OLYMPUS(オリンパス)ミラーレス一眼全10種を徹底比較。性能や特長からおすすめモデルをご紹介

Atsushi Yoshioka
Atsushi Yoshioka

更新日2020/09/07

OLYMPUS(オリンパス)ミラーレス一眼全10種を徹底比較。性能や特長からおすすめモデルをご紹介

更新日

ミラーレス一眼と聞いて一番売れているメーカーはどこかご存知ですか?

実はオリンパスは、ミラーレス一眼市場では2015年から3年連続でオリンパスがシェアNo.1を獲得しています。

オリンパスは他社がミラーレス一眼に力を入れる前に数多くのミラーレス一眼を開発していました。その積み重ねがシェア獲得へとつながり、現在に至るまで常にミラーレス市場を牽引する存在となっています。

2020年現在、オリンパスは一体どのような製品を販売しているのか、メーカーの特長や各カメラモデルの性能をご紹介していきます。

オリンパスのミラーレス一眼

オリンパスでは2020年現在10種類のミラーレス一眼を発売しています。その全てがイメージセンサーにマイクロフォーサーズを採用しています。

マイクロフォーサーズは、ミラーレス一眼に適したセンサーサイズで、APS-C規格などと比べて小さいです。センサーが小さいことでボディやレンズの小型軽量化につながっています。

2種類に分かれる

オリンパスのミラーレス一眼は大きく2つに分かれます。OM-DシリーズPENシリーズに分かれますが、OM-Dは上級から中級者向けのカメラとして開発され、PENシリーズは初心者やこれから始める方に向けたエントリーモデルになっています。

OM-Dシリーズ

OLYMPUS OM-Dシリーズ

PENシリーズ

OLYMPUS PENシリーズ

[2020年版]OLYMPUS PEN全4機種を徹底比較!おしゃれで簡単初心者シリーズ – Rentio PRESS[レンティオプレス]

オリンパスの特長

手ぶれ補正に圧倒的な自信

オリンパスのミラーレス一眼、特にOM-Dシリーズは手ぶれ補正効果が圧倒的です。ミラーレス一眼の弱点の一つとして挙げられる小型軽量ゆえのホールド感が原因となる手ぶれも解消してくれます。

フラッグシップモデルであるE-M1 MarkIIでは、ボディ本体で最大5.5段分の手ぶれ補正効果を実現しています。この効果は絶大で、シャッタースピード1~2秒の手持ち撮影でもブレることなく、撮影できます。

通常は広角でも1/10秒を切るとブレが大きく目立つ低速シャッターですが、強力な手ぶれ補正により、低感度かつ明るく夜景写真を撮影することができます。

優れたデザイン性

オリンパスでは、OM-Dシリーズとは別にPENシリーズというエントリー向けのモデルもありますが、こちらは女性の方にもおすすめできるオシャレで落ち着いたデザインになっています。

近年「カメラ女子」という単語ができるほど、女性の方も一眼レフを使った写真撮影を楽しんでいます。趣味で撮影を楽しむとともに、ファッションの一部として考える方も多く、オリンパスのカメラは女性にも人気を集めています。

オリンパスミラーレス一眼カメラ製品一覧

E-M1X

オリンパスのミラーレス一眼カメラの中でもプロフェッショナル向けカメラとして存在する「E-M1X」。

2019年2月にこれまで展開されていたE-M1シリーズの更に上位モデルとして誕生しました。

プロフェッショナルでの現場が想定されたモデル

E-M1Xは、プロフェッショナルの現場で活躍することが想定されたカメラであることもあり、性能以外にも縦位置グリップ一体型形状など、外観面にも他のモデルとは違った工夫が凝らされています。

もちろんプロフェッショナル向けの最上位モデルということもあり、性能面でも充実しており、高性能画像処理エンジン「TruePic VIII」を2基搭載しており、画質の向上だけでなく、処理能力の向上や、AF性能の向上にも貢献しています。

手ブレ補正を特長としてご紹介したオリンパスのミラーレス一眼カメラですが、E-M1Xでは、ボディー単体でも最高約7.0段分の手ブレ補正機構を搭載しており、スローシャッター時でも手ブレの発生を極限まで抑制する優れた能力を保有しています。

主なスペック

  • 撮像画面サイズ : 17.4 mm x 13.0 mm(マイクロフォーサーズ)
  • 映像素子型式 : 4/3型Live MOS センサー
  • 有効画素数 : 2037万画素
  • オートフォーカス方式 : ハイスピードイメージャAF
  • 測距点 : 121点
  • ISO感度 : ISO64~6400
  • シャッター速度 : 1/8000~60秒、ライブバルブ
  • 連写性能 : 最高約18コマ/秒
  • 画面 : 3.0型/約104万ドット
  • 通信機能 : Wi-Fi
  • 大きさ : 144.4×146.8×75.4mm
  • 質量 : 約997g
  • 価格帯 : 26万円~33万円程度

E-M1 Mark III

オリンパスのミラーレス一眼カメラにおいて上位モデルに位置する「E-M1 Mark III」。

2020年2月28日に約3年ぶりのリニューアルとして待望の最新モデルが誕生しました。

上位モデルらしい性能と携帯性を両立

メーカーを代表する上位モデルとしての性能はもちろん、E-M1 Mark IIIでは、マイクロフォーサーズセンサーを使用していることで、携帯性にも優れています。

画像のクオリティの高さを維持しながら、移動時に負担になることのない重さと、収納性に優れたコンパクトさは他のミラーレス一眼カメラにはない魅力の一つです。

また、ボディ内では最大7段分の手ブレ補正機構を搭載し、対応レンズを使用した場合は、最大7.5段分の補正効果を体感することができます。

その他にも、121点の細かいAFポイントから高速で正確にピントを合わせるAF性能や、AF/AE追随時での最高約18コマ/秒の高速連続撮影性能を実現するなど、あらゆる撮影シーンで力を発揮するモデルです。

主なスペック

  • 撮像画面サイズ : 17.4 mm x 13.0 mm(マイクロフォーサーズ)
  • 映像素子型式 : 4/3型Live MOS センサー
  • 有効画素数 : 2037万画素
  • オートフォーカス方式 : ハイスピードイメージャAF
  • 測距点 : 121点
  • ISO感度 : ISO64~6400
  • シャッター速度 : 1/8000~60秒、ライブバルブ
  • 連写性能 : 最高約18コマ/秒
  • 画面 : 3.0型/約104万ドット
  • 通信機能 : Wi-Fi
  • 大きさ : 134.1×90.9×68.9mm
  • 質量 : 約580g
  • 価格帯 : 18万円~22万円程度

E-M1 MarkII

オリンパスのデジタル一眼カメラとして一世代前の上位モデルとなった「E-M1 MarkII」。2016年12月22日発売のモデルです。

マイクロフォーサーズ機の最高峰

マイクロフォーサーズ搭載のカメラとして最大である2037万画素を保有し、AF追従時に最高18コマ/秒の高速連写を実現しました。AF固定連写の場合は最高60コマ/秒の超高速連写を可能としています。

先ほどの特長でもご紹介した通り、強力な手ぶれ補正機構を搭載しています。ボディ内だけでも5.5段分の手ぶれ補正性能を搭載し、低速シャッター時にもブレを極限まで抑える性能です。

マイクロフォーサーズは、高感度撮影に適しているとは言えないため、手ぶれを抑え、低速シャッターを実現することにより、夜間など暗い場所での撮影に対応しています。

主なスペック

  • 撮像画面サイズ : 17.4 mm x 13.0 mm(マイクロフォーサーズ)
  • 映像素子型式 : 4/3型Live MOS センサー
  • 有効画素数 : 2037万画素
  • オートフォーカス方式 : ハイスピードイメージャAF
  • 測距点 : 121点
  • ISO感度 : ISO100~6400
  • シャッター速度 : 1/8000~60秒、ライブバルブ
  • 連写性能 : 最高約18コマ/秒
  • 画面 : 3.0型/約104万ドット
  • 通信機能 : Wi-Fi
  • 大きさ : 134.1×90.9×68.9mm
  • 質量 : 約574g
  • 価格帯 : 18万円~28万円程度

E-M5 MarkIII

2019年11月22日に発売されたオリンパスのミラーレス一眼カメラにおける中位モデルとなる「E-M5 MarkIII」。

既に3代目のモデルとなっており、ベストセラーシリーズとなっています。

防塵防滴に優れたボディ

伝統的であった防塵防滴性能は質を落とすことなく搭載しています。

砂埃や水滴などで撮影に影響が出ることはなく、過酷な環境でも小型軽量とともにメリットとして発揮してくれるでしょう。

さらに-10℃までの耐低温性能も新たに搭載

これまで0℃以上を動作条件としていたカメラがほとんどでしたが、耐低温性能も強化され、氷点下での撮影も正常に動作します。

様々な種類から試せる撮影機能

E-M5 MarkIIIでは、カメラ側で様々な撮影機能を搭載しており、一般的に難易度の上がる長時間露光撮影や、決定的瞬間を逃したくない場合のサポートなど、普通のカメラではカバーしきれない部分も手助けしてくれます。

様々な機能を搭載していることで、撮りたかった画というのを逃すことなく、失敗のリスクも大幅に軽減することができるのも魅力的です。

主なスペック

  • 撮像画面サイズ : 17.4 mm x 13.0 mm(マイクロフォーサーズ)
  • 映像素子型式 : 4/3型Live MOS センサー
  • 有効画素数 : 約2037万画素
  • オートフォーカス方式 : ハイスピードイメージャAF
  • 測距点 : 121点
  • ISO感度 : ISO64~6400
  • シャッター速度 : 1/8000~60秒、バルブ
  • 連写性能 : 最高10コマ/秒
  • 画面 : 3.0型/約104万ドット
  • 通信機能 : Wi-Fi/Bluetooth
  • 大きさ : 125.3×85.2×49.7mm
  • 質量 : 約414g
  • 価格帯 : 10万円~11万円程度

E-M10 MarkIII

OM-Dシリーズで最も新しい2017年9月15日発売の「E-M10 MarkIII」。伝統的なレトロな外観デザインは健在です。

初心者にも優しい機能たち

OM-Dシリーズでは欠かすことのできない手ぶれ補正機能はもちろん、自動でシーンを判断して設定してくれるオートモードは、シャッターを切るだけで美しい作品へと仕上げてくれる優秀な性能です。

フィルター類も充実しており、効果も撮影前に液晶にて確認することができます。ミラーレスの良いところは撮影前に実際撮れるイメージが液晶に映し出されることです。難しいと感じることはないでしょう。

主なスペック

  • 撮像画面サイズ : 17.3 mm x 13.0 mm(マイクロフォーサーズ)
  • 映像素子型式 : 4/3型Live MOS センサー
  • 有効画素数 : 約1605万画素
  • オートフォーカス方式 : ハイスピードイメージャAF
  • 測距点 : 121点
  • ISO感度 : ISO100~6400
  • シャッター速度 : 1/4000~30秒、バルブ
  • 連写性能 : 最高約8.6コマ/秒
  • 画面 : 3.0型/約104万ドット
  • 通信機能 : Wi-Fi
  • 大きさ : 121.5×83.6×49.5mm
  • 質量 : 約410g
  • 価格帯 : 7万3千円~7万9千円程度

同シリーズその他の現行モデル

  • E-M10 MarkII

2015年9月4日発売。MarkIII発売までE-M10シリーズの最新モデルでした。2018年2月現在も現行モデルとして販売されてりおり、MarkIIIよりも少し軽いのが特徴です。

PEN-F

オリンパスのPENシリーズで唯一PENの名を残している「PEN-F」。フィルムカメラ時代のデザインを採用し、OM-Dシリーズよりもレトロで上品なデザインのカメラとなっています。

モノクロ/カラープロファイルコントロール

かつてフィルム時代では当たり前であった様々な工程をミラーレス一眼にて再現しています。ミラーレス一眼だからこそ液晶で仕上がりを確認することができ、仕上がり具合を直感的に調整できることは、デジタルにおいても大きな特権でしょう。

モノクロ撮影では、単純な白黒写真ではなく、ハイライトやシャドウなどの調整をすることで、モノクロ写真独特の質感も思い通りに表現することができます。カメラ内蔵のプリセットでも大きな効果を感じることができ、プリセットから自分好みへと微調整することもできます。

カラープロファイルコントロールでも、自分好みの色合いへと仕上げることができます。彩度の調整を行い、特定色を際立たせることで自分の意図するイメージへと近づけてくれます。

主なスペック

  • 撮像画面サイズ : 17.4 mm x 13.0 mm(マイクロフォーサーズ)
  • 映像素子型式 : 4/3型Live MOS センサー
  • 有効画素数 : 約2030万画素
  • オートフォーカス方式 : ハイスピードイメージャAF
  • 測距点 : 81エリア(800点以上)
  • ISO感度 : ISO80~1600
  • シャッター速度 : 1/8000~60秒
  • 連写性能 : 最高約10コマ/秒
  • 画面 : 3.0型/約104万ドット
  • 通信機能 : Wi-Fi
  • 大きさ : 124.8×72.1×37.3mm
  • 質量 : 約427g
  • 価格帯 : 10万4千円~12万円程度

PEN E-PL10

オリンパスのミラーレス一眼は、かわいくてオシャレのイメージが浸透しており、カメラ女子に特に人気のあるモデルが点在しています。

その中でもOLYMPUS PEN E-PL10は、これまでのPENシリーズのイメージを継承したまま、初心者でもより使いやすいミラーレス一眼としてリニューアルしました。

より直感操作で写真撮影が可能となった機能性

初心者が一眼カメラを購入して難しさを感じるのは、写真撮影における設定と言えるでしょう。

E-PL10では、初心者でも簡単に一眼カメラらしさを感じることのできるオート撮影機能が充実している他、タッチ操作に対応した液晶画面を操作するだけで撮影することができる、スマートフォンのような直感操作が魅力的です。

バリエーションが増えた「アートフィルター」

E-PL10では、従来のE-PL9でも好評であったフォトジェニックな仕上がりを叶える「アートフィルター」機能を搭載し、16種類31タイプのパターンから選んで設定することができます。

また、アドバンスフォトモードを使用することで、暗い場所で光跡を残した写真など、幻想的な写真を簡単に撮影することができるため、初心者でも多くの知識を必要とせず、一眼カメラらしさを体感することができます。

主なスペック

  • 撮像画面サイズ : 17.3 mm x 13.0 mm(マイクロフォーサーズ)
  • 映像素子型式 : 4/3型Live MOS センサー
  • 有効画素数 : 約1605万画素
  • オートフォーカス方式 : ハイスピードイメージャAF
  • 測距点 : 121点
  • ISO感度 : ISO100~25600
  • シャッター速度 : 1/4000~60秒
  • 連写性能 : 最高8.6コマ/秒
  • 画面 : 3.0型/約104万ドット
  • 通信機能 : Wi-Fi/Bluetooth
  • 大きさ : 117.1×68.0×39.0mm
  • 質量 : 約380g
  • 価格帯 : 7万3千円~7万7千円程度

PEN E-PL10実写レビューはこちら

OLYMPUS PEN E-PL10実写レビュー。はじめてのミラーレスにおすすめの小型軽量・簡単操作を実現 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

PEN E-PL9

オリンパスのミラーレス一眼で人気のPENシリーズに所属する「E-PL9」。2018年3月9日に発売された、エントリー向けミラーレス一眼カメラです。

フォトジェニックに特化した機能

これまでご紹介してきたモデルとは一風変わったスタイルのミラーレス一眼です。主に女性をメインターゲットとされていることが公式サイトからも伝わってきます。

より芸術性の高い写真撮影を簡単に行うことを目的とした様々な機能は、InstagramなどのSNS投稿でも効果的となりそうです。

「アートフィルター」「アドバンスフォトモード」は、カメラが自動で印象的な作品へと仕上げてくれる便利機能です。撮影者はイメージに近いフィルターを選ぶだけでSNS映えの狙える作品へ。フォトジェニックを意識したカメラです。

Bluetoothを搭載

オリンパスのミラーレス一眼としては初めてBluetooth機能を搭載しました。バックグラウンド通信をONにしておけば、カメラを鞄に入れていてもスマートフォンからの操作で撮影した画像を転送することができます。

「シェア予約」を使えばカメラを使っていないときにお気に入りの写真をスマートフォンに自動転送することができます。転送したい画像でシェア予約のボタンを押すだけで電源OFF時にスマートフォンへ自動的に転送されます。

主なスペック

  • 撮像画面サイズ : 17.3 mm x 13.0 mm(マイクロフォーサーズ)
  • 映像素子型式 : 4/3型Live MOS センサー
  • 有効画素数 : 約1605万画素
  • オートフォーカス方式 : ハイスピードイメージャAF
  • 測距点 : 121点
  • ISO感度 : ISO100~6400
  • シャッター速度 : 1/4000~60秒
  • 連写性能 : 最高8.6コマ/秒
  • 画面 : 3.0型/約104万ドット
  • 通信機能 : Wi-Fi/Bluetooth
  • 大きさ : 117.1×68.0×39.0mm
  • 質量 : 約380g
  • 価格帯 : 6万5千円~6万6千円程度

PEN E-PL9の製品レビューはこちら

OLYMPUS PEN E-PL9実写レビュー!初心者におすすめできる最新おしゃれカメラ | RentioPress

オリンパスミラーレス一眼現行モデルリスト

モデル名 E-M1 Mark II E-M5 Mark II E-M10 Mark III E-M10 Mark II PEN-F E-PL9 E-PL8
価格帯 18万1千~28万円 7万~8万円 7万3千~7万9千円 5万5千~7万8千円 10万4千~12万円 6万5千~6万6千円 4万8千~6万円
発売時期 2016年12月22日 2015年2月20日 2017年9月15日 2015年9月4日 2016年2月26日 2018年3月9日 2016年11月18日
撮像画面サイズ 17.4×13.0mm (マイクロフォーサーズ) 17.3×13.0mm (マイクロフォーサーズ) 17.4×13.0mm (マイクロフォーサーズ) 17.3×13.0mm (マイクロフォーサーズ)
映像素子型式 4/3型Live MOSセンサー
有効画素数 約2037万画素 約1605万画素 約2030万画素 約1605万画素
ファインダー × ×
オートフォーカス方式 ハイスピードイメージャAF
測距点 121 81エリア(800点以上) 121点 81エリア(800点以上) 121点 81エリア
常用ISO感度 ISO64~6400 ISO100~1600 ISO100~6400 ISO100~1600 ISO80~1600 ISO100~6400 ISO100~1600
シャッター速度 1/8000~60秒 1/4000~60秒 1/8000~60秒 1/4000~60秒
連続撮影速度 最高約18コマ/秒 最高10コマ/秒 最高8.6コマ/秒 最高約8.5コマ/秒7 最高10コマ/秒 最高約8.6コマ/秒 最高約8.5コマ/秒7
画面 3.0型2軸可動式液晶 3.0型 可動式液晶 3.0型2軸可動式液晶 3.0型 可動式液晶
Wi-Fi搭載
NFC搭載 × × × × × × ×
Bluetooth搭載 × × × × × ×
大きさ 約134.1×90.9×68.9mm 約123.7×85×44.5mm 約121.5×83.6×49.5mm 約119.5×83.1×46.7mm 約124.8×72.1×37.3mm 約117.1×68.0×39.0mm 約117.1×68.3×38.4mm
質量 約574g 約469g 約410g 約399g 約427g 約380g 約374g

これから登場が期待されるモデル

こまめに最新モデルを開発している印象のあるオリンパスですが、進化の著しいミラーレス一眼市場だけに旧モデルの更新は急がれます。

今回ご紹介したラインナップの中でもOM-Dシリーズ上位機種は、発売から3年経つモデルもあるなど、他社モデルと比較して性能で劣る場面が見えてくる可能性があります。

特にフラッグシップモデルはメーカーの顔として絶対的存在となるため、常に最新技術の搭載が要求されます。

しかし2019年7月現在では、新製品の具体的なうわさや開発計画の話はほとんどなく、E-PL9の発表止まりとなってしまっています。最低でも発売から3年が経つE-M5 MarkIIの更新を望むところですが、今後の動向に注目です。

オリンパスミラーレス一眼カメラまとめ

ユーザー層分けがしっかりされたラインナップ

OLYMPUS ミラーレス一眼

他メーカーのラインナップを見ると共通点が多かったり、性能に関してもモデル同士が僅差であることも多く、カメラ選びには悩む状況でした。

その点でオリンパスはユーザー層に応じた製品開発を行っている印象です。例えばOM-Dはプロやハイアマチュア向けのモデルで、その中でも価格や性能によってレベル分けがされています。

PENシリーズでもPEN-Fは、フィルム時代の名残を残したレトロ感あふれるモデルで、E-PL系は女性やエントリーユーザー向けのオシャレで簡単撮影のできるモデルとなっています。

この明確なシリーズ分けは他メーカーではあまりない魅力です。

これだけでも選ぶ価値あり!強力な手ぶれ補正

OLYMPUS 手ブレ補正

先ほどから何度もご紹介していますが、オリンパスのミラーレス一眼はとにかく手ぶれ補正が強力です。

大半の現行モデルではボディだけでも5段分以上の手ぶれ補正性能が搭載されているため、どのモデルを選んでも手ぶれ補正の効果を実感することができます。

他メーカーのカメラを使用している方であれば、よりこの手ぶれ補正に驚くと思います。今までブレてしまい、止まらなかったシーンでは絶大な効果を発揮してくれます。

オリンパス製品をレンタル

家電レンタル「Rentioでは、オリンパスのミラーレス一眼のレンタルも最短3泊4日から行っております。

フラッグシップモデルであるE-M1 MarkⅡからPENシリーズまで、購入前のお試しや短期間でのご使用に是非ご利用ください。

[レンタル] 一眼カメラ 一覧 – Rentio[レンティオ]

他のメーカーはこちらから

キヤノンのミラーレス一眼

[2018年版]キヤノンのミラーレス一眼の選び方。4つの現行モデルであなたに合ったカメラを見つける | RentioPress

ソニーのミラーレス一眼

[最新版]ソニーのミラーレス一眼の選び方!全12種それぞれのおすすめポイントを紹介 | RentioPress

パナソニックのミラーレス一眼

[2018年版]パナソニックのミラーレス一眼カメラ全9機種を比較検証!こだわった”絵作り”に自信あり | RentioPress

富士フイルムのミラーレス一眼

[最新版] 富士フイルムのミラーレス一眼カメラ全9機種の選び方。フィルムの質感を体感できる”色表現”の伝統技術 | RentioPress

よく読まれている記事一眼カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事