ツインバードのコーヒーメーカー3機種を比較!各製品の特徴と選び方を徹底解説

まーしー
まーしー

更新日2020/09/16

ツインバードのコーヒーメーカー3機種を比較!各製品の特徴と選び方を徹底解説

更新日

コーヒーメーカーの種類は様々ありますが、本格路線のコーヒーメーカーを製造している国内メーカーをご存知でしょうか?

その名は「TWINBIRD(ツインバード)」
新潟県燕市に本社を構える調理家電メーカーです。

そこで、この記事では数あるコーヒーメーカーの中でも特徴的なツインバードのコーヒーメーカーの種類と特長についてまとめました。

※早速製品比較を一気見したい方はツインバードのコーヒーメーカー比較一覧表で確認できます!

ツインバードのコーヒーメーカーの種類

ツインバードのコーヒーメーカーの種類

ツインバードは手軽さだけでなく、こだわって淹れたい方に嬉しいコーヒーメーカーを製造しています。

サイフォン式のコーヒーメーカーはその最たる例となりますが、全自動コーヒーメーカーもあえてちょっとした手間を機能として盛り込んでいるのが特長と言えるでしょう。

全自動式

ツインバードの全自動コーヒーメーカー

ツインバードの全自動コーヒーメーカーはハンドドリップに近い形状をしており、2019年度のグッドデザイン賞も受賞したコーヒーメーカーです。

もちろん見た目がオシャレなだけでなく、コーヒーにこだわりが強い人向けに嬉しい機能が搭載されていることも魅力です。

主な特徴
・低速臼式フラットミルで粗・中・細の3段階に挽き分けが可能
・83度と90度の2段階に調整できる抽出温度
・五感で楽しめる抽出工程

バッハ・コーヒー代表、田口護氏が監修

ツインバードの全自動コーヒーメーカーは「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演し、日本スペシャルティコーヒー協会会長も務めた田口護氏の監修によって完成した製品です。

豆量・粒度・水量・湯温・蒸らし時間・ドリッパーリブの高さなど、コーヒーメーカーの至るところに田口護氏の目指すこだわりが見られます。

サイフォン式

ツインバードのサイフォン式コーヒーメーカー

ツインバードは日本で唯一の電気式サイフォンコーヒーメーカーを製造するメーカーでもあります。

アルコールランプを使うよりも安全でありながら、サイフォン式特有の濃いコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

付属するロート・サーバー・撹拌用の竹べらは全てHARIO社製ということも見逃せないポイントです。

主な特徴
・シンプルでクラシックなデザイン
・サーバーを外すと自動的にスイッチオフ
・ロート・サーバー・撹拌用の竹べらは全てHARIO社製

ツインバードのコーヒーメーカーの選び方

ツインバードのコーヒーメーカーの選び方

全自動式かサイフォン式か、このどちらかでコーヒーメーカーを選べるなら問題はありませんが、まだどのコーヒーメーカーが自身に合っているのか分からない方は好みのコーヒーや1日あたりの飲む量などにも着目して選ぶと良いでしょう。

※製品比較を一気見したい方はツインバードのコーヒーメーカー比較一覧表

コーヒーの風味で選ぶ

コーヒーの風味で選ぶ

全自動式とサイフォン式では抽出されるコーヒーの風味が異なります

全自動式のコーヒーメーカーはペーパーフィルターで濾されるのですっきりとした味わいになりますが、サイフォン式のコーヒーメーカーはコーヒーオイルもダイレクトに感じられる味わいになります。

特にサイフォン式のコーヒーメーカーはメッシュフィルターで淹れるドリップコーヒーよりも深く、濃い味わいになります。

容量で選ぶ

容量で選ぶ

ツインバードのコーヒーメーカーは3機種それぞれで容量が異なります。

世帯人数や1日の飲む杯数で選びましょう。

コーヒーメーカーのタイプ 容量
容量 コーヒーカップ杯数 マグカップ杯数
全自動式 CM-D457B 450ml 約3杯 約2〜3杯
CM-D465B 900ml 約6杯 約4〜5杯
サイフォン式 CM-D854BR 480ml 約4杯 約2〜3杯

ツインバードのコーヒーメーカー3機種

ツインバードのコーヒーメーカー

2020年9月現在、ツインバードが製造販売しているコーヒーメーカー全3機種を紹介します。

種類の特徴や選び方のポイントも踏まえ、自身にピッタリのコーヒーメーカーに絞り込みましょう。

全自動コーヒーメーカー CM-D457B

「全自動コーヒーメーカー CM-D457B」はハンドドリップの本格派コーヒーを楽しめる一品です。

先述の通り、本スペシャルティコーヒー協会会長も務めた田口護氏の監修のもと設計されたコーヒ抽出プロセスと2019年度のグッドデザイン賞を受賞したプロダクトデザインが魅力です。

製品項目 スペック詳細
容量 3カップ(450ml)
ミル 臼式フラットミル
フィルター ペーパー
カラフェ/サーバー ガラス
挽き分け 粗挽き/中挽き/細挽き
湯温調整 83度/90度
大きさ 約160×335×360mm
重さ 4.1kg
付属品 計量カップ,お手入れブラシ,ペーパーフィルター(5枚)
カラーバリエーション ブラック
Amazon税込価格
2020年9月9日現在
28,737円

全自動コーヒーメーカー CM-D465B(大容量タイプ)

「全自動コーヒーメーカー CM-D465B」は容量が「CM-D457B」の2倍になった製品です。

「CM-D457B」と比べると高さが65mm高くなっている以外は搭載されている機能、性能、幅、奥行きまで同じなので、容量が2倍でも高さだけに気をつければ置き場所に悩むことはないでしょう。

製品項目 スペック詳細
容量 6カップ(900ml)
ミル 臼式フラットミル
フィルター ペーパー
カラフェ/サーバー ガラス
挽き分け 粗挽き/中挽き/細挽き
湯温調整 83度/90度
大きさ 約160×335×425mm
重さ 4.5kg
付属品 計量カップ,お手入れブラシ,ペーパーフィルター(サイズ「102」5枚),ペーパーフィルター(サイズ「103」5枚)
カラーバリエーション ブラック
Amazon税込価格
2020年9月9日現在
35,527円

サイフォン式コーヒーメーカー CM-D854BR

国内で販売されいてる唯一の電気式サイフォンコーヒーメーカーです。

コーヒー豆のグラインドやコーヒー抽出中の撹拌作業など全自動式よりも手間はかかりますが、濃く深いコーヒーを味わいたい方におすすめです。

製品項目 スペック詳細
容量 4カップ(480ml)
ミル なし
フィルター なし
カラフェ/サーバー ガラス
挽き分け なし
湯温調整 なし
大きさ 約255×180×325mm
重さ 1.8kg
付属品 計量スプーン,ろ過器,竹べら
カラーバリエーション ブラウン
Amazon税込価格
2020年9月9日現在
7,530円

ツインバードのコーヒーメーカー比較一覧表

ツインバードのコーヒーメーカー3機種を一覧表にまとめましたので一度に比較したい方は活用してください。

全自動式 サイフォン式
製品型番 CM-D457B CM-D465B CM-D854BR
容量 3カップ(450ml) 6カップ(900ml) 4カップ(480ml)
ミル 臼式フラットミル なし
フィルター ペーパー なし
カラフェ/サーバー ガラス ガラス
挽き分け 粗挽き/中挽き/細挽き なし
湯温調整 83度/90度 なし
大きさ 約160×335×360mm 約160×335×425mm 約255×180×325mm
重さ 4.1kg 4.5kg 1.8kg
付属品 計量カップ,お手入れブラシ,ペーパーフィルター(5枚) 計量カップ,お手入れブラシ,ペーパーフィルター(サイズ「102」5枚),ペーパーフィルター(サイズ「103」5枚) 計量スプーン,ろ過器,竹べら
カラーバリエーション ブラック ブラック ブラウン
Amazon税込価格
2020年9月9日現在
28,737円 35,527円 7,530円
製品型番 CM-D457B CM-D465B CM-D854BR

本格的なコーヒーを淹れたいならツインバードのコーヒーメーカー

ツインバードのコーヒーメーカー

ツインバードのコーヒーメーカーの良さはコーヒーを味わいたい方向けに開発されていることでしょう。

公式サイトで経営企画部の方が顔出しで紹介していることから分かるように、作り手としての愛情も十二分に感じられます。

コーヒーにあまり妥協したくないけれど、現実的に考えて少しでも手軽に淹れられるコーヒーメーカーを探している方は、ツインバードの製品を一度検討してみましょう。

コーヒーメーカーはレンタルで試せる

コーヒーメーカーの使い勝手や実際に淹れたコーヒーを試してみたい方はお試しレンタルがおすすめです。

家電レンタルのRentioでは様々なコーヒーメーカーを3泊4日~レンタル可能です。

レンタルして気に入ればそのまま購入もできますので、ぜひ試してみてください。

[レンタル] ドリップコーヒーメーカー 一覧 – Rentio[レンティオ]

[レンタル] エスプレッソマシン 一覧 – Rentio[レンティオ]

コーヒーメーカーの関連記事

コーヒーメーカーの種類と選び方まとめ – Rentio PRESS[レンティオプレス]

シロカの全自動コーヒーメーカー9機種を比較!おすすめ機種と選び方を徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

パナソニックのコーヒーメーカー3機種を比較!各製品の特徴と選び方を徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事コーヒーメーカーカテゴリのランキング

ピックアップ記事