RentioPress

大人の高級チェキ“instax mini90 ネオクラシック”を徹底レビュー!他機種との違いは?

公開日 最終更新日
大人の高級チェキ“instax mini90 ネオクラシック”を徹底レビュー!他機種との違いは?

結婚式やイベントなどで人気のチェキ。最近では、チェキを日常的に楽しむ方も増えています。

定番チェキinstax miniシリーズの中でも、最上位モデルが「instax mini 90 ネオクラシック」です。

「マクロ」や「遠景」「二重露光」「バルブ撮影」など様々な特殊撮影モードが使えるinstax mini 90の機能や他機種との違いを徹底解説します!
 

チェキの基礎知識と全機種の比較はこちらでチェック

チェキinstaxとは?種類や意味などチェキの基本を初心者向けに解説 – RentioPress

[2019最新]おすすめチェキシリーズ全機種をまとめて比較!コスパ最強で人気のチェキはどれ? – RentioPress

miniシリーズ最上位モデル「チェキ instax mini90 ネオクラシック」とは?

チェキ instax mini90は、通常サイズのチェキフィルムで撮影できるチェキカメラです。

スタンダードなチェキminiシリーズの中では、最上位モデルに位置するmini90。
クラシックで上質なデザインと、多彩な撮影機能が特徴です。

初心者の方は「オートモード」で。もっと使いこなしたい方は「二重露光モード」や「バルブ撮影モード」を使いこなして。大人がハマる魅力的なチェキなんです。

今回は、チェキ instax mini90の特徴と魅力について詳しく解説していきます!

※チェキフィルムについて、詳しくはこちらの記事でまとめています。
[チェキフィルム]サイズは3種類!対応機種,価格相場,安い中古の注意点とは? – RentioPress

「チェキ instax mini90 ネオクラシック」の特長と魅力

クラシックで上質なデザイン

チェキ instax mini90 クラシックで上質なデザイン

mini90は、いい意味で“チェキらしくない”デザインです。

従来のポップでカラフルなイメージから一転、黒と茶色の大人っぽい色合い。
見た目はまるでクラシックなフィルムカメラのようです。

首や肩から掛けられるショルダーストラップも付属しており、一眼レフカメラのように首から下げて持ち歩いてもおしゃれですよね。

多彩な撮影機能で上級者も大満足

チェキ instax mini90 多彩な撮影機能で上級者も大満足

「instax mini90」には多彩な撮影機能が搭載されていることが特徴的。

初心者の方にも簡単に撮影できる「オートモード」や、よりアートな写真を撮れる「二重露光モード」まで様々。

上級者の方は、これらを使いこなすことで、さらにチェキで撮影できる写真の幅が広がりますよ。

オートモード(標準)

チェキ初心者さんにおすすめの設定がこの「オートモード」。

チェキが自動で周囲の明るさを感知し、シャッタースピードやフラッシュ光量などを調整してくれるので、初心者でも簡単に写真が撮影できます。

暗い室内でも晴天の屋外でも、明るくきれいにチェキを撮影できておすすめです。

マクロモード

チェキ instax mini90 多彩な撮影機能 マクロモード

料理や花など、なるべく近づいて撮りたい場合には、この「マクロモード」がおすすめ。

チェキの最適撮影距離は通常60㎝。あまり被写体に近づくとピンボケしてしまうのですが、マクロモードを使えば最短30cmまでの近距離撮影が可能です。

遠景モード

チェキ instax mini90 多彩な撮影機能 遠景モード

被写体までの距離が2m以上離れている場合、こちらの「遠景モード」がおすすめ。

風景や遠く離れた建物でも、画面全体をくっきりとシャープに写せます。

パーティーモード

チェキ instax mini90 多彩な撮影機能 パーティーモード

比較的暗い室内で、背景まできれいにうつしたい場合に活躍するのが、こちらの「パーティーモード」。
遅めのシャッタースピードで、被写体と背景両方を明るくきれいにうつします

このモードを使うときは手ブレをしないよう、カメラをしっかり持って撮影することが重要です。

キッズモード

チェキ instax mini90 多彩な撮影機能 キッズモード

動く被写体をきれいに撮影できるのが、「キッズモード」

速めのシャッタースピードで、子どもだけでなく、動物やスポーツ中の写真を撮影したい場合に活躍します。

二重露光モード

チェキ instax mini90 多彩な撮影機能 二重露光モード

チェキでより個性的な写真を撮影したいなら、「二重露光モード」がおすすめ。

二重露光モードでは、2回シャッターを押すと1枚のフィルムに2つの画像を重ねて印刷することができます。
1枚目の影の部分に2枚目の写真が浮かび上がりやすいので、1枚目の撮影時はあえて暗めに撮ることを意識するのがおすすめです。

通常では撮影できないような面白い写真や芸術的な写真が撮影できるので、mini90を入手したらぜひ一度トライしてみましょう。想像力次第でいろんな写真が撮影できますよ。

バルブ撮影モード

チェキ instax mini90 多彩な撮影機能 バルブ撮影モード

夜景や花火などの撮影におすすめなのが、バルブ撮影モード。

シャッターボタンを長押ししている間は、シャッターが開放して写真が記録され続けるので、光の軌道を1枚の写真に撮影することが可能です。

シャッタースピードは最長10秒まで調整できるのですが、手ブレしやすいので、三脚を使うかどこかにカメラを置いて撮影するといいでしょう。

濃淡調整機能

チェキ instax mini90 多彩な撮影機能 濃淡調整機能

画面を明暗を自分で調整したい場合に便利な「濃淡調整」は、4段階で可能

明るい「L」、より明るい「L+」、暗めの「D」を選ぶことができます。

写真のうつりを明るめ~暗めに調整できるので、同じ被写体でも雰囲気を少し変えて撮影することができます。

セルフタイマー

イベントなどで集合写真を撮りたいときにも便利なセルフタイマー機能もついています。

設定できる時間は10秒のみですが、撮影枚数が1枚または2枚から選べます。

高機能フラッシュ搭載。フラッシュオフも可能

mini90は高機能なフラッシュを搭載しています。フラッシュオフと赤目軽減フラッシュも可能です。

通常のチェキではフラッシュは強制発光または自動発光になってしまうので、フラッシュオフは地味に嬉しい機能ですよね。

生き物を撮影するときや、フラッシュ禁止の撮影場所、マクロ撮影の際にも便利です。

チェキのフラッシュは消せる?歴代機種別フラッシュオフ機能まとめ – RentioPress

リチウムイオン電池採用で充電可能!

miniシリーズの他機種では、充電できない電池を使用するため、別途電池を購入する必要があります。

ですが、mini90の電源は、充電可能なリチウムイオン電池なので、電池を用意しなくてもいいんです。

デジカメのように電池を充電して何度も使えるのは嬉しいですよね。

日常的にチェキを撮影する方には、電池代がかからないmini90はおすすめの機種です。

[機種別]チェキinstaxの対応電池まとめ!単三・CR2など種類や充電可否を解説 – RentioPress

「チェキ instax mini90 ネオクラシック」の商品詳細

チェキ instax mini90 付属品

機種名instax mini90
レンズ沈胴式フジノンレンズ2群2枚 f=60mm 1:12.7 電動式
ファインダー実像式ファインダー0.37倍 ターゲットマーク付き 接写モード用視差補正機能付き
撮影範囲電動3点切り替え(接写モード0.3m~0.6m/標準モード0.6m~3.0m/遠景モード3.0m~∞)
シャッタープログラム式電子シャッター 1.8~1/400秒
2シャッターボタン(縦位置/横位置)
接写モード 自動固定絞り F22
バルブモード 開放時間 最大10秒
露光調節自動調整 連動範囲 LV5.0~15.5(ISO 800)
濃淡コントロール ±2/3EV、+1EV
フラッシュ低輝度自動発光(輝度補正機能付き)/強制発光モード(輝度補正機能付き)/発光禁止モード/赤目軽減モード
液晶表示フィルムカウンター(残数表示式)/撮影モード/フラッシュ制御モード/濃淡コントロール/セルフタイマーモード(1枚/2枚連写)
電源リチウムイオン電池 NP-45AまたはNP-45S/撮影可能パック数 約10パック(当社試験条件による)
同梱品ショルダーストラップ、保証書、撮影ガイド、充電式バッテリーNP-45AまたはNP-45S(リチウムイオンタイプ)、バッテリーチャージャーBC-45C
本体外形寸法113mm×92mm×57mm
本体質量296g(バッテリー、ショルダーストラップ、三角カン、フィルム別)
公式通販価格(税込)20,366円

同miniシリーズinstax mini70との違いは?

miniシリーズの中で、最上位モデルmini90よりも機能が少し減った、上位モデルのmini70

2機種で迷っている方も多いと思いますが、どちらがおすすめなのでしょうか?違いを簡単にまとめました。

  • 外観やカラーの違い
  • mini90は特殊撮影モードや濃淡調整が充実
  • mini70は自撮り向きの機能が充実
  • mini90はフラッシュオフが可能
  • mini90は充電可能・mini70は充電不可
  • 価格はmini90の方が高額

mini90は、撮影機能やフラッシュ機能を向上させた、よりアートな写真を楽しめるチェキです。
一方のmini70は、カラーバリエーションが豊富で自撮り機能を充実させた、みんなで楽しむチェキといったイメージです。

特殊な撮影機能が不要であればmini70でも十分に楽しめると思うので、どんな写真を撮りたいか?に合わせて選ぶのがおすすめですよ。

mini90とmini70との違いについて、もっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
大人チェキ instax mini90とmini70の違いを比較!おすすめはどっち? – RentioPress

まとめ

高度な撮影機能がついて、チェキの楽しみ方が広がる「チェキ instax mini90 ネオクラシック」
チェキでおしゃれな写真をたくさん撮りたい方は、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか?

「試しに使ってみたい!」という方には、レンタルもおすすめです。

チェキレンタルのRentioなら、チェキ instax mini90が3泊4日〜送料無料でレンタルできます。フィルムも同時購入で、すぐに使える状態で手元に届くんです。

レンタルの方法や価格について、詳しくはこちらからチェックしてみてください!

[レンタル] FUJIFILM チェキ instax mini 90 ネオクラシック – Rentio[レンティオ]
[レンタル] FUJIFILM チェキ instax mini70 ホワイト- Rentio[レンティオ]
[レンタル] チェキ・インスタントカメラ 一覧 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事 チェキカテゴリのランキング

ピックアップ記事