Rentioによるカメラ・家電の徹底解説サイト

Rentio PRESS

一人暮らしでpopIn Aladdinを2年以上使用してみてわかったメリット・デメリットを徹底解剖!

更新日
一人暮らしでpopIn Aladdinを2年以上使用してみてわかったメリット・デメリットを徹底解剖!

現在、筆者の自宅にはpopIn Aladdinが1台あり、2年近く一人暮らしの1Kで使用しています。

popIn Aladdinとは、ご家庭にある天井の照明器具、シーリングライトに「高性能プロジェクター」「高音質スピーカー」を搭載し、 コードレスで置き場所を取らない画期的な3in1デバイスになります。

実際にpopIn Aladdinを使用してみての感想は一人暮らしでの使用も楽しめ、購入して良かった商品だと思います!

なぜ購入して良かったのかの理由や悪い点も含めてご紹介させていただきます。

popIn Aladdinをレビュー。身近な映像コンテンツを壁に投影できる世界初のシーリングライト

▲以前、popIn Aladdinをご紹介した記事がこちらになり、主にpopIn Aladdinの機能をご紹介していますので是非、一読くださいませ。

さて、popIn Aladdinが発売された当初に筆者は購入し早、2年以上が経つのですが、

一人暮らしで使用してみて、その2年でわかったpopIn Aladdinのメリット・デメリットをご紹介させていただきます!

メリット

1. 起動の時間が早く、起動音も静か、そして場所を取らない

実際に起動させてからわずか30秒程でメイン画面になるためストレスがなく、また電源ボタンを一度押せば後は待つだけになりますので、操作が難しいと思われている方でも安心して使用ができます。

起動時の音も、全く気にならない静音のため、夜に起動して隣人の人に迷惑かも…なんて思っている方でも大丈夫です!(*起動時間に関してはインターネット回線により多少の誤差がでるものとなります。)

また、スクリーンは、距離がないと大きな映像を映し出すことができなく、プロジェクターと映し出す間に物を置いてしまうと影ができるため部屋のレイアウトも考えないといけなくなってしまいます。

しかし、popIn Aladdinはそんなことを考えなくて良いのです!

なぜかと言うと、天井に吊るしているシーリングライトにプロジェクター機能が搭載されているからです!

つまり、シーリングライトと一体化で天井にあるため、場所を取ることもなく、新しく部屋のレイアウトを考える必要もありません。

そのため、場所を取らずに自宅でプロジェクターがある生活を楽しむことができます!

2. popIn Aladdinを通して様々なコンテンツを楽しめる

popIn AladdinではYouTubeやNetflix等といったコンテンツを揃えているためテレビやスマートフォンで見る画面より大きなスクリーンを通して見ることができます。

動画配信サービスでは、現在、YouTube、Netflix、AmazonprimeVideo、Hulu、AbemaTV、DAZN、U-NEXT等があり、音楽配信サービスではSpotifyがあります!
*各、配信サービスでは会員登録が必要なものや有料のコンテンツもあります。

その他にも、季節や時間に合わせた風景が見れる「美風景」、就寝前に癒しのヒーリングミュージックとキャンドルや電球の落ち着いた動画像を見ることができる「ヒーリングライト」、スマートフォンで撮影した写真をスクリーン上に映し出せる「フォトメモリーズ」などなどここには紹介しきれないコンテンツがたくさんあります。

3. 明かり調整があるのが良い

一人暮らしを初めた当初、電気の明るさ調整ができないシーリングライトだったため、暗くするか、明るくするかの二択しかなく、本を読む際にこの半分の明るさでいいのになぁ等、小さなストレスを抱えていました。

しかし、popIn Aladdinを導入すると、明るさ調整ができるため、少し暗くして映画を見たり、寝る際はオレンジ色の光がないと寝れない等といった、どの場面の際にも適した色合いにすることができるのです!

そのため、明るすぎず、暗すぎないお部屋が実現できます。

また、ライトの点灯する色は「明るさの6段階」「色合いの6段階」から調節ができ36パターンの組み合わせから1つのパターンを自分好みに作成できます。

このモードではリモコンのボタン押すごとにライトの色が切り替わり、「カスタム色」、「電球色」、「白昼色」、「常夜灯」となっております。

4. 随時バージョンアップされるので買った当初のままの機能で終わらない

なんと!popIn Aladdinは随時バージョンアップがあるため、購入した当初からコンテンツが変わらないといったことがありません。

筆者の購入当初から現在のコンテンツの量はおそらく2倍は増えているのではないかと思います!

HuluやNetflixは搭載されていなかったのですが、バージョンアップされたことによりpopIn Aladdinで見ることができるようになっております!

こんな機能やコンテンツあったらいいのになぁ…がいつの間にか搭載されているかもしれないですね。

5. 映画館気分を味わえるちょっとした贅沢

やはり、一番の醍醐味はスクリーンで映画やアニメ等を見ることができるので映画館さながらの雰囲気を味わうことができるかと思います。

6. アプリを介して操作ができる

popIn Aladdinはスマートフォン専用アプリがあるため、スマートフォンからでも操作が可能となっています。

接続方法はpopIn Aladdinとスマートフォンが同一回線に繋がっている場合に自動で接続が可能となります。

デメリット

1. スクリーンの大きさと高さ

やはり一人暮らしとなるとライトの位置から壁までの距離が近くなるため、スクリーンの大きさは少し小さくなり、スクリーンの位置がやや上側になります。

2. バージョンアップ中の音の大きさ

起動音に関しては静音のため気になることはないのですが、バージョンアップ中はかなり音が大きくなるため、夜にバージョンアップすることはお勧めしません。

3. 壁スイッチを切るとスクリーンも消える

自宅の壁にライトの電源のオンオフのスイッチがあると思うのですが、壁のスイッチで電源をオフにするとスクリーンもオフになり電源が切れてしまいます。

そのため、音楽や動画をpopIn Aladdinで見ていたのに壁スイッチをオフにしたことで、スクリーンの電源も落ちるといったことが筆者自身、何回も経験しました。

壁スイッチがオフの場合はスクリーンがつかないため一度、再度、壁スイッチをオンにした状態でスクリーンを起動させる必要があります。

4. 日中の明るい部屋ではスクーリンに映し出された映像は薄くなる

これはほとんどのプロジェクターでもほぼ言えることではありますが、やはりどうしても仕様上仕方のないことですが、映像は薄くなり、見えづらくなってしまいます。

しかし、日中はSpotifyで筆者は音楽を聴いているためあまり不便に思ったことはない印象です。

終わりに

結果として、筆者自身が購入して損したと思ったことはない商品となります。

いつも必ず使用する自宅のライト+αの要素を兼ね備えたpopIn Aladdinは一人暮らしでも使用して満足以上の価値を出せるものとなるのではないかと思いました。

しかし、現在、popIn Aladdinを購入すると7万近くするため、中々購入に踏み込めない、スクリーンの大きさや映像の綺麗さが実際にわからない等の使用してみないとわからない実際の設置環境雰囲気が購入してお家に合わなかったらどうしようとお思いの方もいるかと存じます。

そんな時はレンタルがおススメです。

現在、RentioではpopIn Aladdinをレンタルすることができ、7泊8日からレンタルが可能となっております。

レンタル期間中に実際にpopIn Aladdinを使用していただき、スクリーンで様々なコンテンツを楽しんでいただき、popIn Aladdinを気に入って頂けましたら、そのまま購入することもできますので是非一度試してみてはいかがでしょうか。(※そのまま購入はレンタル商品であるため中古品となります)

[レンタル] popIn Aladdin (ポップインアラジン) スピーカー内蔵プロジェクター シーリングライト PA18U02VN – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 プロジェクターカテゴリのランキング

ピックアップ記事