[2020最新] 空気清浄機の選び方とおすすめ12選。花粉・ハウスダスト・ニオイ対策に

mari fukuen
mari fukuen

更新日2020/10/02

[2020最新] 空気清浄機の選び方とおすすめ12選。花粉・ハウスダスト・ニオイ対策に

更新日

お部屋の空気が気になる方の強い味方が、空気清浄機。空気を取り込んで花粉やハウスダスト、ニオイなどをキレイにしてくれます。

最近の空気清浄機には、空気をキレイにするだけでなく加湿や除湿、消臭・除菌ができるものまで、機能が進化しています。
スマホと連携したり、自動でフィルター掃除をしてくれたりと、多機能な空気清浄機も数多く発売されています。

今回は、あなたのお家にぴったりの空気清浄機の選び方について詳しく解説します。

さらに、ダイキン、シャープ、パナソニック、日立など定番の国内メーカーからダイソン、デロンギ、バルミューダなどおしゃれな海外メーカーまで、人気の空気清浄機を比較しおすすめを紹介します。

※いますぐおすすめ空気清浄機の比較一覧表が見たい方は、こちらの比較一覧表まとめからどうぞ。

 

空気清浄機の選び方の重要ポイント

空気清浄機の選び方の重要ポイント

部屋の空気をキレイにしてくれる空気清浄機は、数千円程度の安いものから10万円近くする高級なものまで様々

なるべく安いほうが嬉しいのは間違いないのですが、価格の安さだけで選ぶと清浄能力が低かったり必要な機能がついていなかったりして不満が出てくるかもしれません。

ただ安いだけではなくお家に合った空気清浄機を選ぶために、購入前にチェックすべき選び方のポイントをご紹介します。

空気清浄性能

空気清浄機の選び方の重要ポイント 空気清浄性能

まずは、空気清浄機選びでもっとも重要な「空気清浄性能」を確認しましょう。

空気をキレイにするパワーには機種によってかなり差があるので、使う環境や求める性能に見合ったものを選ぶのがおすすめです。

適用床面積

空気清浄機がどのくらいの部屋に広さで使えるか?を示す指標が適用床面積。規定の量の粉塵やガスを30分でキレイにできる部屋の広さを表したものです。

適用床面積が大きいほど早く部屋の空気を清浄することができるので、空気清浄性能で選ぶなら適用床面積が使用する部屋の広さよりも大きい空気清浄機がおすすめです。

集じんフィルター

空気清浄機内に取り込まれた空気をキレイにする集じんフィルターの性能も重要です。

最近の空気清浄機の多くが、0.3μmの微細な粒子を99.97%以上カットする高性能なHEPAフィルターを搭載しています。さらに、より集じん力が落ちにくい静電HEPAフィルターやTAFUフィルターを搭載した空気清浄機も発売されています。

花粉の粒子の大きさが約30μm、ハウスダストは1~40μm、PM2.5は2.5μmなので、HEPAフィルターであれば目に見えない小さなゴミまでキレイにすることができます。

HEPAフィルターではなくメーカー独自のフィルターを採用していることもあるので、その場合は何μmまで対応できるか数値を確認しておくといいでしょう。

加湿・除湿機能

空気清浄機の選び方の重要ポイント 加湿・除湿機能

空気清浄機能に加えて、加湿や除湿機能も搭載された空気清浄機も人気です。

除加湿機能つきの空気清浄機は、一台で複数の役割を果たしてくれて省スペースで便利ですが、単機能のものと比べるとそれぞれの機能はそこまで高くない・価格が高い・お手入れの手間が増えるなどのデメリットもあります。

除加湿機能の必要性は、購入前によく考えることをおすすめします。

加湿機能

気になる冬場の乾燥対策に役立つ加湿機能

空気清浄機に搭載されている加湿機能は、気化方式が主流になっています。
タンクの水をフィルターに吸い込ませて風を当てて蒸発させることで加湿する方法で、水タンクやフィルターに雑菌やカビが発生しないように定期的にお手入れが必要になります。

加湿機能のパワーは、1時間当たりの最大加湿量で比較することができます。とくに乾燥が気になる方は、加湿量の多いものがおすすめです。

なお、加湿可能な床面積は、空気清浄機能単体で使用する場合よりも狭くなるので、お部屋の広さに合ったものを選びましょう。

除湿機能

湿気が気になる梅雨や夏場、部屋干しにも活躍する除湿機能

空気清浄機に搭載されている除湿機能は、コンプレッサー方式が主流になっています。
空気を冷却することで結露させて除湿する方法で、室温が高い時には効果的に除湿できる反面、気温が低い冬場などには除湿能力が落ちてしまいます

加湿機能と同様、除湿機能の適用面積は狭めになっています。また、除湿機能のパワーは1日あたりに除湿できる水の量で比較できるので、湿気が気になる方は除湿量の多いものを選びましょう。

脱臭・除菌・送風機能

空気清浄機の選び方の重要ポイント 脱臭・除菌・送風機能

代表的な除加湿機能以外にも、脱臭や除菌、送風といったプラスαの機能がついている空気清浄機もあります。

空気清浄機に追加の機能を期待する方は、これらの機能の有無もチェックしておきましょう。

脱臭・除菌

脱臭機能がついている空気清浄機は比較的多く、主に2種類の仕組みで臭いを取り除きます。

一つが、空気清浄機内部の脱臭フィルターを使うもの。部屋の空気を内部に取り込み、フィルターで脱臭されたキレイな空気を放出します。

もう一つが、イオンを使って脱臭するもの。イオンを含む空気を放出することで、室内の空気を臭いを軽減します。さらに、イオンには除菌やアレル物質の抑制、防カビ、美容効果まで期待できるものもあります。
イオンには、プラズマクラスターやナノイーなどメーカー独自のイオンがあり、実証されている効果も異なるので、求める効果によって選びましょう。

涼風・温風

送風機能がついている空気清浄機だと、扇風機としても使えて便利です。さらに、温風機能がある機種だと、一台三役で一年中活躍します。

ただし、送風機能付きの空気清浄機は基本的に送風機能を重視していることが多く、空気清浄機能は低め。空気清浄機能を重視したい方は、空気清浄機と扇風機を別で用意する方がおすすめです。

使い勝手

空気清浄機の選び方の重要ポイント 脱臭・除菌・送風機能

空気清浄機は毎日使うものなので、使い勝手の良さも確認しておきたいところです。

この部分は使用環境や使う人によって重要度が変わってくるので、購入前にどの機能が必要かしっかり考えておきましょう。

センサー

空気の状態を検知するセンサーが搭載されている空気清浄機なら、目に見えない空気の汚れを見える化することが可能。

空気の状態をディスプレイに表示してくれるだけでなく、自動で空気清浄のパワーや除加湿量を制御してくれるものもあります。

さらに、スマートフォンと連携して、アプリから空気の状態をチェックしたり外出先から操作をしたりできる便利な機種も徐々に増えてきています。

稼働音

寝室で空気清浄機を使う場合、稼働音も気にしておきたいところです。

最近の空気清浄機は、いずれもそれなりに静音性を意識して作られており、最小20dB前後~最大55dB前後となっています。

夜稼働する際は風量を最弱にしておけば、そこまで気になることはなさそうです。

お手入れのしやすさ

空気清浄機のお手入れは、フィルターのお掃除がメイン。プレフィルターは定期的に掃除機でホコリを吸い取ったり水洗いをしたりする必要があります。

このお手入れが面倒な方は、自動でプレフィルターを掃除してくれる自動掃除機能を搭載した空気清浄機もおすすめです。

また、集じんフィルターは機種によって交換時期が異なります。ランニングコストを抑えたい方は、数年以上使用可能な集じんフィルターを搭載した機種を選ぶといいでしょう。

吸気口の位置

空気清浄機内部に部屋の空気を取り込む吸気口の位置は、設置場所によっては重要になります。

空気清浄機を壁にくっつけて設置したい場合は、背面吸気だと効率的に空気を取り入れることが難しくなってしまいます。壁際ぴったりに置くなら、前面・側面吸気の機種がおすすめです。

空気清浄機はなるべく空気が循環しやすい出入口や広い場所に置く方が効果的。インテリアや生活動線との兼ね合いも考えたうえで、事前に設置場所を検討しておくと良いでしょう。

デザイン

常に目に見える場所に置いておく空気清浄機は、デザインが重要と感じる方も多いのではないでしょうか。

高機能でパワーが強い空気清浄機は本体サイズが大きくなりがち。パワーと大きさのバランスを考えて選びましょう。

また、海外メーカーの空気清浄機はデザイン性が高くスリムなものが多いので、デザイン重視の方におすすめです。

機能別 おすすめ空気清浄機12選

機能別 おすすめ空気清浄機12選

ここからは選び方のポイントを踏まえた、おすすめの空気清浄機を機能別にご紹介します。

人気のダイキン、シャープといった大手国内メーカーや、ダイソン、デロンギなど海外メーカーのおすすめ12機種がこちらです。

清浄特化型の単機能空気清浄機

  • ダイキン「MC55W」
  • パナソニック「F-PXT55」
  • バルミューダ「BALMUDA The Pure」
  • エレクトロラックス「Pure A9」

人気の加湿空気清浄機

  • ダイキン「MCK70W」
  • パナソニック「F-VXT90」

加湿&除湿もできる空気清浄機

  • ダイキン「うるるとさらら MCZ70W」
  • シャープ「KI-LD50」

自動掃除機能付きの加湿空気清浄機

  • 日立「クリエア EP-NVG110」
  • シャープ「KI-NP100」

涼風&温風で一台三役の空気清浄機

  • ダイソン「Pure Hot + Cool HP04」
  • デロンギ「HFX85W14C」

それぞれの空気清浄機機について、詳しくご紹介していきます。

※なお、おすすめ空気清浄機の比較一覧表が見たい!という方は、こちらの比較一覧表まとめからどうぞ。

【単機能】ダイキン「MC55W」

ダイキンの空気清浄機「MC55W」は、適用床面積~25畳と広めなのに高さ50cmのコンパクトなボディが魅力のモデルです。

10年間交換不要な静電HEPAフィルターに脱臭フィルター、アクティブプラズマイオン搭載で、空気清浄機は十分。

空気清浄・脱臭機能を重視したい方におすすめの定番空気清浄機です。

ダイキン MC55W
適用床面積 ~25畳
清浄時間目安 8畳 / 11分
HEPAフィルター ○(静電HEPA)
加湿 ×
最大加湿量 ×
除湿 ×
最大除湿量 ×
脱臭 ○(脱臭フィルター、ストリーマ、アクティブプラズマイオン)
イオン除菌 ○(アクティブプラズマイオン)
涼風 ×
温風 ×
センサー ○(ホコリ・ニオイ)
スマホ連携 ×
稼働音 19~53dB
フィルター自動掃除 ×
フィルター交換 約10年
吸気口位置 前面・側面
大きさ(幅×奥行×高さ) 270×270×500mm

ダイキンのストリーマ空気清浄機、おすすめをグレード別にご紹介! – Rentio PRESS[レンティオプレス]

【単機能】パナソニック「F-PXT55」

パナソニックの空気清浄機「F-PXT55」は、適用床面積~25畳で薄型のスリムボディが特長。前面吸気で壁にぴったりくっつけて設置も可能です。

10年交換不要のHEPAフィルター、脱臭フィルター、ナノイー搭載で空気清浄能力が高く、衣類脱臭、おやすみ自動運転など便利な機能も搭載している人気のモデルです。

パナソニック F-PXT55
適用床面積 ~25畳
清浄時間目安 8畳 / 11分
HEPAフィルター
加湿 ×
最大加湿量 ×
除湿 ×
最大除湿量 ×
脱臭 ○(脱臭フィルター、ナノイー)
イオン除菌 ○(ナノイー)
涼風 ×
温風 ×
センサー ○(ホコリ・ニオイ・照度)
スマホ連携 ×
稼働音 18~52dB
フィルター自動掃除 ×
フィルター交換 約10年
吸気口位置 前面
大きさ(幅×奥行×高さ) 300×195×580mm

【単機能】バルミューダ「BALMUDA The Pure」

BALMUDA The Pureは、デザイン性の高いタワー型の空気清浄機です。

下部に大きく開いた吸引口からパワフルに空気を吸込み、HEPAフィルターと脱臭フィルターで空気をすばやく清浄します。

清浄機能だけでなくデザインにもこだわりたい方におすすめの空気清浄機です。

バルミューダ The Pure
適用床面積 〜36畳
清浄時間目安 8畳 / 8分
HEPAフィルター
加湿 ×
最大加湿量 ×
除湿 ×
最大除湿量 ×
脱臭 ○(脱臭フィルター)
イオン除菌 ×
涼風 ×
温風 ×
センサー ○(ホコリ・ニオイ・照度)
スマホ連携 ×
稼働音 19~64dB
フィルター自動掃除 ×
フィルター交換 約1年
吸気口位置 前面・背面
大きさ(幅×奥行×高さ) 260×260×700mm

BALMUDAの空気清浄機「The Pure A01A」使用レビュー。デザインも性能も妥協したくない方におすすめ – Rentio PRESS[レンティオプレス]

【単機能】エレクトロラックス「Pure A9」

北欧のメーカーElectrolux(エレクトロラックス)の空気清浄機「Pure A9」は、おしゃれな北欧デザインが特徴。

360度全方向から空気を吸い込み、HEPAフィルターと脱臭フィルターですばやく空気を清浄します。

さらに、スマホ連携にも対応していて、空気の状態の確認やイオン発生のON/OFF操作などができます。

エレクトロラックス Pure A9
適用床面積 〜37畳
清浄時間目安 8畳 / 8分
HEPAフィルター
加湿 ×
最大加湿量 ×
除湿 ×
最大除湿量 ×
脱臭 ○(脱臭フィルター)
イオン除菌 ○(イオン)
涼風 ×
温風 ×
センサー ○(ホコリ・ニオイ・照度・温度・湿度)
スマホ連携
稼働音 17~48dB
フィルター自動掃除 ×
フィルター交換 約2年
吸気口位置 下部360度
大きさ(幅×奥行×高さ) 315×315×590mm

エレクトロラックスの空気清浄機「Pure A9」実機レビュー!北欧デザインでオシャレに花粉対策 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

【加湿】ダイキン「MCK70W」

ダイキンの加湿空気清浄機「MCK70W」は、高機能なTAFUフィルターとツインストリーマ搭載で、パワフルな清浄機能が長持ちする空気清浄機です。

650mL/時の加湿運転時も清浄能力が低下せず、水トレーと加湿フィルターはストリーマ除菌で衛生的に使い続けられます。

空気清浄・加湿能力も高くスマホ連携もできる人気のモデルです。

ダイキン MCK70W
適用床面積 ~31畳
清浄時間目安 8畳 / 9分
HEPAフィルター ○(TAFU)
加湿 ○(気化方式)
最大加湿量 650mL/時
除湿 ×
最大除湿量 ×
脱臭 ○(脱臭フィルター、ツインストリーマ、アクティブプラズマイオン)
イオン除菌 ○(アクティブプラズマイオン)
涼風 ×
温風 ×
センサー ○(ホコリ・ニオイ)
スマホ連携
稼働音 18~54dB
フィルター自動掃除 ×
フィルター交換 約10年
吸気口位置 前面・側面
大きさ(幅×奥行×高さ) 395×287×600mm

【加湿】パナソニック「F-VXT90」

パナソニックの加湿空気清浄機「F-VXT90」は、最大1時間に870mLという加湿量の多さが魅力です。

水トレーと加湿フィルターにはイオン除菌・防カビユニットを搭載しており、清潔に加湿できます。

静電HEPAフィルター・ナノイーXで空気清浄能力も高い、パワフルな加湿空気清浄機です。

パナソニック F-VXT90
適用床面積 ~40畳
清浄時間目安 8畳 / 7分
HEPAフィルター ○(静電HEPA)
加湿 ○(気化方式)
最大加湿量 870mL/時
除湿 ×
最大除湿量 ×
脱臭 ○(脱臭フィルター、ナノイーX)
イオン除菌 ○(ナノイーX)
涼風 ×
温風 ×
センサー ○(ホコリ・ニオイ・湿度・人感・照度)
スマホ連携
稼働音 18~55dB
フィルター自動掃除 ×
フィルター交換 約10年
吸気口位置 前面
大きさ(幅×奥行×高さ) 398×287×640mm

【加湿&除湿】ダイキン「うるるとさらら MCZ70W」

ダイキンの「うるるとさらら MCZ70W」は、加湿・除湿どちらも可能で、全自動で湿度をコントロールしてくれる空気清浄機です。

衣類乾燥・水de脱臭など、除湿機能を活用した便利な機能も搭載しています。もちろん、TAFUフィルターとツインストリーマで、空気清浄機能もパワフル。

除加湿・空気清浄・脱臭と、一年中活躍してくれる空気清浄機です。

ダイキン うるるとさらら MCZ70W
適用床面積 ~31畳
清浄時間目安 8畳 / 9分
HEPAフィルター ○(TAFU)
加湿 ○(気化方式)
最大加湿量 650mL/時
除湿 ○(コンプレッサー方式)
最大除湿量 9.0L/日
脱臭 ○(脱臭フィルター、ツインストリーマ、アクティブプラズマイオン、水de脱臭運転)
イオン除菌 ○アクティブプラズマイオン)
涼風 ×
温風 ×
センサー ○(ホコリ・ニオイ・温度・湿度)
スマホ連携
稼働音 18~54dB
フィルター自動掃除 ×
フィルター交換 約10年
吸気口位置 前面・側面
大きさ(幅×奥行×高さ) 415×360×690mm

【加湿&除湿】シャープ「KI-LD50」

シャープの「KI-LD50」は、加湿・除湿機能付きの空気清浄機の中ではコンパクトで低価格を実現している高コスパモデル。

高濃度のプラズマクラスター25000で、部屋干しの嫌なニオイ対策にも花粉や静電気対策にも活躍します。

コンパクトなぶん適用床面積は~19畳とやや狭めなので、寝室用の2台目空気清浄機として、部屋干しの衣類乾燥用として、スポットで活躍する空気清浄機です。

シャープ KI-LD50
適用床面積 ~19畳
清浄時間目安 8畳 / 15分
HEPAフィルター -(0.1~2.5µmを99%除去)
加湿 ○(気化方式)
最大加湿量 400mL/時
除湿 ○(コンプレッサー方式)
最大除湿量 5.6L/日
脱臭 ○(脱臭フィルター、プラズマクラスター25000)
イオン除菌 ○(プラズマクラスター25000)
涼風 ×
温風 ×
センサー ○(ニオイ・湿度・温度)
スマホ連携 ×
稼働音 23~54dB
フィルター自動掃除 ×
フィルター交換 約2年
吸気口位置 背面
大きさ(幅×奥行×高さ) 350×285×656mm

シャープのプラズマクラスター搭載加湿空気清浄機、おすすめをグレード別にご紹介! – Rentio PRESS[レンティオプレス]

【加湿&自動掃除】日立「クリエア EP-NVG110」

日立の加湿空気清浄機「クリエア EP-NVG110」は、自動でプレフィルターの掃除をしてくれる加湿空気清浄機。

プレフィルターのお手入れは、1年に1回程度でOK。集じんHEPAフィルターも10年間交換不要なので、お手入れの手間がかなり軽減されます。

空気清浄適用床面積は~48畳、加湿量は800mL/時と、清浄も加湿もパワフルな空気清浄機です。

日立 クリエア EP-NVG110
適用床面積 ~48畳
清浄時間目安 8畳 / 6分
HEPAフィルター
加湿 ○(気化方式)
最大加湿量 800mL/時
除湿 ×
最大除湿量 ×
脱臭 ○(脱臭フィルター)
イオン除菌 ×
冷風 ×
温風 ×
センサー ○(ホコリ・ニオイ・湿度・温度・振動)
スマホ連携 ×
稼働音 14~55dB
フィルター自動掃除
フィルター交換 約10年
吸気口位置 背面
大きさ(幅×奥行×高さ) 360×291×673mm

【加湿&自動掃除】シャープ「KI-NP100」

「KI-NP100」は、シャープの加湿空気清浄機の中で最高機能のプレミアムモデル。

自動掃除機能付きで、プレフィルターのお手入れは半年に一度でOK。10年間交換不要な静電HEPAフィルター・脱臭フィルターで、お手入れの手間を減らしてくれます。

適用床面積~46畳に高濃度のプラズマクラスターNEXTも搭載。930mL/時の加湿量は業界トップクラスです。パワーと使い勝手を両立したおすすめの加湿空気清浄機です。

シャープ KI-NP100
適用床面積 ~46畳
清浄時間目安 8畳 / 6分
HEPAフィルター ○(静電HEPA)
加湿 ○(気化方式)
最大加湿量 930mL/時
除湿 ×
最大除湿量 ×
脱臭 ○(脱臭フィルター、プラズマクラスターNEXT)
イオン除菌 ○(プラズマクラスターNEXT)
冷風 ×
温風 ×
センサー ○(ホコリ・ニオイ・人感・湿度・温度・照度)
スマホ連携
稼働音 21~54dB
フィルター自動掃除
フィルター交換 約10年
吸気口位置 背面
大きさ(幅×奥行×高さ) 427×371×738mm

【涼風&温風】ダイソン「Pure Hot + Cool HP04」

ダイソンの「Pure Hot + Cool HP04」は、空気清浄機能つきのタワーファン。どちらかというと扇風機としての機能がメインのモデルです。

安全な羽根がない扇風機で、涼風・温風どちらも対応しているので、一年中活躍します。

適用床面積~9畳と空気清浄機能は弱めですが、HEPAフィルターに活性炭フィルター、空気清浄機能単体で使えるディフューズドモードも搭載しています。

スマホで空気の状態を確認することもできて便利に使える、一台三役の空気清浄機です。

ダイソン Pure Hot + Cool HP04
適用床面積 ~9畳
清浄時間目安 8畳 / 27分
HEPAフィルター ○(360˚グラスHEPA)
加湿 ×
最大加湿量 ×
除湿 ×
最大除湿量 ×
脱臭 ○(活性炭フィルター)
イオン除菌 ×
涼風
温風
センサー ○(ホコリ・ニオイ・温度)
スマホ連携
稼働音
フィルター自動掃除 ×
フィルター交換 約1年
吸気口位置 下部360度
大きさ(幅×奥行×高さ) 248×248×764mm

[最新]ダイソン扇風機 全12機種を一覧表で比較!Pure/Cool/Hot/Link等選び方とおすすめを紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

【涼風&温風】デロンギ「HFX85W14C」

デロンギの「HFX85W14C」は、包み込むようなやわらかい風が特徴の空気清浄機能つきタワーファン

上下左右に広がる風で、夏は身体を冷やしすぎず、冬は穏やかな暖かさで快適に過ごせます。

こちらも適用床面積~10畳と弱めなので、扇風機能メインに考えていて、ついでに空気もキレイにしたい方におすすめです。

デロンギ HFX85W14C
適用床面積 ~10畳
清浄時間目安 10畳 / 30分
HEPAフィルター -(PM2.5を99%除去)
加湿 ×
最大加湿量 ×
除湿 ×
最大除湿量 ×
脱臭 ×
イオン除菌 ×
涼風
温風
センサー ×
スマホ連携 ×
稼働音 19.5〜49dB
フィルター自動掃除 ×
フィルター交換 約9か月
吸気口位置 上部360度
大きさ(幅×奥行×高さ) 270×270×850mm

1台3役のデロンギ空気清浄機能付きファンを徹底解説!口コミを分析し気になるデメリットを検証 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

おすすめ空気清浄機 比較一覧表まとめ

最後に、ここまでご紹介したおすすめ空気清浄機12種の機能を、一覧表にまとめました

機能を比較して選びたい方は、こちらを参考にしてみてください。

ダイキン MC55W パナソニック F-PXT55 バルミューダ The Pure エレクトロラックス Pure A9 ダイキン MCK70W パナソニック F-VXT90 ダイキン うるるとさらら MCZ70W シャープ KI-LD50 日立 クリエア EP-NVG110 シャープ KI-NP100 ダイソン Pure Hot + Cool HP04 デロンギ HFX85W14C
空気清浄 適用床面積 ~25畳 ~25畳 〜36畳 〜37畳 ~31畳 ~40畳 ~31畳 ~19畳 ~48畳 ~46畳 ~9畳 ~10畳 適用床面積
清浄時間目安 8畳 / 11分 8畳 / 11分 8畳 / 8分 8畳 / 8分 8畳 / 9分 8畳 / 7分 8畳 / 9分 8畳 / 15分 8畳 / 6分 8畳 / 6分 8畳 / 27分 10畳 / 30分 清浄時間目安
HEPAフィルター ○(静電HEPA) ○(TAFU) ○(静電HEPA) ○(TAFU) -(0.1~2.5µmを99%除去) ○(静電HEPA) ○(360˚グラスHEPA) -(PM2.5を99%除去) HEPAフィルター
加湿・除湿 加湿 × × × × ○(気化方式) ○(気化方式) ○(気化方式) ○(気化方式) ○(気化方式) ○(気化方式) × × 加湿
最大加湿量 × × × × 650mL/時 870mL/時 650mL/時 400mL/時 800mL/時 930mL/時 × × 最大加湿量
除湿 × × × × × × ○(コンプレッサー方式) ○(コンプレッサー方式) × × × × 除湿
最大除湿量 × × × × × × 9.0L/日 5.6L/日 × × × × 最大除湿量
脱臭・除菌・送風 脱臭 ○(脱臭フィルター、ストリーマ、アクティブプラズマイオン) ○(脱臭フィルター、ナノイー) ○(脱臭フィルター) ○(脱臭フィルター) ○(脱臭フィルター、ツインストリーマ、アクティブプラズマイオン) ○(脱臭フィルター、ナノイーX) ○(脱臭フィルター、ツインストリーマ、アクティブプラズマイオン、水de脱臭運転) ○(脱臭フィルター、プラズマクラスター25000) ○(脱臭フィルター) ○(脱臭フィルター、プラズマクラスターNEXT) ○(活性炭フィルター) × 脱臭
イオン除菌 ○(アクティブプラズマイオン) ○(ナノイー) × ○(イオン) ○(アクティブプラズマイオン) ○(ナノイーX) ○(アクティブプラズマイオン) ○(プラズマクラスター25000) × ○(プラズマクラスターNEXT) × × イオン除菌
涼風 × × × × × × × × × × 涼風
温風 × × × × × × × × × × 温風
ダイキン MC55W パナソニック F-PXS55 バルミューダ The Pure エレクトロラックス Pure A9 ダイキン MCK70W パナソニック F-VXS90 ダイキン うるるとさらら MCZ70W シャープ KI-LD50 日立 クリエア EP-NVG110 シャープ KI-LP100 ダイソン Pure Hot + Cool HP04 デロンギ HFX85W14C
使い勝手 センサー ○(ホコリ・ニオイ) ○(ホコリ・ニオイ・照度) ○(ホコリ・ニオイ・照度) ○(ホコリ・ニオイ・照度・温度・湿度) ○(ホコリ・ニオイ) ○(ホコリ・ニオイ・湿度・人感・照度) ○(ホコリ・ニオイ・温度・湿度) ○(ニオイ・湿度・温度) ○(ホコリ・ニオイ・湿度・温度・振動) ○(ホコリ・ニオイ・人感・湿度・温度・照度) ○(ホコリ・ニオイ・温度) × センサー
スマホ連携 × × × × × × スマホ連携
稼働音 19~53dB 18~52dB 19~64dB 17~48dB 18~54dB 18~55dB 18~54dB 23~54dB 14~55dB 21~54dB 19.5〜49dB 稼働音
フィルター自動掃除 × × × × × × × × × × フィルター自動掃除
フィルター交換 約10年 約10年 約1年 約2年 約10年 約10年 約10年 約2年 約10年 約10年 約1年 約9か月 フィルター交換
吸気口位置 前面・側面 前面 前面・背面 下部360度 前面・側面 前面 前面・側面 背面 背面 背面 下部360度 上部360度 吸気口位置
大きさ(幅×奥行×高さmm) 270×270×500 300×195×580 260×260×700 315×315×590 395×287×600 398×287×640 415×360×690 350×285×656 360×291×673 427×371×738 248×248×764 270×270×850 大きさ(幅×奥行×高さmm)
価格 Amazon税込価格 45,790円 40,000円 54,900円 49,450円 96,000円 148,000円 56,800円 134,266円 65,480円 31,500円 Amazon税込価格
ダイキン MC55W パナソニック F-PXT55 バルミューダ The Pure エレクトロラックス Pure A9 ダイキン MCK70W パナソニック F-VXT90 ダイキン うるるとさらら MCZ70W シャープ KI-LD50 日立 クリエア EP-NVG110 シャープ KI-NP100 ダイソン Pure Hot + Cool HP04 デロンギ HFX85W14C

(※2020/10/2時点の価格です)

空気清浄機はレンタルで試せる

空気清浄機はレンタルで試せる

自分のお家に合った空気清浄機がわからない…」という方には、レンタルでお試しする方法もおすすめです。

家電レンタルサービスのRentioでは、空気清浄機各種をお得にレンタルできます。

レンタルできる空気清浄機の種類や価格などプランの詳細については、こちらからチェックしてみてください。

[レンタル] 空気清浄機 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連記事

[最新]ダイソン扇風機 全12機種を一覧表で比較!Pure/Cool/Hot/Link等選び方とおすすめを紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]
シャープのプラズマクラスター搭載加湿空気清浄機、おすすめをグレード別にご紹介! – Rentio PRESS[レンティオプレス]
ダイキンのストリーマ空気清浄機、おすすめをグレード別にご紹介! – Rentio PRESS[レンティオプレス]
[最新] 除湿機の種類と選び方を解説!高コスパなおすすめ12機種の機能と価格を一覧表で比較 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事空気清浄機・空調機器カテゴリのランキング

ピックアップ記事