小型1.0L「一人暮らし用ホットクック」を徹底紹介!従来機種との比較表あり

kani
kani

更新日2020/09/16

小型1.0L「一人暮らし用ホットクック」を徹底紹介!従来機種との比較表あり

更新日

2019年11月28日に発売されたSHARP ヘルシオ ホットクックの最新モデル『KN-HW10E』

新モデルのホットクックは「一人暮らし用ホットクック」や「おひとり様用ホットクック」などとも呼ばれていて、容量が1.0Lで少量の調理が可能なことが特徴です。

従来のホットクックはその大きさが難点と言われていました。
便利だけど大きさがネックだと言われ続けていたホットクック…。そんな弱点を克服したのが、1.0Lの小型ホットクック『KN-HW10E』なのです!

今回の新モデル『KN-HW10E』は大きさ・機能などなど、どのようになっているのか!?

気になるところを早速詳しく見てみましょう~!

 

「一人暮らし用ホットクック」KN-HW10E の特徴

1.0Lで小型のホットクックKN-HW10Eは、「一人暮らし用にも最適!」と話題の新商品です。

「一人暮らし用」と言うからには、一人暮らしの狭いキッチンでも使える大きさでないとなかなか困りますよね。しかも、どんなに小さくても機能が大幅に減っていたら意味がありません
大きさと機能はとくに気になるポイントですよね。

そんな気になる最新ホットクックKN-HW10Eの特徴を詳しく見ていきましょう。

実際に使ってみたレビューはこちら

1Lのホットクック「KN-HW10E」を使ってレビュー!小型サイズならではの魅力と注意点とは – Rentio PRESS[レンティオプレス]

大きさはどれくらい?

一人用ホットクックは容量1.0Lで、幅220mm×奥行305mm×高さ240mm。
容量2.4Lのホットクックが幅395mm×奥行305mm×高さ249mmなので、それと比べると…

ん?小さくなったのは幅くらいですね…?
奥行と高さはほぼそのままに近いですね…?

と思ったんですが、やっぱり横に大きいくらいなら縦に大きい方がスマートに見えますし横幅がギュッと縮まったのは大きいかもです!

大きさ比較表

ホットクック 1.0L ホットクック 1.6L ホットクック 2.4L
容量 1.0L 1.6L 2.4L
人数目安 1~2人 2~4人 2~6人
幅×奥行き×高さ(mm) 220×305×240 364×283×232 395×305×249
重さ 約3.7kg 約5.5kg 約6.5kg

コンパクトになっても機能はそのまま・・・?

2.4Lのホットクックと比べ横幅がガッツリ減った新型ホットクックKN-HW10E…。
機能もがっつり減ってそうな気がしますよね

…と思いきや!

自動でかきまぜてくれるまぜ技ユニットもついてるし、予約調理も最大15時間可能!煮詰め機能や無線LANも搭載。

これは従来のホットクックとほぼ変わらない機能と言えるのではないでしょうか!?

1.0LホットクックKN-HW10Eができること一覧

  • 水なし調理
  • 自動調理(かきまぜ、火加減コントロール可能)
  • 予約調理
  • 上下2段同時調理
  • 保温・あたため直し
  • 煮詰め機能
  • 無線LAN接続
  • 音声発話機能

便利な無線LANもついている

小さいのにあの便利な無線LAN(Wi-Fi)もついているとは…驚きです。

無線LANが使える機種は、シャープのクラウドサービス「COCORO KITCHEN」に接続できます。

調理ランキングなどが見られたり、新しいメニューが増やせたり、外出先で予約調理時間の変更ができたり・・・

とにかく便利!

まぜ技ユニットは2本から1本に

「一人暮らし用ホットクック」KN-HW10E の特徴 まぜ技ユニットは2本から1本に

2.4Lや1.6Lのホットクックには「まぜ技ユニット」と呼ばれるかき混ぜる棒が2本ありますが、1.0LのKN-HW10Eのかき混ぜる棒は1本です。

1本?・・・ちゃんと混ざるのか?

と思うんですけど、1本でもしっかりかき混ぜられるよう考えられているので安心してください。

2本版かき混ぜユニットより少し太めになり、楕円を描くように動く『新・まぜ技ユニット』…。

ちゃんとかき混ぜてくれる&少量でも煮崩れしないように混ぜてくれます!

二段調理でもっと便利に

さらにさらに!
今回の新型ホットクックKN-HW10Eは二段調理もOK!

コンパクトになって機能が減るどころかむしろ機能が増えてる!!!

内鍋の中に蒸しトレイをおいて、内鍋の蒸気で料理する形なので、上段でできるのは蒸しものorあたためみたいな感じです。

上段で蒸しものを作って、下段で煮物を作るイメージです。

▼蒸しトレイはこんな見た目

ほっとくだけなのに一度で2品も作れちゃいますね!

でも二段調理って味が混ざるというかにおいがうつっちゃいそう…

分かります。せっかくの料理でにおい移りは悲しい…。

でも!

心配ないみたいです。

上段でおかず、下段で白ご飯とかつくるとご飯にうつっちゃいそうな気がしますが、蒸気が食材を包みこむので大丈夫なんだとか。ちなみにご飯は3合まで炊けますよ!

なんと優秀な…。

(長時間一緒にしておくとやっぱりにおい移ってきちゃうかもしれないので、なるべくすぐに出す方がいいですね。)

新色ブラック登場!

ホットクックといえばレッド!的なイメージありますよね。

ホワイトが選べる機種もありますが、スタンダードカラーはやっぱりレッド。
レッドは全機種にありますしね。

ところが!

KN-HW10Eのカラーはブラックorホワイト…!

なんとレッドがいない。
そしてブラックの登場

見た目もカラーもスタイリッシュな感じになりましたね。
あまり広くないお部屋でキッチンが丸見えな場合、ホットクックが赤だとバーンと主張が強い感じがすると思うので、これはいいと思います。

ちなみにホワイトはこんな見た目になります。白もシンプルな感じで好印象です。

KN-HW10Eと従来モデルを一覧表で比較

現在発売されているホットクックはKN-HW10Eを含めて4機種があります。

従来モデルは、容量が1.6Lと2.4Lの2種類
1.6Lには2機種ありますが、KN-HT16Eが無線LAN機能や日本語表示ディスプレイなどがない低機能モデル、KN-HW16Eがほとんどの機能を搭載した高機能モデルとなっています。

1.6Lと2.4Lホットクックの詳しい違いはこちら

[2019年最新]SHARPヘルシオホットクック新型3機種を紹介!前モデルとの比較も検証

KN-HW10Eを含めた現行4機種それぞれの機能や仕様をこちらの一覧表にまとめて比較しました。

KN-HW10E KN-HT16E KN-HW16E KN-HW24E
容量 1.0L 1.6L 2.4L
人数目安 1~2人 2~4人 2~6人
最大予約設定時間 15時間 15時間 15時間
メニュー集掲載数 80(自動メニュー63/手動メニュー17) 138(自動メニュー121/手動メニュー17) 145(自動メニュー126/手動メニュー19) 155(自動メニュー130/手動メニュー25)
メニュー表示 日本語 番号 日本語 日本語
液晶画面 2.4インチ 2.2インチ 3インチ 3インチ
音声発話機能 ×
無線LAN機能(wi-fi) ×
煮詰め機能 ×
保温 最大12時間 最大12時間 最大12時間
温めなおし
低温調理
まぜ技ユニット 1本 2本 2本
二段調理 × ×
カラー ブラック/ホワイト レッド レッド/ホワイト レッド/ホワイト
幅×奥行き×高さ(mm) 220×305×240 364×283×232 395×305×249
重さ 約3.7kg 約5.3kg 約5.5kg 約6.5kg

これをみると「メニュー集掲載数」が大きく違いますね。

一人用ホットクックのKN-HW10Eなんか80しかないじゃん!…という感じですが、Wi-Fi機能を搭載していますのでCOCORO KITCHENからまだまだ増やせます。

なのでメニュー集掲載数はあんまり気にしなくてOKです!

一人用ホットクックKN-HW10E まとめ

コンパクト機能も充実している新型ホットクックKN-HW10Eは、一人暮らしや二人暮らしの世帯におすすめ!

作れる量は1~2人分で、人数が多いお家やたくさん食べたい方にはこれだけだとちょっと足りないかもですが、ホットクックが作ってくれてる間に空いたキッチンで違う料理も作れちゃうので、使い方次第でそこまで気にするとこじゃないかもしれません。

ホットクックはほしいけどキッチンが狭くて大きさが…で悩んでた方は1.0Lのホットクックをご検討してみては?

ホットクックはRentioでお試しレンタル♪

「一人暮らし用ホットクック使ってみたいけど、やっぱり場所問題が気になる・・・」

そんな方はホットクックをレンタルしてみるのはいかがでしょう!

ちょっと試しにレンタルしてみて、「場所問題も解決!自分にも合ってる!」となったら購入の決断ができますし、「合わなかったな…」となったらレンタル品を返却して終了!

しかも、Rentioではレンタル中に気に入ったらそのまま購入することも可能です。気になった方はこちらからぜひチェックしてみてください♪

[レンタル]シャープ ヘルシオ ホットクック KN-HW10E ブラックコンパクトな1〜2人用、1.0Lタイプ – Rentio[レンティオ]

さらに、1.6L・2.4Lの従来型ホットクックや、圧力調整ができるクックフォーミーもレンタルでお試しできます。

レンタルできる電気調理鍋やプランの詳細はこちらのページからご覧ください。

[レンタル] 電気調理・圧力鍋 一覧 – Rentio[レンティオ]

ホットクック関連記事はこちら

人気の調理家電 ホットクックvsクックフォーミー 違いを比較!どっちがおすすめ?

SHARP「ホットクック KN-HW24E」で実際にカレーを作ってみた!本当に手間がかからないのか検証
[最新] 電気圧力鍋&自動調理鍋 おすすめ人気8機種を5つの選び方で比較! – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事電気自動調理鍋・圧力鍋カテゴリのランキング

ピックアップ記事