ドルチェグストとドリップポッドを比較!カプセルや操作性の違いを徹底調査

まーしー
まーしー

更新日2020/11/25

ドルチェグストとドリップポッドを比較!カプセルや操作性の違いを徹底調査

更新日

手軽に本格派コーヒーを楽しむことができるカプセル式のコーヒーメーカー。日頃の手入れも簡単で、カプセルを交換するだけで豊富なフレーバーを楽しめる魅力があります。

なかでもネスレの「ネスカフェ ドルチェグスト」、UCCの「ドリップポッド」は代表的なコーヒーメーカーと言えるでしょう。

そこで、この記事ではドルチェグストとドリップポッドそれぞれの特徴と選び方について解説したいと思います。

自宅や職場にカプセル式コーヒーメーカーの導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

ネスカフェ ドルチェグストの特徴

「ネスカフェ ドルチェグスト」最大の特徴はコーヒーマシンを無料でレンタルできるプランが用意されていることでしょう。専用カプセルの定期お届け便に申し込むことで、故障や破損時のサポート込で借りることができます。

また、レギュラーコーヒーだけでなくエスプレッソ・ラテ・抹茶・ティーなど様々なカフェドリンクを楽しめるのも、「ネスカフェ ドルチェ グスト」特有の魅力です。

主な特徴
・エスプレッソやラテメニューが飲める
・スターバックスの専用カプセルも飲める
・コーヒーを淹れてポイントを貯められる
・スマホアプリで抽出モードや抽出温度のカスタマイズ、保存ができる
・複数種類のコーヒーマシンから選べる
・カプセル定期お届け便ならコーヒーマシンレンタルが無料になる

「ネスカフェ ドルチェ グスト」について詳しく知りたい方はこちら!
ネスレ コーヒーメーカー(ネスプレッソ/ネスカフェ)の機種一覧とその違いまとめ – Rentio PRESS[レンティオプレス]

スターバックスの専用カプセル

ネスカフェ ドルチェグストのスターバックスカプセル

「ネスカフェ ドルチェグスト」はスターバックスの人気メニューを1杯あたり65円〜で味わえる専用カプセルもあります。

レギュラーメニューに加えてホリデーシーズン限定フレーバーが更新されますので、自宅でもスタバ気分を楽しみたい方におすすめです。

  • ハウスブレンド(アメリカーノ)
  • ライトノートブレンド(アメリカーノ)
  • コロンビア(エスプレッソ)
  • カプチーノ
  • ラテ マキアート
  • キャラメル マキアート
  • 抹茶ラテ

UCC ドリップポッドの特徴

「ドリップポッド」はハンドドリップの自動化を追求したコーヒーマシンであるため、レギュラーコーヒーを楽しみたい方向けの製品です。

そのため専用カプセルにはラテ系ドリンクは用意されておらず、生産地ブランドごとに複数種類あるのも特徴です。

主な特徴
・好みのレギュラーコーヒーを楽しめる
・濃いめ抽出設定ができる
・蒸らし、抽出速度や湯温にこだわったプロのハンドドリップ設計
タイガーのコーヒーメーカーでも専用カプセルを使える

UCCの「ドリップポッド DP3」について知りたい方はこちら!
UCCのドリップポッドDP3を実機レビュー!50通り以上の飲み方でプロのコーヒーの味を楽しめる – Rentio PRESS[レンティオプレス]

ドルチェグストとドリップポッドの違いを比較

ドルチェグストとドリップポッドを比較

各製品の特徴からレギュラーコーヒーにこだわるなら「ドリップポッド」色んなカフェドリンクを楽しみたいなら「ネスカフェ ドルチェグスト」であると言えます。

同じカプセル式のコーヒーメーカーでも方向性が全く異なる商品ですが、ここではより具体的に違いを比較していきたいと思います。

  • ネスカフェ ドルチェグスト:様々なカフェドリンクを楽しみたい方向け
  • ドリップポッド:レギュラーコーヒーを楽しみたい方向け

コーヒーマシン本体のスペック比較

ドルチェグストとドリップポッドのマシン比較

2020年11月現在で販売/サービス提供されているコーヒーマシンは「ネスカフェ ドルチェグスト」で3機種、「ドリップポッド」で2機種あります。

計5機種のスペックを一覧表を以下にまとめましたが、単純なマシン比較だけで考えると「ドリップポッド」はコンパクトで使い勝手が良いでしょう。

一方で「ネスカフェ ドルチェグスト」はスマホアプリで操作性やコーヒー体験を補完する形を取っています。

シリーズ ネスカフェ ドルチェグスト ドリップポッド シリーズ
製品画像
製品画像
製品名 ジェニオ アイ エスペルタ ピッコロXS DP3 DP2 製品名
抽出方法 ドルチェグスト専用カプセル ドリップポッド専用カプセル 抽出方法
メニュー設定機能 スマホアプリで設定可能 なし 湯量/カプセルタイプの選択ボタン 湯量/カプセルタイプ/濃さの選択ボタン メニュー設定機能
水タンク容量 約0.65L 約1.40L 約0.80L 約0.70L 約0.75L 水タンク容量
サイズ(幅×奥行×高さ) 約16.5cm×30.0cm×23.1cm 約21.5cm×36.5cm×26.7cm 約13.7cm×27.6cm×26.3cm 約13.3cm×29.0cm×22.4cm 約13.3cm×28.8cm×22.4cm サイズ(幅×奥行×高さ)
重さ 約2.6kg 約2.7kg 約2.0kg 約3.0kg 約2.8kg 重さ
カラーバリエーション ホワイト/チェリーレッド チタニウム/メタルレッド ホワイト/ダークレッド ホワイト/ブラウン/アッシュローズ/ペールミント ホワイト/ブラック/レッド カラーバリエーション
公式税込価格
2020年11月11日現在
14,800円 19,800円 5,980円 13,200円 9,900円 公式税込価格
2020年11月11日現在

専用カプセルの種類

ドルチェグストとドリップポッドのマシン比較

「ネスカフェ ドルチェグスト」と「ドリップポッド」の専用カプセルの種類を一覧にまとめました。

専用カプセルのバラエティの多さは「ネスカフェ ドルチェグスト」ですが、「ドリップポッド」はレギュラーコーヒーを手厚くしています。

カプセル種類 ドルチェグスト ドリップポッド
レギュラーコーヒー系 リッチブレンド
モカブレンド
オリジナルブレンド
アメリカーノリッチアロマ
コールドブリュー
メキシコ-チアパス-
コロンビア-シアラネバダ-
レギュラーブレンド(ルンゴ)
ローストブレンド(ルンゴ インテンソ)
コロンビア ルパタ農園
ブラジル&ホンジュラス Ramo de rosas
ブラジル ラゴア農園
ホンジュラス ラティナ農園
ルワンダ フイエマウンテン
有機栽培コロンビア
ハワイコナブレンド
ブルーマウンテンブレンド
炭焼珈琲
マンデリン&ブラジル
グァテマラ&コロンビア
モカ&キリマンジャロ
鑑定士の誇り リッチブレンド
鑑定士の誇り スペシャルブレンド
アイスコーヒー系 アイスコーヒーブレンド 鑑定士の誇り アイスコーヒー
カフェインレス系 レギュラーブレンド(カフェインレス) カフェインレスコーヒー
エスプレッソ系 エスプレッソ インテンソ
ラテ系 カフェオレ
カフェオレリッチアロマ
アイスカフェオレ
フラットホワイト
ラテ マキアート
カプチーノ
ティー・ココア系 ミルクティー
チョコチーノ宇治抹茶ラテ
宇治抹茶
濃い抹茶
ジャスミン茶
アールグレイ紅茶
深蒸し静岡煎茶
その他 スターバックス7種類+シーズン限定フレーバー

一杯あたりの費用

ネスレのコーヒーメーカーをランニングコストで選ぶ

「ネスカフェ ドルチェグスト」と「ドリップポッド」で専用カプセル一個あたりの費用を計算してみたところ、定期お届け便の割引適用時は「ドリップポッド」、最小単元で購入する際は「ネスカフェ ドルチェグスト」のほうが安くなります。

できるだけコストを下げるなら本体価格も無料になる定期便のほうがお得ですが、規定回数条件の縛りなどには十分気を付けてください。

シリーズ ネスカフェ ドルチェグスト ドリップポッド
製品名 ジェニオ アイ エスペルタ ピッコロXS DP3 DP2
1杯あたりの目安費用
※定期便割引適用時
52円〜 34円〜
カプセルの最小単元
※レギュラーコーヒーの場合
980円(16杯分)〜 816円(12杯分)〜
本体代金
※定期便の場合
無料 無料 無料 5,832円
(972円×6ヶ月)
無料
公式税込価格
2020年11月11日現在
14,800円 19,800円 5,980円 13,200円 9,900円

定期お届け便の内容を比較

ドルチェグストとドリップポッドの定期お届け便の違い

定期お届け便は1杯あたりのコストを抑えられるメリットがある一方で、毎日最低一杯は飲まなければ在庫余剰になるデメリットがあります。ある意味、ノルマとも言えるでしょう。

そのようなメリデメを踏まえた上で、定期お届け便に加入するかどうか検討してください。

ネスカフェ ドルチェグスト ドリップポッド
1回あたりのお届け数 6箱以上
※最も安いカプセルだと5,880円,96杯分から
7プラン(6箱or8箱or12箱)
※最も安いプランだと4,212円,48杯から
お届け内容の組み合わせ 任意 任意
お届け頻度 3ヶ月に1回 毎月/隔月に1回
スキップサービス なし
※お届け日の延期手続きは可能
あり,最大3ヶ月
最低契約期間 3回以上の継続
※規定回数未満の中途解約は不可
DP3:6回以上
※規定回数未満の中途解約は2,200円×残回数+1,100円の支払いが必要
DP2:12回以上
※規定回数未満の中途解約は825円×残回数の支払いが必要
支払い方法 クレジットカード/デビットカード/代金引換 クレジットカード

飲みたいカプセルからコーヒーメーカーを選ぼう

ドルチェグストとドリップポッドの選び方

カプセル式コーヒーメーカーを選ぶ上で重要なのは自身のニーズに合ったカプセル種類があるかどうかです。専用カプセルはメーカー違いのコーヒーマシンで使うことはできませんので、慎重に選ばないと後で後悔することになります。

そういう意味では「ネスカフェ ドルチェグスト」と「ドリップポッド」の選び方は難しくありません。

スタバが好きな方や色んなカフェドリンクを楽しみたい方は「ネスカフェ ドルチェグスト」、コーヒーにこだわりの強い方やブラックコーヒー愛飲者なら「ドリップポッド」を選ぶと良いでしょう。

コーヒーメーカーはレンタルで試せる

コーヒーメーカーを実際に試してみたい方はお試しレンタルがおすすめです。

家電レンタルのRentioでは7泊8日からUCC ドリップポットのレンタルをはじめ、様々なコーヒーメーカーのレンタル商品を取り扱っています。

レンタルして気に入ればそのまま購入もできますので、ぜひ試してみてください。

[レンタル] ドリップコーヒーメーカー 一覧 – Rentio[レンティオ]

[レンタル] エスプレッソマシン 一覧 – Rentio[レンティオ]

コーヒーメーカーに関連する記事

コーヒーメーカーの種類と選び方まとめ – Rentio PRESS[レンティオプレス]

おすすめの全自動コーヒーメーカー8つを徹底比較!好みのコーヒーを淹れられる機種の選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

デロンギのエスプレッソマシン(全自動コーヒーメーカー)全機種比較!おすすめと選び方を解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

電動コーヒーミルの種類と選び方まとめ – Rentio PRESS[レンティオプレス]

コーヒーに適した電気ケトルの選び方と主なメーカーまとめ – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事コーヒーメーカーカテゴリのランキング

ピックアップ記事