アテックスのハンドマッサージャー2種類使って比較!ルルドvsトール 選ぶなら?

uiro
uiro

公開日2021/05/18

アテックスのハンドマッサージャー2種類使って比較!ルルドvsトール 選ぶなら?

公開日

日常生活・お仕事で多用する「手」。
ついつい疎かにしがちですが、疲れが溜まる部分でもあります。

そんな手をマッサージでケアしてみてはいかがでしょうか。

今回は、アテックスから発売されているハンドマッサージャー「ルルド ハンドケア コードレス AX-HXL280」「トール ハンドケア リュクス AX-HXT214」の2種を比較!

実際試して、違いや使用感、効果を体験してみました。

 

アテックス ハンドマッサージャー「ルルド」「トール」の違いは?

手を入れるだけで自動でマッサージしてくれるハンドマッサージャー

アテックスからは「ルルド」「トール」という2種類のハンドマッサージャーが発売されていますが、それぞれの機種にはどのような違いがあるのでしょうか?


「ルルド ハンドケア コードレス AX-HXL280」は2018年10月発売


「トール ハンドケア リュクス AX-HXT214」は2020年6月発売の新しい機種となっています。

スペックを一覧で比較

モデル名 ルルド ハンドケア コードレス AX-HXL280 トール ハンドケア リュクス AX-HXT214
サイズ(約) W170×L185×H100mm W165×L220×H130mm
本体重量 約800g 約1.6kg
電気定格 AC100V 50/60Hz AC100V 50/60Hz
定格消費電力 10W(ヒーター4W) 20W(ヒーター5W)
ヒーター最高温度 約45℃ 約45℃
タイマー 約10分自動OFF 約10分自動OFF
電源コード長さ 約2m(コードレス使用可) 約1.8m
充電時間/連続使用時間 約4時間/約1時間 充電機能なし
防水機能 無し 無し
付属品 説明書・ACアダプター 説明書・ACアダプター
公式販売価格 16,500円(税込) 19,800円(税込)

(※2021/05/18時点の価格)

両商品とも共通で、手をあたためながらマッサージする「ヒーター」機能、10分後に自動で電源が切れる「タイマー」機能が付いています。

スペック上での大きな違いとしては、サイズコードレス使用ができるかどうか、あとは価格となります。

それでは、実際に2機種を使って使用感や効果の違いを体験してみたいと思います。

「ルルド ハンドケア コードレス AX-HXL280」を使用

こちらが2018年発売の、「ルルド ハンドケア コードレス AX-HXL280」

思ったよりも軽くて、見た目が可愛いのが第一印象でした。
女性のお部屋に馴染みの良さそうな色味であることも「ルルド ハンドケア」シリーズの特徴です。

付属品は、説明書・ACアダプターのみとかなりシンプルです。

スペックと操作性

「ルルド ハンドケア コードレス AX-HXL280」は、フル充電で約1時間のコードレス使用が可能です!

(※フル充電には約4時間かかります。赤色の点滅が、赤色の点灯に変われば充電完了の合図です。)

コードレスなので写真のように、お部屋内でのあらゆるシーンで使用が可能ですし、持ち歩けるサイズ感なのが良いですね♪

マッサージパターンはこちらの2種類。

  1. 指の1本1本を伸ばして引っ張り、押し込む「指先コース」
  2. 手のひら全体を包む込み、指圧を行う「全体コース」

その時マッサージしたいポイントでコース選択が出来るのは快適ですね。

操作もカンタンです。

  • マッサージ調整ボタン弱(点灯無し)・中(弱めの点灯)・強(明るく点灯)の3段階調整
  • ヒーターボタンヒーター機能ON/OFF
  • 電源ボタン電源のON/OFF、マッサージのコース選択(「指先コース」は青色/「全体コース」は緑色)

実際の使用感

手を入れてみるとこんな感じ。
全ての指が入るのでは無く、親指は外に出てしまう設計となっています。

中は狭く、手の大きい人が使用すると、スタートする前から窮屈に感じるかもしれません。

スタート時は「弱」で稼働する仕組みです。
実は筆者、EMSやマッサージが苦手ですぐに痛みを感じてしまいすぐやめてしまうのですが、「弱」はちょうど良かったです!
ただ「効いてる」という感じはしないので、これでは物足りない人も多そう。

家族にバトンタッチし、「中」~「強」で試してもらったところ、指がぎゅーっと伸縮される感覚が気持ち良いと大好評!

アテックス ハンドマッサージャー「AX-HXL280」「AX-HXT214」を比較!選ぶなら?

ただ、親指をマッサージするには画像のように向きを変える必要があり、両手のマッサージを終えるのに4工程必要なのがややネックと言えます。

「トール ハンドケア リュクス AX-HXT214」を使用

こちらは2020年発売の、「トール ハンドケア リュクス AX-HXT214」

「トール」シリーズは、シックで重厚感のある大人な見た目が印象的。
ですが、「ルルド AX-HXL280」と違って、結構重い!片手で持つにはちょっと億劫なサイズ感です。

付属品は説明書・ACアダプターと、「AX-HXL280」と同じです。

スペックと操作性

「トール ハンドケア リュクス AX-HXT214」はコード式。使用時には電源につないでおく必要があります。

コードの長さは1.8mあるのでそれなりの距離で使用は可能です。

21層のエアバッグ」を搭載しており、上質なマッサージが出来るとのこと。

トール ハンドケアは全ての指だけでなく、手首まで全体を入れることが可能です!

指だけでなく、手のひらのマッサージもフォーカスしており、手のひらが当たる部分に「もみ玉」が内蔵されています。
まるで人の指圧を受けているようなもみ心地を体験できる仕組みとなっています。

またマッサージパターンはこちらの2種類となっています。

  1. エアバッグが大きくゆっくり圧迫と収縮をくり返し、血行を促進する「スタンダードコース」
  2. エアバッグが細かく動き、こりをほぐす「リズミカルコース」

操作方法は以下になります。
電源ボタン電源のON/OFF、マッサージのコース選択
もみ玉回転ボタンもみ玉動作ON/OFF
マッサージ調整ボタン弱(青色)・強(白色)の2段階調整
ヒーターボタンヒーター機能ON/OFF
停止ボタン

操作も「AX-HXL280」とほぼ同じです。
もみ玉機能をON/OFF出来るので、コリ具合に合わせて調整が可能です。

実際の使用感

手を入れてみると手首までしっかりとセットが出来ました。
入れ心地も「AX-HXL280」ほど窮屈な感じはしません。

マッサージの強さは2段階ですが、「弱」でも結構強い…!
「強」にするとうっ血しちゃうんじゃないかと不安になるほどの締め付け。

内蔵されている「もみ玉」が手のひらをゴリゴリとピンポイントでもみほぐしてくれるので、かなり効果を感じました

アテックス ハンドマッサージャー「AX-HXL280」「AX-HXT214」を比較!選ぶなら?
アテックス ハンドマッサージャー「AX-HXL280」「AX-HXT214」を比較!選ぶなら?

「AX-HXT214」にはスタンドが付いているので、ゆるやかに傾斜をつけられて手・腕との体勢の調整も可能です。

アテックス ハンドマッサージャー「ルルド」「トール」選ぶならどっち?

アテックス ハンドマッサージャーを実際に使用してみて、

  • 部屋の色々なシーンで使用したい
  • なるべくコンパクトに収納したい
  • マッサージの強弱にこだわりたい

という方には、「アテックス ルルド ハンドケア コードレス AX-HXL280」

  • 全部の指をいっぺんにケアしたい
  • 手のひらも重点的にマッサージしたい

という方には、「アテックス トール ハンドケア リュクス AX-HXT214」がおすすめです!

どちらも使用後は手がふわーっと軽くなったような感覚があり、定期的に使えば効果をより実感できるかと思います!

まずはレンタルでハンドマッサージャーをお試し

家電レンタルのレンティオではアテックス ハンドマッサージャーを14泊15日~レンタルして試すことができます♪

購入前にレンタルで使用感をお試しください。
その他、マッサージ機器も取り揃えています。ぜひご検討ください。

[レンタル] アテックス ルルドハンドケア コードレス AX-HXL280 ベージュゴールド – Rentio[レンティオ]
[レンタル] アテックス トール ハンドケア リュクス AX-HXT214 グレー ハンドマッサージャー – Rentio[レンティオ]
[レンタル] マッサージ器・電気治療器 一覧 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事健康・ヘルスケア家電カテゴリのランキング

ピックアップ記事