Rentioによるカメラ・家電の徹底解説サイト

Rentio PRESS

Nikon Zシリーズ徹底解説。現行3モデルの特徴や性能、価格を比較しておすすめポイントをご紹介

#ミラーレス一眼 #Nikon(ニコン)
公開日
Nikon Zシリーズ徹底解説。現行3モデルの特徴や性能、価格を比較しておすすめポイントをご紹介

かつては一眼レフを中心に開発していたニコンですが、時代の流れはミラーレス一眼へ。

Nikon Fマウントで培った技術を基に、全く新たなマウントを採用したミラーレス一眼シリーズ「Nikon Zシリーズ」を2018年9月より発売しています。

今回は、そんなニコンが展開するミラーレス一眼「Zシリーズ」のラインナップに注目して、シリーズの特徴や、各モデルの性能や価格をご紹介していきます。

ニコンの最新ミラーレス一眼シリーズ

Nikon Zシリーズ

ニコンではかつて小型・軽量ミラーレス一眼シリーズとして「Nikon 1シリーズ」というシリーズを展開していました。

小型・軽量を特徴とするミラーレス一眼の中でも際立ってコンパクトであったNikon1シリーズは、エントリー層を中心に人気を集めましたが、Nikon1 J5を最後に開発が終了してしまいました。

ニコンは古くから継続して一眼レフカメラの開発を中心に行ってきましたが、ソニーにおけるαシリーズのヒットもあり、世間の注目はミラーレス一眼へと移行しつつありました。

ライバルメーカーであるキヤノンもミラーレス一眼の開発に本腰を入れ始めたこともあり、ニコンも新たなミラーレス一眼シリーズとして「Nikon Zシリーズ」が新たに開発されました。

新規格となるZマウントを採用

ニコンでは長らく一眼レフシリーズにおいて「Fマウント」が採用されていましたが、今回Zシリーズの開発にあたって、全く新しいマウント規格である「Zマウント」が開発されました。

それに伴って対応レンズにも違いが

Nikon Zマウント レンズ

大口径のマウントサイズと短いフランジバックを実現したことで、画質に対する更なる追求を行うことができ、新規格のマウントを開発することの意味を感じるところです。

マウントアダプターを介することによって、Fマウント用のレンズを使用することもできますが、直接取り付けて使用することができるのは、Zマウント用に開発された新たなレンズのみです。

発売直後こそZマウント用レンズは、Fマウント用レンズと比較して種類が少なかったですが、今後主力になるシリーズとして、レンズ開発も急ピッチで行われている印象です。

Fマウントのレンズを使用する場合はマウントアダプターを使用

先述の通り、一眼レフ「Fマウント」用のレンズとして開発されたモデルを使用する場合は、専用のマウントアダプターである「FTZ」を使用する必要があります。

レンズとボディの間に何かを介するということは、これまで一眼レフを使用されてきた方にとってはあまり良いイメージがないと思いますが、専用設計されたマウントアダプターによって、画質や性能を落とすことなく、Fマウント用レンズを使用することができます。

Zマウント用レンズのラインナップが充実していない今、Fマウントレンズを有効活用することができるため、Fマウントのカメラから乗り換えを検討されている方も心配無用と言えるでしょう。

現行ラインナップ解説

2020年2月現在でNikon Zシリーズにおいて販売されているラインナップは全部で3機種となります。

そのうちの2モデルがフルサイズセンサー搭載モデル1モデルがAPS-Cセンサーを搭載したモデルとなっています。

Nikon Z6

Nikon Zシリーズにおいて、最もシリーズのコンセプトを感じることのできるモデルがこちらのNikon Z6と言えるでしょう。

フルサイズセンサーを搭載し、約2450万画素と、Nikon Zシリーズにおけるスタンダードモデルの位置付けとなっています。

基本的な性能に関してはニコンが展開してきた一眼レフモデルと大きな違いはありませんが、色味オートホワイトバランス高感度撮影ボディ内手ブレ補正機構などで一眼レフよりも大きく進歩した性能として感じることができます。

特に高感度撮影におけるノイズの処理能力は、現行モデルとして存在する各社のフルサイズミラーレス一眼と比較しても非常に優れており、撮影における幅を大きく広げてくれるカメラとなっています。

製品仕様

  • 撮像画面サイズ : 35.9×23.9mm(フルサイズ)
  • 映像素子型式 : CMOSセンサー
  • 有効画素数 : 2450万画素
  • オートフォーカス方式 : ハイブリッドAF
  • 測距点 : 273点
  • 常用ISO感度 : ISO100~51200
  • シャッター速度 : 1/8000~30秒、バルブ
  • 連写性能 : 最高約12コマ/秒(拡張機能使用時)
  • ボディ内手ブレ補正 : イメージセンサーシフト方式5軸補正
  • 画面 : チルト式3.2型/約210万ドット
  • 通信機能 : Wi-Fi/Bluetooth
  • 大きさ : 134×100.5×67.5mm
  • 質量 : 約675g

Nikon Z6実写レビューはこちら

Nikon Z6実写レビュー。激戦フルサイズミラーレス市場に満を持して参入したニコンの最新モデルを徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

Nikon Z7

Nikon Zシリーズにおいて最初に発売となったのはこちらのNikon Z7です。

Nikon Zシリーズの中では高画素モデルとなっており、有効画素数は4575万画素を実現しています。

高画素モデルながら、高画素モデルとしての欠点をカバーしており、優れた高感度耐性や、約9コマ/秒の高速連続撮影性能など、高画素モデルだから妥協しなければいけない点というのは、大幅に減少している印象です。

高精細な画像を求める上で、Nikon Z6よりも多くの画素数を求める方にとってはNikon Z7が良い選択肢の一つになるでしょう。

製品仕様

  • 撮像画面サイズ : 35.9×23.9mm(フルサイズ)
  • 映像素子型式 : CMOSセンサー
  • 有効画素数 : 4575万画素
  • オートフォーカス方式 : ハイブリッドAF
  • 測距点 : 493点
  • 常用ISO感度 : ISO64~25600
  • シャッター速度 : 1/8000~30秒、バルブ
  • 連写性能 : 最高約9コマ/秒(拡張機能使用時)
  • ボディ内手ブレ補正 : イメージセンサーシフト方式5軸補正
  • 画面 : チルト式3.2型/約210万ドット
  • 通信機能 : Wi-Fi/Bluetooth
  • 大きさ : 134×100.5×67.5mm
  • 質量 : 約675g

Nikon Z50

Nikon Zシリーズにおいて最も新しいモデルとなるのがNikon Z50です。

こちらはこれまでご紹介してきたフルサイズセンサーを搭載したモデルとは大きくコンセプトが異なり、エントリーモデルで搭載されることの多い、APS-Cサイズのイメージセンサーが搭載されています。

小型のイメージセンサーにすることでカメラ本体における小型・軽量化を実現し、価格に関してもフルサイズセンサーを搭載しているモデルよりも安値を可能としました。

コンパクトなボディと、お手頃な価格設定でることから、はじめての一眼カメラとしてもおすすめでき、Nikon Zシリーズにおいてユーザ―層の拡大が期待されています。

製品仕様

  • 撮像画面サイズ : 23.5×15.7mm(APS-C)
  • 映像素子型式 : CMOSセンサー
  • 有効画素数 : 2088万画素
  • オートフォーカス方式 : ハイブリッドAF
  • 測距点 : 209点
  • 常用ISO感度 : ISO100~51200
  • シャッター速度 : 1/4000~30秒、バルブ
  • 連写性能 : 最高約11コマ/秒(拡張機能使用時)
  • ボディ内手ブレ補正 : なし
  • 画面 : チルト式3.2型/約104万ドット
  • 通信機能 : Wi-Fi/Bluetooth
  • 大きさ : 126.5×93.5×60.0mm
  • 質量 : 約450g

Nikon Z50実写レビューはこちら

Nikon Z50実写レビュー。Zシリーズにおいて初めてDXフォーマットを搭載したミラーレス一眼の誕生 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

各モデル製品仕様比較表

モデル名Nikon Z6Nikon Z7Nikon Z50
価格帯20万円~30万円~10万円~
撮像画面サイズ約35.9×23.9mm(フルサイズ)約35.9×23.9mm(フルサイズ)約23.5×15.7mm(APS-C)
映像素子型式CMOSセンサー
有効画素数約2450万画素約4575万画素約2088万画素
ファインダー有
オートフォーカス方式ハイブリッドAF
測距点273点493点209点
常用ISO感度ISO100~51200ISO64~25600ISO100~51200
シャッター速度1/8000秒~30秒、バルブ1/8000秒~30秒、バルブ1/4000秒~30秒、バルブ
連続撮影速度最高約12コマ/秒最高約9コマ/秒最高約11コマ/秒
画面チルト式3.2型/約210万ドットチルト式3.2型/約210万ドットチルト式3.2型/約104万ドット
Wi-Fi搭載
NFC搭載
Bluetooth搭載
大きさ134×100.5×67.5mm134×100.5×67.5mm126.5×93.5×60.0mm
質量約675g約675g約450g

Zマウントレンズ紹介

ここからはZマウント用として開発され、現在販売されているレンズを箇条書きにてご紹介していきます。

  • NIKKOR Z 14-30mm f/4 S
  • NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR (APS-C専用)
  • NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
  • NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
  • NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR (APS-C専用)
  • NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S
  • NIKKOR Z 24mm f/1.8 S
  • NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
  • NIKKOR Z 50mm f/1.8 S
  • NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct
  • NIKKOR Z 85mm f/1.8 S

次第に増加するZマウントレンズ群

Nikon Zマウント レンズ

2020年2月現在で既に最初のモデルNikon Z7が発売した時点よりも大幅にレンズラインナップが増加している印象です。

広角レンズ系や標準レンズ系は、順調に拡充が進み、70-200mmクラスの望遠レンズも発売されたことで、望遠系のレンズに関しても開発が進められている状況です。

まだ発展途上のシリーズとして、今後もNikon Zマウント用レンズの開発は進められることが予想されます。

仕上がる画はこれまでのニコンとは異なる

Nikon Z6 Shooting in Hawaii

今回ご紹介してきたNikon Zシリーズですが、これまでニコンの一眼レフを使用されてきた方にとっては、仕上がる画の違いに驚くことでしょう。

これまでニコンでは、見たままの発色を実現することで、キヤノンよりも落ち着いた色味が特徴的でしたが、Nikon Zシリーズにおけるカメラでは、発色性能に関して大幅に見直しが行われたのか、鮮やかな色調を実現しているように感じました。

特に青色における発色は、これまでのニコンの発色とは大きく異なり、青空を写したときの色の濃度が大きく異なります。

正直なところ好みが分かれそうな発色ですが、この変化を含めてニコンがZシリーズにかける想いというのが伝わってくるところです。

発展段階のシリーズとして、今後もどのような製品が展開されていくのか、注目の分野でもあります。

Nikon Zシリーズはレンタルで気軽に体感

気になるカメラは気軽にレンタルすることができるのはご存知でしょうか。

カメラは高価なものであるため、気軽に購入というのはなかなか難しいです。

カメラを購入する前に実力を試すことができれば、カメラ選びに失敗することもなく、安心して納得の買い物ができることでしょう。

Rentioでは、今回ご紹介してきたNikon Zシリーズをはじめ、多くのミラーレス一眼カメラを短期間から気軽でお得にレンタルすることができます。

ぜひこの機会にRentioで気になるカメラをレンタルして、後悔しないカメラ選びに役立ててみてください。

[レンタル] 一眼カメラ 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 一眼カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事