Dyson Hot+Cool AM09実機レビュー!1年中使えるコンパクトなファンヒーター

なたね油
なたね油

更新日2021/09/06

Dyson Hot+Cool AM09実機レビュー!1年中使えるコンパクトなファンヒーター

今年も暑くてしょうがない日々が続きました。言わずもがなですが、扇風機・エアコンは夏を生き抜く上で必要不可欠の存在・・・

そしてそうこうしているうちに冬がやってきます。最近は秋がないとも言われ、あっという間に寒くなってくるようで。

そうなると暖房器具も用意しないといけなくなりますね。

しかし「扇風機もヒーターも用意するのに置き場所が面倒」「購入とかメンテとかの手間もかかる」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。

そんな方に・・・ヒーターにも扇風機にも使えて羽のない家電製品Dysonの「Hot+Cool AM09」を紹介します。


Dyson Hot+Cool AM09とは夏冬兼用可能な商品

Dyson Hot+Cool AM09は夏冬兼用可能な商品

DysonのHot+Cool(ホット+クール)とは、これ1台で扇風機と暖房機の機能を兼ねる羽なし扇風機シリーズです。

初代が2011年10月に登場し、刷新を続けながら現在も高い人気を誇ります。今回紹介する「AM09」は2014年10月30日に発売された3代目ですが、2021年現在も売れ筋モデルとして人気があります。

[最新]ダイソン扇風機 全16機種を一覧表で比較!Pure/Cool/Hot/Link等選び方とおすすめを紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

AM09のスペック一覧表

項目 スペック詳細
暖房能力
(適用床面積)
コンクリート住宅:4.5~8畳
木造住宅:3~6畳
設定可能温度 1度〜37度
風量調整 10段階
搭載モード ワイドモード
フォーカスモード
タイマー 15分~9時間
(スリープタイマー)
角度調整 垂直方向に微調整が可能
消費電力
(最小/最大)
涼風モード:5.4W / 26W
温風モード:1200W<
サイズ
(幅×奥行き×高さ)
約204mm×204mm×595mm
重さ 約2.68kg
公式税込価格
(2021年8月日23現在)
33,800円

Dyson Hot+Cool AM09の特長

Dyson Hot+Cool AM09の主な機能

「Dyson Hot+Cool AM09」の特長とも言える主な機能3つを紹介します。

  1. 部屋温度モニター機能
  2. タイマー機能と転倒時自動停止機能
  3. 首振り機能と2つの送風モード

①部屋温度モニター機能

常に部屋温度を検知しながら、設定した温度になると自動で暖房機能を止め、下がってきたらまた自動で暖房を再開する「部屋温度モニター機能」が搭載されています。

ヒーターやストーブとは違い、エアコンのように設定した温度でキープしてくれるので、必要以上に暖まったり、熱くなったりすることがありません。

②タイマー機能と転倒時自動停止機能もあり安心安全

「Dyson Hot+Cool AM09」にスリープタイマー機能、転倒時自動停止機能も搭載されています。万が一のときも転倒すると自動停止する仕様となっており、夜間でも安全に使用できます。

スリープタイマー機能は15分後・30分後・45分後・1時間後から1時間単位で最大9時間後まで好みの時間で選択することができます。

③首振り機能と2つの送風モード

首振り機能と2つの送風モード

一般的な扇風機と同様に左右回転や送風位置の固定もできますが、「Dyson Hot+Cool AM09」は本体を回転せずとも幅広く風を出せる「ワイドモード」とピンポイントに強力な風を送る「スポットモード」の2つのモードを搭載します。風量の調整も弱・中・強といった3段階ではなく、1~10の10段階で調整ができるのも魅力です。

ご利用環境にあわせて風の送る向き・量をカスタマイズすることができますので、最適の室内環境をつくりだす立役者となってくれることでしょう。

Dyson Hot+Cool AM09の実機レビュー

Dyson Hot+Cool AM09を使ってみた

製品概要と特徴的な機能を紹介しましたが使い勝手や満足感は使用してみないとなんともいえないですよね。

ちょうど自宅の扇風機の調子が芳しくなかったため、この機会に実際に「Dyson Hot+Cool AM09」を自宅で使ってみました。

購入前にDyson Hot+Cool AM09のお試しレンタルできますので、できるだけ後悔のない買い物になるよう活用してみてください。
[レンタル] ダイソン ファンヒーターdyson hot+cool AM09WN – Rentio[レンティオ]

セット内容

Dyson Hot+Cool AM09のセット内容

「Dyson Hot+Cool AM09」に同梱されるセット内容は以下の4点だけとシンプル。

  • 本体
  • 設置台
  • リモコン
  • 取扱説明書

組み立ては簡単!

Dyson Hot+Cool AM09のセット内容の組み立ては簡単

同梱品が少ないので、組み立ても非常に簡単

本体と台座をはめるだけであっという間ですね。

コンパクトとスリムなサイズ感

Dyson Hot+Cool AM09のコンパクトとスリムなサイズ感

年季の入った扇風機とサイズを比べてみると、「Dyson Hot+Cool AM09」は一回りも二回りもコンパクトでスリムでした。この小さなボディに扇風機とヒーター、2つの機能が搭載されているわけですから、思っている以上の省スペース化が実現できるかもしれません。

直感的に使えるリモコン

Dyson Hot+Cool AM09の直感的に使えるリモコン

付属するリモコンはシンプルなデザインのボタン構造。

一番右上の青い丸のボタンを押すと涼風機能に、その下の赤い丸2つのボタンを押すと暖房機能となり、室温の調節が可能です。

ちなみにこのリモコンには磁石が内蔵されており本体の上の部分にくっつけることが可能なので、脱着も簡単で、何よりリモコン紛失リスクも軽減されます。

Dyson Hot+Cool AM09を使って感じたメリット

Dyson Hot+Cool AM09を使って感じたメリット

数日間、「Dyson Hot+Cool AM09」を使って感じた3つのメリットを共有します。

  1. 年中通して使える
  2. 組み立ても手入れも簡単
  3. 安全に使える

①年中通して使える

涼風・温風いずれにも対応していることから、「Dyson Hot+Cool AM09」最大のウリは年中通して使えることです。

リビングの中央付近において使用しましたが、涼風を送るパワーも問題なし。リビングの奥までしっかり風が届きました。

「Dyson Hot+Cool AM09」があれば扇風機もヒーターも不要なので、各季節にあわせて物置から出したりしまったり・・・といったこともありません。

「ものをあまり多く置きたくない」といった用途や、スペースが狭いといった環境にはうってつけかと思います。

②組み立ても手入れも簡単

「Dyson Hot+Cool AM09」は本体に台座をセットしてコードを挿すだけで組み立てが簡単であることは先程も紹介したとおりですが、加えて羽がない構造のためお手入れや清掃が容易であることも大きなメリットです。

従来の扇風機ですと、ホコリが溜まると羽を拭く手間、さらにはカバーに付着したホコリとなると取り除くのが本当に面倒ですよね。

しかしこの商品は中が空洞になっているのでその周囲を拭くだけでOKです。

③安全に使える

「扇風機だと子供が指を入れてけがをするかもしれない。」
「暖房だと灯油の扱い、倒して火災の原因に」

扇風機やストーブを使っているとこのようなリスクが生じますが、「Dyson Hot+Cool AM09」にはそれらがありません。万が一倒しても自動停止スイッチが作動する仕様。大事にはなりにくいと思います。

※ただし、本体が動作中、電源を切った直後は本体が熱くなっていますのでその点は注意する必要があります。

Dyson Hot+Cool AM09の注意点

一方で、「Dyson Hot+Cool AM09」は万能なわけではなりません。

「少し使いづらいな、、、」と感じる部分もちらほらとありました。

①垂直方向の可動域が狭い

「Dyson Hot+Cool AM09」に首振りできる機能はあれど、上下(垂直方向)の角度調節は限定的です。写真のように正面から見ても角度をほとんど付けることができないことが分かるかと思います。したがって、洗濯物を乾かす等の用途には不向きです。

公式スペックでも「簡単な角度微調整」と記載もされているため、この部分に大きな期待はしないほうがよいでしょう。

また、従来の扇風機のように首の部分を伸ばすこともできません。ほとんど写真通りの高さとなってしまいます

②涼風機能の性能がいまいち

「Dyson Hot+Cool AM09」は温風モードだと1度〜37度で細かな室温調整が可能ですが、涼風機能には温度設定がありません。

ファンヒーターとしての機能は十分ですが、涼風としては室温を調整する機能がないのです。そのため、夏をこれ1台「だけ」で過ごすのは難しいでしょう。

送風機としての性能は申し分ありませんので、、エアコンと併用の上、冷気を部屋全体に循環させる使い方がおすすめです。

Dyson Hot+Cool AM09の後継機との違い

「Dyson Hot+Cool AM09」には後継機として、HP00・HP03・HP04・HP07の4機種が存在します。

空気清浄機能とスマホの連携機能(HP00除く)が追加され、暖房機能・涼風機能・空気清浄機能を兼ね備えた1台3役のスグレモノへと進化しています。

各機種の違いを把握して、自身の用途に合わせた機種を選びましょう。

[最新]ダイソン扇風機 全16機種を一覧表で比較!Pure/Cool/Hot/Link等選び方とおすすめを紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

少スペースで年中使えるDyson Hot+Cool AM09

「Dyson Hot+Cool AM09」は季節の変わり目に出し入れしたりする必要がありません。1年を通じて気温に合わせた使い方ができる製品です。

場所を取らず、手入れも簡単なので据え置き家電としての使い勝手も最高です。

購入する前に使い勝手を調べたり、他機種と比較したい場合はレンタルもできますので、ぜひ一度手にとってみてください。

季節家電はレンタルできる時代

「クローゼットから半年ぶりに扇風機を取り出したら動作不良だった」
「久しぶりにヒーターを使ったら異臭が、、、?」
ある期間だけ使用する季節家電は、非使用期間の置き場所やメンテナンスに困ったりするものです。

そんな方におすすめしたいのが、必要な時にだけ使うことができるレンタルです。

家電レンタルサービスの「レンティオ[Rentio]」なら、扇風機や冷房機器のレンタルヒーター・暖房器具のレンタルも幅広く取り扱っています。

夏~冬の間だけ月額料金で使うことも、お試しの上で気に入ったら「そのまま購入」することもできます。

住宅環境やオフィス環境に合うかどうか、まずは商品をレンタルしてみてじっくり考えてみてはいかがでしょうか。

[レンタル] 扇風機・冷房機器 一覧 – Rentio[レンティオ]

[レンタル] ヒーター・暖房器具 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連記事

[2021最新] 空気清浄機の選び方とおすすめ12選。花粉・ハウスダスト・ニオイ・ウイルス対策も – Rentio PRESS[レンティオプレス]

[最新] 除湿機の種類と選び方を解説!高コスパなおすすめ13機種の機能と価格を一覧表で比較 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

[最新] 加湿器おすすめ12機種を一覧表で比較!衛生的で使いやすい一台の選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

[最新] サーキュレーターの選び方とおすすめ9選!コスパ・扇風機兼用などタイプ別に紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事空気清浄機・空調機器カテゴリのランキング

ピックアップ記事