モバイルプロジェクター「Anker Nebula Capule II」解説!

レンタル家電野郎
レンタル家電野郎

更新日2020/07/10

モバイルプロジェクター「Anker Nebula Capule II」解説!

更新日

休みの日はNetflix,Hulu,Amazon Prime等の動画配信サービスをお家で見て過ごすという方も多くなっていると思います。

スマホで映画やアニメを見る人も多いので、テレビを見る機会も少なくなり、テレビを買ってないという方も多いのではないでしょうか?

スマホで見ているアニメや動画を大画面で見たいという方に向けて、今回はYoutubeやツイッターなどで話題の大画面で映画やゲームが楽しめるプロジェクターをご紹介していきたいと思います。

MONOQLO2019年間ベストバイに輝いたおすすめプロジェクターとは??

MONOQLOとは

家電等の批評雑誌として有名で、ライターの方が紹介する商品を実際に使って良かったところ悪かったところをそれぞれ記事にしています。

一般の雑誌とは違い、広告をあまり受け付けず、ユーザー目線に立って商品を評価するというコンセプトで作られている雑誌です。時には自腹で家電を購入していることもあるそうです。

そんな雑誌において年間ベストバイに輝いたプロジェクターがあります。

それが今回ご紹介する“Anker Nebula Capsule II”です。

【MONOQLOレビュー】大感動のクオリティ。検証を担当した編集部員も天井に投影して毎晩超愛用中。もはやテレビ以上に便利で迫力のある一台といえる。

Anker Nebula Capsule II

Ankerとは

モバイルバッテリーや急速充電器などの販売を行うハードウェアブランドです。
アマゾンやヤフーでバッテリー、アダプターなどよく見かけることが多いと思います。

Ankerは、スマートフォン,PC関連等の商材だけではなく色々な商品ラインナップを取り扱っています。

水拭きOK!賢くて高コスパ Anker Eufy RoboVac L70 Hybrid使用レビュー!特長・デメリットも詳しく解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

ポータブル電源「Anker Powerhouse」を紹介!どこでも大容量の電源を確保できる!? – Rentio PRESS[レンティオプレス]

Anker Nebula Capsule IIはシリーズの中でも、ハイスペックなモデル

Ankerプロジェクターラインナップは今でも増えています。

中でも今回紹介するAnker Nebula Capsule IIは、持ち運びができる空き缶のようなサイズ感で、8GBの記憶容量、バッテリーも搭載されているため、自宅での設置も簡単で、旅行、友達の家、キャンプなどの野外アクティビティにも持ち運ぶことができます。

現状では、比較的値段が高いのですが、それに見合うハイスペックな規格となっています。

各モデル製品仕様比較表

モデル名 Nebula Capsule Nebula Capsule Pro Nebula Capsule II
価格 32,999円(税込) 46,800円(税込) 59,800円(税込)
重量 470g 470g 740g
輝度 100ANSIルーメン 150ANSIルーメン 200ANSIルーメン
OS Android7.1 Android7.1 AndroidTV19.0
フォーカス調整 マニュアル マニュアル 1秒オートフォーカス
動画再生時間
(ローカル/Wi-Fi)
4時間/3時間 4時間/3時間 3時間/2.5時間
アプリ Aptoide TV Aptoide TV Google Playストア
付属リモコン 赤外線 赤外線 赤外線(Google アシスタント)

Nebula Capsule IIの特徴

オートフォーカス機能があるため、本体を動かしても投影されている映像がブレない

プロジェクターをセッテイングする上で非常にストレスがかかる作業は、ピント(フォーカス)の調整だと思います。誤ったセッティングをして映像がずれてしまったり、といった経験をした人もいるんじゃないでしょうか??

こちらのモデルは、オートフォーカス(自動調節)機能がついているため焦点距離を合わせることにストレスを感じることがありません。

モバイルプロジェクターとして世界で初めてAndroid TV9.0を搭載している

これまでの「Nebula Capsule」、「Nebula Capsule Pro」はAndroid 7.1が搭載されていましたが、本製品はAndroid TV 9.0を搭載してます。
それよって利用可能なアプリが3,600以上に増え、またプロジェクター特有の横長画面で快適に操作できるようになりました。

HDMI端子もついている

ゲームやDVDも接続して投影することができるので、みんなでゲームをやるときや、DVDプレイヤーをさして記録・鑑賞等もすることができます。

製品について

外観としてはティッシュの箱より小さいくらいのイメージです。

プロジェクターのサイズはパックジュースより少し大きいくらいです。(持ち運びプロジェクターとしては大きいかもしれないですが、全然片手で持ち歩けるようなサイズになっています。)

それぞれ部品は、リモコン,アダプター,USBコードとなっています。

使ってみた感想

開封してセッティングしてみました。

手順としては下記の2つだけでとても簡単でした。

面倒な設置場所を決めたり、あーでもないこーでもないと動かしてみたりする必要もなく、重量も軽いので、動かすとしてもすぐ移動することができて、ピントも勝手に合わせてくれるのでとても良かったです。

  • 1.電源をつける
  • 2.Googleアカウントを設定する

良かったところ

機械を出してから使うまでに大変なところとしては、画像を移すためのピント合わせだと思います。その点Anker Nebula Capsule IIは、ピントを自動調節してくれるので場所に起きさえすればそれで済むのが本当に楽でした。

また映像を映写して見るタイミングですが音や映像に関しては全く問題なく、ストレスなく視聴に集中することができました。

悪かったところ

明るい部屋での使用時は映像が少々見づらかったです。しかし、明るい部屋で使用するケースはあまりないかと思いますので、大きな問題ではないと思います。

レンティオでレンタル

Anker Nebula Capsule IIなど気になるポータブルプロジェクターはレンタルで試せます。

ポータブルプロジェクターが気になるけど、置き場所や使い方の問題で購入するか悩んでいる…という方には、購入前にレンタルで試してみるのもおすすめです。

短期間レンタルして家で使ってみることで不安や疑問が解消されるので、自信を持って購入に踏み切れます。

ネットで家電をお得にレンタルできるサービスRentio(レンティオ)では、Anker Nebula Capsule IIなどのプロジェクターを借りて試すことができます。

購入前のお試しに、気軽にレンタルしてみてはいかがでしょうか?

プロジェクターの簡単な天吊り方法を解説!天井穴あけ不要で賃貸もOK- Rentio PRESS[レンティオプレス]

[最新] 家庭用プロジェクターの選び方とおすすめ8選!理想のホームシアターを実現しよう- Rentio PRESS[レンティオプレス]

自宅の壁でもプロジェクターは投影できる?色や素材の注意点とは- Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事プロジェクターカテゴリのランキング

ピックアップ記事