RentioPress

ノイズキャンセリングイヤホンAirPods ProとSONY WF-1000XM3を比較しおすすめポイントを紹介

公開日
ノイズキャンセリングイヤホンAirPods ProとSONY WF-1000XM3を比較しおすすめポイントを紹介

今回は巷で話題の二大ノイズキャンセリングイヤフォンを取り上げたいと思います。

ノイズキャンセリングイヤフォンとは、マイクで拾ったノイズを打ち消して騒音がなるべく聞こえないような状態を作り出すイヤフォンです。

ここ数年間で急激に普及してきているため、電車の中などで見かける機会も増え、また新製品が出るたびにSNSなどで話題になっている商品もあるためご存知の方も多くいらっしゃるかと思います。

ただ、まだ使ったことがない方や、もともとイヤフォンにこだわりがなかったけどこれを機に使ってみたい、という方もいると思うので、今回は自分が使って見た感想なども踏まえて代表的な2つの機種をご紹介させていただきます。

SNSで話題のイヤフォンそれぞれのいいところ悪いところ

今回ご紹介する機種は…

  1. SONY WF-1000XM3
  2. Apple AirPods Pro

ノイズキャンセリングイヤフォンでも高い人気を誇る2機種です。

AirPods Pro

Apple社が作った AirPods シリーズの最新作です。元々の強みであるApple製品との連携による体験的な価値と、さらに今回はノイズキャンセリング機能までついた最新作となっています。

デザインはシンプルな白を基調としたデザインになっており、前機種より少し大きいサイズのケースは、有線/無線 どちらの充電にも対応しています。
ユーザーからのニーズも高かった点がアップデートされたことで話題になっています。

使ってみて良かったところ

  • スムーズに接続して音楽を聴ける
  • ノイズキャンセリングに圧迫感がない
  • 耳につけやすいサイズ
  • スポーツの時に使っても問題ない

悪かったところ

  • Apple製品のスマホじゃない人にとっては購入の対象になりにくい
  • 値段は通常のイヤフォンからすると高め(3万円前後する)
  • AirPodsと比較して少しケースのサイズが大きい

口コミ評判


SONY WF-1000XM3

ウォークマンなどを生み出し、Apple創業者のスティーブ・ジョブスにも大きな影響を与えたSonyが今年発売したワイヤレスイヤフォンです。

広告も新進気鋭のバンドなどを用いており、発売と同時にSNSなどで話題になりました。

使ってみてよかったところ

  • 耳につけた瞬間に周りの音が完全に遮断されてしまうくらい強いノイズキャンセリング機能
  • 音だけを綺麗に聴けるので、とても集中して自分の世界に入れる
  • 音の伸びがすごくしっかり聴こえ、静かな分音の細かい部分まで聴くことができるように感じた
  • イヤフォン本体の機能により、自動で騒音をカットしてくれる

悪かったところ

  • 初期設定が時間かかった
  • 密閉されていて音自体はとても聴きやすいが、イヤフォンの密閉具合が強く、気になる
  • 防水ではないので汗や雨に注意する必要がある

口コミ評判


おすすめワイヤレスイヤホンSony WF-1000XM3とAirPodsを比較してみた – Rentio PRESS[レンティオプレス]

「AirPods Pro」「SONY WF-1000XM3」それぞれの機能比較

それぞれの機能を比較したときに一見するとコストパフォーマンスがよさそうな機種はSonyの「WF-1000XM3」な印象を受けました。

使い勝手の良さのAirPods Proと音質のSonyというようなイメージが近いかと思います。

利用される方のイヤフォンに求めるものによって好みが分かれてくる印象です。

AirPods ProSONY WF-1000XM3
価格30,580円25,280円
イヤフォンの再生時間4.5時間6時間
防水機能IPX4なし
充電方法ワイヤレス充電,ライトニングコネクタ充電USB-TypeCコネクタ充電
ケース重量約45.6g約75g

“僕が”試して購入に至ったAirPods Proの3つのポイント

僕はAirPods ProとSONY WF-1000XM3を比較して、AirPods Proを選びました

その理由となったのが、こちらの3つのポイントです。

1. 前から話題になっていて友達に貸してもらった時に耳に合うイヤフォンだと思った

BOSEのノイズキャンセリングイヤフォンなどを使っていたことがあったのですが、その時に密閉状態のノイズキャンセリングが耳に圧迫感を与えて長時間使うことができませんでした。

一方で友達に貸してもらったAirPods Proのノイズキャンセリングはあまり、耳が無音の密閉感を感じさせない設計になっていたので、ノイズキャンセリングの密閉感が苦手な僕も簡単に使うことができました。

2. ノイズキャンセリングのイヤフォンでもAirPods Proは、重低音がしっかり聞こえるガジェットだった

昔使っていたノイズキャンセリングイヤフォンの音は曇った感じがして聞き取りづらかったのですが、AirPods Proの重低音は、僕でも満足して聴くことができるくらいしっかり重低音が出ていました。

3. Apple製品のシームレスさが何より使いやすい

Apple製品のスマホを使用していると、接続のときのシームレスさが何よりも使い心地のよさにつながり、癖になり、なかなかほかの機種を使っても満足できなくなってしまいます。

特にAirPods Proの体験的シームレスさは

– 接続時のケースを開けてからのペアリングの速さ
– ノイズキャンセリング機能を発動させたときの静穏状態に移行するときの違和感のなさ

この2点が、かなりの使い心地のよさにつながりました。一度体験すると、癖になってしまいます。

まとめ

今回はAirPods Proの方が自分の耳にあっていると感じて購入に至りました。一方でSonyの方が合っていると感じる人も多くいるかと思います。

どちらがいいかということは一概に判断することは難しいと感じました。

最近はデジタルガジェットの性能も上がり、値段が高いものも多く、購入するのは少し勇気が要ることも多いかと思います。

そんな時はレンティオでノイズキャンセリングイヤフォンをレンタルして試して購入することもおすすめです。

[レンタル] SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 ブラック – Rentio[レンティオ]

ウェアラブルスピーカー関連記事

[レンタル] 手軽に高音質体験!話題のウェアラブルネックスピーカー4機種を徹底比較! – Rentio[レンティオ]

[レンタル] ウェアラブルスピーカー「Sound Gear BTA」をレビュー。プライベートシアター感覚の包まれる音を体感♪ – Rentio[レンティオ]

【高音質】Bluetoothスピーカーを選ぶポイントと人気機種5選 – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 オーディオカテゴリのランキング

ピックアップ記事