RentioPress

パパさんママさん必見!入園式・入学式におすすめのカメラ・ビデオカメラ4選

公開日 最終更新日
パパさんママさん必見!入園式・入学式におすすめのカメラ・ビデオカメラ4選

この春、入園式・入学式を迎えられるご家族の皆様、おめでとうございます。

ちょうど今頃、卒園式や卒業式を終えられて、ひと段落ついたと安心しているパパさんママさんも多いでしょう。しかし、次に待っているのは入学式です。息つく間もありません。これから、初めての入園式という方もいらっしゃるでしょう。

入園式・入学式は、お子さんの一生に一度しかない晴れ舞台をしっかり残すチャンスです。
前回は、上手く撮れなかったという方も、初めての入園式で上手く撮りたいという方も、カメラ選びから慎重に行って、満足できる撮影に臨みましょう。

今回は、入園式・入学式におすすめするカメラ・ビデオカメラをご紹介します。
是非参考にしてみてください。

しっかりパパさんにオススメ

こういったシーンでカメラマン役を買って出るのは、やっぱりパパさんです。
いい映像を撮影するのは、パパさんの手にかかっているといっても過言ではないでしょう。

そう言ってしまうとプレッシャーを与えているように聞こえてしまうかもしれませんが、カメラ選びさえ怠らなければ、心配する必要はありません。

せっかく頑張って撮影したのに、あとで責められては、その苦労も報われませんからね。

ここでは、そんなパパさんにおすすめするカメラをご紹介します。

1. SONY ビデオカメラ HDR-CX680

入学式の撮影と言えば、やっぱり鉄板のビデオカメラです。写真はもちろんですが、せっかくなので動画でも残しておきましょう。

ズームしても動きながらでも、ブレない空間光学手ブレ補正

入学式の撮影は、被写体といつも同じ距離を保っていられるとは限りません。また、ベストなポジションを探しながら無理な体制になったり、お子さんを追いかけたりすることから、どうしてもブレてしまうことがあります。

HDR-CX680は、レンズとセンサーが一体になり、カメラ本体が動いても空間光学ユニットがバランスを保つので、ズームしても動きながらの撮影でも、手ブレを抑えて安定した映像を撮影することができます。

撮りたい範囲をしっかり捉える広角レンズ

広い範囲を一度に捉えられる、最大広角26.8mmのレンズを搭載しているので、被写体との距離がとれない時でも、お子さん一点に集中するのではなく、周りの雰囲気も余す事なく残すことが可能です。

横に広く全景を撮りたい、運動会や発表会などのシーンに活躍するビデオカメラとしてもおすすめしています。

悩みを解消してくれるオプション品とのお得なセットもオススメ

ビデオカメラの撮影経験がある方なら解ると思いますが、長時間構えて撮影することは、非常に疲れます。バッテリーの持ちが気になって、ソワソワしてしまったという方もいらっしゃるかもしれません。

Rentio

こちらは、三脚をセットにしたお得なセットです。携帯性を重視した軽量かつ小型の三脚で、持ち運びにも便利です。

クイックシュー機能を搭載しているため、ビデオカメラの着脱をワンタッチで簡単に着脱することができ、急に手持ちで撮影したくなっても、瞬時に取り外すことができます。

Rentio

こちらは、モバイルバッテリーが内蔵されたカメラ用グリップとセットにしたお得なセットです。グリップ式で、長時間撮影の疲労を軽減してくれます。

撮影しながら給電を行なってくれるので、バッテリーが切れてしまうといった、心配も解消してくれます。

もっと詳しく知りたい方には、こちらの記事もオススメ

もう買い替える?SONYのビデオカメラ「HDR-CX680」と旧モデル「CX675」「CX485」を比較してみた – RentioPress

カメラに付けて長時間撮影と疲労軽減を実現!バッテリーグリップEM-L5000BGPをご紹介! – RentioPress

HDR-CX680 製品スペック表

モデル名HDR-CX680
撮像素子CMOS1/5.8型
総画素数251万画素
ハイビジョン対応フルハイビジョン
光学ズーム30倍
デジタルズーム350倍
記録メディア内蔵メモリー(64GB)/microSDカード/microSDHCカード/microSDXCカード/メモリースティックマイクロ
液晶モニター3インチ
手ブレ補正機構空間光学方式
焦点距離26.8mm~804mm
F値F1.8~4.0
タッチパネル
最低被写体照度3ルクス
静止画解像度4,032×2,272
メモリー動画解像度1,920×1,080
インターフェースマイクロUSB/AV出力/HDMIマイクロ
付属バッテリーNP-FV50A
撮影時間160分
サイズ(幅×高さ×奥行)61.5×66×121mm
質量325g

2. CANON EOS Kiss X9 ダブルズームキット 一眼レフ

プロカメラマンさながらの綺麗な写真を撮影したいなら、やっぱり一眼レフカメラです。

すばやく正確にピント合わせる、高性能なオートフォーカス

EOS Kiss X9は、高速で高精度なオートフォーカスで、被写体にすばやくピントを合わせられる「中央クロス9点AFセンサー」を搭載しています。

被写体の素早い動きも一瞬にして捉えることができ、手ブレを軽減してくれます。被写体の動きが激しい運動会などのシーンにもおすすめしています。

初めて使う人にも、優しい親切設計で操作に迷わない

一眼レフなんて、使い方が難しそうと思われる方もいらっしゃるかもしれません。EOS Kiss X9は、シャッターを押すだけで簡単に綺麗な写真を撮影することができます。

タッチパネル式の液晶モニターには、撮影モードのガイドが表示され、選んだモードでどのような写真が撮れるのかを、実際の作例を用いて視覚的に表示してくれるので、初めて一眼レフカメラも使用される方でも安心してご利用いただけます。

一眼レフなのに、驚くほど小さくて軽い

これまでのモデルから、内部構成の徹底的な見直しや、液晶モニター部への軽くて丈夫な新素材の採用で、一眼レフカメラでありながら、453g(本体のみ)の小型軽量化を実現しています。

メーカーサイトでは、お子さんの撮影にママさんにもおすすめと謳われるくらい、女性が持っていても負担になりにくくなっています。

高倍率ズームレンズとのお得なセットもオススメ

被写体との距離によってレンズを装着し直すのは、面倒な作業でもあります。装着の作業で、決定的な一瞬を見送ってしまうこともあるかもしれません。

Rentio

こちらは、高倍率ズームレンズをセットにしたお得なセットです。距離を気にせずに、一本のレンズで望遠も広角も網羅してくれるので、Rentioでは便利ズームと呼んでいます。

男性の宿命でしょう。家族とのお出掛けとなると、どうしてもパパさんは荷物持ちの役割になってしまいます。こういうところで、少しでも身軽でいられるよう工夫してみましょう。

もっと詳しく知りたい方には、こちらの記事もオススメ

Canon EOS Kiss X9実写レビュー!現役カメラマンが大人気カメラを使用して徹底解説 – RentioPress

SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM実写レビュー!望遠も広角もこの1本で網羅する万能レンズ – RentioPress

[2019年]初心者向けおすすめ一眼レフ6選!カメラ選びで大切なポイントを解説 – RentioPress

CANON EOS Kiss X9 製品スペック表

モデル名EOS Kiss X9
有効センサーサイズAPS-C
撮像素子高感度・高解像度大型単板CMOSセンサー
カメラ部有効画素約2420万画素
オートフォーカス方式デュアルピクセルCMOS AF方式
測距点9点
記録メディアSD/SDHC※/SDXC※メモリーカード ※ UHS-Iカード対応
測距輝度範囲EV-0.5~18(*)
常用ISO感度ISO100~25600
シャッター速度1/4000~30秒、バルブ
連続撮影速度最高約5.0コマ/秒
液晶モニターワイド3.0型/TFT式カラー液晶モニター
画面サイズ/ドット数約104万ドット
Wi-Fi
NFC
Bluetooth
大きさ約122.4(幅)×92.6(高さ)×69.8(奥行)mm(CIPA基準)
質量約453g(ブラック)

すっきりママさんにオススメ

最近は、お子さんの撮影に一眼レフを容易く使いこなすママさんも多いです。「カメラ女子」という言葉が一般的になるくらい、一眼カメラは男性が撮るものという概念も、今では古い考え方になりました。

とはいえ、せっかく綺麗な姿でお子さんの晴れ舞台に立ち会う機会なので、あまり大きなカメラを持つのは避けたいのが正直なところです。ビデオカメラや一眼レフカメラは、パパさんに任せましょう。それでも、パパさんの撮影だけでは心配…というのも本音かと思います(パパさん、ごめんなさい)。

ここでは、そんなママさんにおすすめするカメラをご紹介します。

3. CANON EOS Kiss M ダブルズームキット ブラック ミラーレス一眼

一眼品質を維持して、すっきり軽量。スマートなママさんにおすすめするのは、ミラーレス一眼です。

一眼レフカメラとミラーレス一眼レフカメラの違い

ここでは、まず一眼レフとミラーレス一眼の違いから、簡単に述べておきましょう。

一般的な一眼レフカメラは、「撮像素子」と「光学ファインダー」と呼ばれるミラー機構によって撮影を行う、レンズ交換式カメラのことを指しており、ミラーレス一眼は、その名の通り、ミラー機構を取り除いたカメラで、その分軽量コンパクトな仕様になっています。

ちょっとしたお出掛けにも最適で、一日中持って歩いても疲れにくいというメリットがあります。それでいて、一眼品質さながらの綺麗な写真を撮影することができることから、最近では、普段使いカメラを一眼レフカメラからミラーレスに乗り換えるたという話もよく聞きます。

手ブレをより強力に抑える、ジャイロセンサー搭載

EOS Kiss Mは、レンズ交換式カメラでは初となるデュアルセンシングISを搭載しています。

ブレを検知するジャイロセンサーによる光学ISユニットの制御に加え、対応のレンズを使用することで(※)、CMOSセンサーの画像情報からブレ量を検出し、手の震えなどによる細かいブレはもちろん、呼吸時などの体揺れによるゆっくりとした大きなブレも軽減してくれます。

お子さんの晴れ姿に感極まってしまったり、いい写真を撮影したいという思いで力み過ぎたり、そんな時でも安心です。

(※)対応レンズは、EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM / EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM / EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

大型センサーならではの美しい映像表現

体育館の中は、日中でも意外と暗いものです。その暗さにも、苦戦する方が多いようです。

EOS Kiss Mは、約2410万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載しています。記録できる情報量が多いので、肌の質感やニュアンス、色の微妙なグラデーションまで繊細に表現してくれます。

暗い場所でも、明るく綺麗に、くっきりはっきりとした撮影が可能です。

デザイン性に優れた、こちらのカメラもオススメ

ブラックのカメラもカッコイイ雰囲気を出してくれますが、オシャレをより引き立たせてくれるこちらのCanon EOS M100はいかがでしょうか。

Rentio

スタイリッシュで、シンプルなホワイトの外観で、ママさんのオシャレした綺麗な姿にも、うるさくなく邪魔することはありません。

もちろん機能性にも優れ、エントリーユーザー向けカメラでありながら、上位機種と同等の高感度を実現しており、こちらも暗い場所にも強い、おすすめのカメラです。

もっと詳しく知りたい方には、こちらの記事もオススメ

Canon EOS Kiss Mを実写レビュー!本当に初心者に適しているカメラなのか?徹底検証 – RentioPress

キヤノン「EOS Kiss M」と「EOS M100」を徹底比較!最新入門ミラーレス一眼の違いから選び方を解説 – RentioPress

Canon EOS M100実写レビュー。キヤノンで一番小さくて軽い初心者におすすめのミラーレス一眼 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

2019年最新おすすめミラーレス一眼カメラ5選!初心者でも失敗しないカメラの選び方 – RentioPress

EOS Kiss M 製品スペック表

モデル名EOS Kiss M
撮像画面サイズ約22.3×14.9mm(APS-C)
映像素子型式CMOSセンサー
有効画素数約2410万画素
オートフォーカス方式デュアルピクセルCMOS AF
測距点最大143点
記録メディアSDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード ※ UHS-I 対応
常用ISO感度ISO100~25600
シャッター速度1/4000秒~30秒、バルブ
連続撮影速度最高約10コマ/秒
画面ワイド3.0型/約104万ドット
Wi-Fi搭載
NFC搭載
Bluetooth搭載
大きさ116.3×88.1×58.7mm
質量約387g(ブラック)

4. SONY Cybershot DSC-RX100M5 コンパクトカメラ

もっとコンパクトで、高性能なカメラがいいというワガママだって、コンパクトデジタルカメラなら、その望みを叶えられます。

手の中に収まるコンパクトサイズ

気軽に持ち歩けるポケットサイズで、ママさんのバックにも楽々収ってしまいます。
コンパクトでありながら、高品位な質感と内蔵EVFなどの優れたデザイン、操作性を実現しています。

シャッター音を気にせず撮影できる、サイレント撮影

決定的瞬間は人それぞれです。静かな体育館の中での撮影は、シャッター音が気になってしまいます。

DSC-RX100M5は、シャッターモードを電子シャッターに切り替えて、電子音を「切」に設定することで、シャッター音を出さずに撮影をすることが可能です。式の最中の静かなシーンでも、周りを気にせず、誰にも迷惑をかけずに、シャッター音を気にすることなく撮影できます。 連写モードの撮影時も、サイレント撮影に設定できるため、連写音も気になりません。

プロ仕様の動画性能

なんと、4K動画も撮影できます。

画素加算のない全画素読み出しによる4K動画記録に対応しており、4K映像に必要な画素数の約1.7倍の豊富な情報量を凝縮し、4Kの映像を外出やスポーツなど日常のさまざまなシーンに持ち出して、高精細な映像を撮影できます。

コストパフォーマンスに優れた、こちらのカメラもオススメ

メインの撮影は、パパさんのビデオカメラ・一眼レフなので、高性能を維持しながら、少しでもコストを抑えたいという方には、こちらのカメラをおすすめします。

Rentio

DSC-RX100M3は、高画質、高性能なだけでなく、内蔵されている機能を使って写真の仕上がりも編集することができ、実物以上に被写体や風景を美しく再現することができます。

もちろん、サイズもコンパクトで、持ち運びの利便性にも優れています。

もっと詳しく知りたい方には、こちらの記事もオススメ

[2019年版]SONY RX100シリーズ全7種を徹底比較!価格と性能から選び方を完全解説 – RentioPress

機械音痴必見!簡単操作でスマホ感覚「おすすめデジタルカメラ」5選 – RentioPress

世界初の技術を採用した珠玉の逸品 SONY DSC-RX100M3 – RentioPress

Cybershot DSC-RX100M5 製品スペック表

モデル名DSC-RX100M5
有効センサーサイズ1.0型
撮像素子1.0型積層型CMOSセンサー
カメラ部有効画素約2010万画素
記録メディアメモリースティック デュオ、メモリースティック PRO デュオ、メモリースティックPROデュオ(High Speed)、メモリースティック PRO-HG デュオ、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード(UHS-I対応)、SDXCメモリーカード(UHS-I対応)
焦点距離24-70mm
絞り値F1.8-2.8
オートフォーカス方式315点像面位相差AF/25点コントラストAF
最高シャッタースピード1/32000秒
常用ISO感度ISO125~12800
連続撮影速度AF/AE追従約24コマ/秒
光学式手ブレ補正〇(最大4.0段)
動画撮影4K/Full HD
画面サイズ/ドット数3.0型/約122.9万ドット
Wi-Fi/NFC
Bluetooth
大きさ(CIPA準拠)101.6×58.1×41.0 mm
質量(CIPA準拠)約299g

まとめ

ここまで読んでいただき、いかがでしたでしょうか。

カメラ選びのポイントは、このように様々です。

  • 性能(画質、手ブレ補正など)
  • サイズ
  • 操作性
  • デザイン
  • 価格

さすがに全ての条件を網羅するカメラを探し出すのは至難極まりないことだと思います。

今回ご紹介したカメラの数々は、そういった条件に出来る限り近づけて、ピックアップさせていただきました。

大事なこの機会に、少しでも皆さんのカメラ選びの参考になれると嬉しいです。

入学式に持って行くカメラは、レンタルがオススメ

今回ご紹介したカメラは、全てRentioで、お取り扱いしている商品です。

毎年次々に新しいカメラが発売されますが、勢いで購入しても、翌年には型落ちということに…

一時的な利用目的なら、購入するよりもレンタルすることも賢い選択と言えるでしょう。

ご紹介したカメラは、ほんの一部です。Rentioには、まだまだオススメできる商品をたくさん揃えています。

お悩みやご希望がございましたら、是非ご相談のお問い合わせをお待ちしています。

皆さんのご希望に沿った商品をご提案させていただきます。

この機会に是非、皆様のご利用をお待ちしています。

[レンタル] カメラ 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 ビデオカメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事