画質の部分に「P」という単位がついていることと思います。

この単位は「frame per second」の略で、1秒あたりに何枚の静止画が切り替わるかをあらわしています。つまり「30fps」であれば、1秒に30枚静止画が切り替わるという意味です。

動きの穏やかな映像であれば15fpsと小さめの数字でも良いのですが、激しい動きが予想される場面で15fpsだと映像がカクカクで見れたものじゃありません。スピード感ある映像なら60fpsくらいあると安心ですね。

なお、モデルによっては120fps、240fpsと細かいフレームレートでの撮影も可能ですが、これはもっぱらスローモーション撮影をするためのものと考えていただいて差し支えありません。

4. GoProの使い方

さて、それではGoProの使い方をイメージしていただくために写真を交えながらGoProカメラの使い方をご紹介させていただきます。

4-1. 設置、取り付け

まずはGoProをハウジングに入れ、マウントを使って設置しましょう。マウントとはGoProを様々な場所に設置するためのオプション品のことです。

こちらの写真では、エクステンションアームの3-wayというものを使用しています。

GoPro HERO5 Blackと3way

3wayはその名の通り、3通りの使い方ができます。カメラアーム、カメラグリップ、簡易三脚とあらゆる場面で活躍できるマウントですので最初に購入するマウントとしては非常におすすめできる製品の一つです。

他にも吸盤式のマウントや、ヘルメットにつけるタイプなどなど、たくさんのものが発売されていますよ。

4-2. 撮影品質を選ぶ

GoProは、撮影できる映像品質もたいへん多くのものが用意されています。映像を撮影するなら解像度、フレームレートを選択しましょう。

なお、HERO5 Blackには本体背面に液晶タッチパネルが搭載されているため設定が簡単です。液晶タッチパネル非搭載の機種は本体のボタンと白黒液晶を頼りに設定する方法をとります。スマホアプリと無線接続しての設定も可能です。

4-3. 撮影

シャッターボタンを押すことで撮影が開始され、microSDカードに保存されます。

撮影時にはmicroSDカードが必須になりますので、準備を忘れることのないよう注意してくださいね。

GoPro HERO5 Black 液晶

4-4. 編集、共有

撮影した映像はデータとしてSDカードに保存されますので、もちろんそのままでも閲覧やSNSでの共有は可能です。

ですが、公式アプリケーションのGoProスタジオを使うことで撮影した映像を編集して楽しむことも可能です。

なお、ハイスピードカメラで高いフレームレートの映像を撮影した場合も、GoProStudioを使って編集しないとスローモーション映像にはできません。GoProをより深く楽しむならば必須とも言えるソフトですね。

4-5. GoProアプリ

先ほどのGoPro Studioはパソコン用のソフトですが、スマホ用のアプリも登場しています。

このアプリを使うことで、遠隔でスマホからシャッターを切ったり、カメラ(SDカード)内に保存されている映像や写真をスマホの画面からプレビューすることが可能です。後述しますが液晶画面のないGoProカメラも存在しますので、とても便利なアプリです。

gopro-apps

なお本筋から外れてしまうのでGoProアプリについてこの記事でこれ以上詳しくご説明することはありませんが、こちらの記事でより詳しくご説明してます。

もしGoProアプリを使うことがあればこちらも是非見てみてください。

徹底解説!GoProアプリの初期設定と使い方 | Rentioまとめ

なお、この記事で紹介しているモデルのうち、GoProHEROだけはこのアプリを接続することができませんので注意してくださいね。

5. 防水カメラや普通のビデオカメラとの違い

最後になりますが、GoProについてより詳しく知っていただくため、防水カメラや普通のビデオカメラとの違いをご説明しておきましょう。

4K映像がとれるくらいなら、一般的なビデオカメラでも撮影できるモデルが登場しているよね?という疑問はごもっともです。私もGoProを知ったばかりの頃は、GoProと他のカメラの違いがわかりませんでした。

防水機能、小型軽量のボディ、高画質撮影といった基本性能はここまでで皆さん既にご理解いただけたかと思いますが、それ以外にどのような違いがあるのでしょうか?

5−1. 超広角レンズ

動画を撮影していて、もっと背景を広く写したいのにこれ以降引き位置で撮影できない!という経験はないでしょうか?

背景も含めて、とても広い範囲を撮影できるのがGoProの強みです。普通のカメラと比べてとにかく広い範囲を写すので、動画も臨場感たっぷりに撮影することができます。

折角ですので、どれくらい違うか比べてみましょう。以下に掲載する写真は、同じ場所からGoProとiPhoneを使って撮影した写真です。

GoProとiPhoneで撮影した写真

これを重ねてみましょう。

gopro-preview2

全然広さが違いますね!!もちろんiPhoneでの撮影にズームは一切使用しておりません。

5-2. ズーム機能が無い

意外と見落としがちなのですが、GoProは一切ズームができません。

撮影したあとに編集ソフトでズーム処理をすることは可能なのですが、もちろん画質は粗くなります。

先ほど述べたように、GoProは超広角レンズです。そのため撮影対象が近くにいた場合でも、他のカメラと比べるとかなり小さく映ります。例えば子供の運動会の撮影など、一般的なビデオカメラのような用途には向きませんので購入前にその点はしっかり把握しておかないと困ったことになりそうですね。

6. GoProはどんなシーンで活躍する?

さてさて、GoProがどのようなカメラなのかわかったところで、次に気になるのは自分にとって必要なのかどうか?というところでしょう。そこでGoProが活躍するシーンを幾つかピックアップしてみました。

6-1. ダイビング、ウインタースポーツなどのアクティビティ

GoProが活躍するシーン ゲレンデ

GoProはアクションカメラです。水や雪、動きの激しいシーンなど、スマートフォンのカメラでは撮影できない映像を撮影するのに適しています。

ダイビングで美しい海中を撮影するのはもちろん、スノーボードのときはウェアにカメラを付けておいて疾走感溢れる映像を撮影するのも楽しいですね!

スマホアプリと接続することもできるので、ゲレンデで滑ったあとは仲間と映像を一緒に見て楽しむこともできます。

6-2. セルフィーにもぴったり

GoProが活躍するシーン 自撮り

GoProというとアウトドアのイメージが強いですが、それ以外のシーンでは全く活躍しないカメラなのでしょうか?その答えは「いいえ」です。

GoProは超広角カメラを搭載していますので、スマホカメラでの自撮りと比べて広い範囲を撮影することができます。いつもより大人数での撮影もできますから、パーティーや、いつもの飲み会でも活躍するはずです。

コンパクトで小さいですから、持ち運びも苦になりません。アウトドアに縁のなさそうな女性の方でも、GoProを活用している方をちょくちょくお見かけしますね。

6-3. 旅行、ドライブのお供に

GoProが活躍するシーン ドライブ

旅行のときは、サブカメラとしてGoProを活躍させるのがオススメです。GoProにはズーム機能がありませんので、風景や特定の被写体を撮影するなら一眼レフやスマートフォンのカメラのほうが適していますが、それらのカメラでは撮影できないGoProならではの写真が撮影できます。

もちろんセルフィーやアクティビティのときのカメラとして活用するのは言うまでもありませんが、タイムラプスで旅行のダイジェストを残すのも楽しいかもしれません。

例えば車のダッシュボードやスーツケースに取り付けておいて、数秒おきにシャッターを切るように設定しておけば、あとから旅行を追体験するようなタイムラプス動画が撮影できますよ!

6-4. Instagramとの相性も抜群

冒頭でも触れましたが、最近では#gopro女子 なんていうハッシュタグも登場しており、GoPro x Instagramの流れが加速しているのを感じます。スマホでは撮影できない写真がGoProでは撮影でき、それがフォロワーの目を引くのかもしれませんね!

#goproのある生活 • Instagram写真と動画

#gopro女子 • Instagram写真と動画

最後に

いかがでしたでしょうか。GoProは海外製品ということもあり、まとまった情報がなかなか手に入らないのも事実です。

実際に幾つかのGoProを触ってみた経験や情報収集した結果、それなりに知識を蓄積できたのでこのような形で記事にまとめてみました。

特にアクションカメラという製品は、これまで存在しなかった歴史の浅い製品です。GoProという名前はよく聞くけど、実際どんな製品なのか全く知らないという方も多いのではないでしょうか。今回の記事がそんな方々の参考になりましたら幸いです。

GoProレンタルの紹介です

なお、RentioではGoProやオプションのマウントキットをはじめ様々な家電製品を3泊4日から貸し出ししています。まずは試してみたい、旅行の間だけあればいいといった方はこちらも是非検討してみてくださいね。

[レンタル] GoPro (ゴープロ) – Rentio [レンティオ]

関連するキーワード