複数台のGoProを同時に遠隔操作。GoProスマートリモートの使い方

Rentio公式
Rentio公式

更新日2018/09/15

複数台のGoProを同時に遠隔操作。GoProスマートリモートの使い方

更新日

今回ご紹介するのは、GoPro純正のリモコンである「GoProスマートリモート」です。早速、実際の製品を見てゆきましょう。

スマートリモートでできること

GoPro スマートリモート パッケージ

スマートリモートは見ての通りのリモコンです。GoProを遠隔操作できるのは想像に難くないかと思いますが、このリモコンの強みは複数台のGoProを同時に操作できる点にあります。

複数台同時操作をする場面ですが、例えばこんな機材。

GoPro Omni

360度同時撮影できる専用のリグです。

今回の記事ではこのリグについては触れませんが、例えばこんなカメラで撮影する場合、一台一台シャッターボタンを押すのは面倒ですよね?そんな場合にこのスマートリモートがあれば一度の操作で複数台のGoProの撮影モードの切り替え、撮影の開始、停止ができてしまいます。

このリグはちょっと極端な例ですが、リモコンはバンド付きで手首につけることなども可能です。GoPro本体を手の届きにくい位置に設置した場合などにもこのリモコンは活躍してくれますよ。それでは早速使い方を見てゆきましょう。

スマートリモートの使い方

ここからは具体的なスマートリモートの接続方法、使い方について見てゆきます。今回はHERO4 シルバーエディションを使っての操作です。

1.GoProとペアリングする

最初にGoPro本体とスマートリモートを接続しましょう。数回のボタン操作で接続できます。

GoPro本体をペアリングモードにする

以下の手順でGoPro本体をペアリングモードにします。

  • モード切り替えボタンを数回押してSETUPを選択
  • WIRELESSを選択
  • ペアリングの設定画面を選択。画面上での表記は「PAIR」
  • 「Wi-fi RC」を選択

GoProペアリングモード

液晶画面にも「PAIRING」と表示されていますね。この状態のまま次の操作に移ります。

リモコン側もペアリングモードにする

リモコン側のペアリングモードは簡単です。リモコンの電源を入れて、設定ボタンを長押しします。

スマートリモート ペアリングモード

接続が完了

GoPro本体とスマートリモートが同時にペアリングモードに入ると、自動で両者が検知してペアリングが完了します。

GoPro スマートリモート 同期完了

GoProの画面にも「SUCCESS」と表示されていますね。

2.操作

ペアリングが正常にできていると、リモコンにある液晶とGoProにある液晶は完全に同期します。

GoPro スマートリモート 起動準備完了

またリモコンにあるボタンもGoPro本体にあるボタンと同じ配置、機能になっていますので本体を操作する感覚でリモコンから操作ができるようになります。撮影の開始/停止だけでなく、設定の変更、電源のON/OFFまでリモコンから操作できますよ。

なおスマートリモートをペアリングしたからといってGoPro本体にあるボタンが使えなくなるといったことはなく、リモコン、本体、どちらからでも操作できるようなイメージです。

3.電源のON/OFF

GoPro本体の電源を切っていもWi-fiがON(待機状態)ならリモコンから起動することが可能です。

こちらもGoPro本体の操作と同じく「モード切り替えボタン」の長押しで電源ON/OFFできます。

4.カメラの追加

ここまでで1台のGoProカメラの操作は完了です。ここからは2台目以降のカメラの接続を試していきましょう。最初に書いた通り、スマートリモートは複数台(最大50台)のGoProの操作が可能です。

カメラの追加も難しくはありません。1台目のペアリングと同様、GoPro本体をペアリングモードにし、リモコンの右下のボタンを長押ししてペアリングモードにします。あとは自動でお互いを認識してペアリングを完了してくれます。

GoPro スマートリモート 2台同時ペアリング

この状態になれば、2台のGoProをリモコンから同時操作が可能となります。

5.ペアリングの解除

ペアリングの解除はGoPro本体から行います。

  • モード切り替えボタンを数回押してSETUPを選択
  • 「RESET CAM」を選択
  • 「RESET Wi-fi」を選択
  • 確認画面が表示されるので「RESET」を選択

GoPro本体から操作を行うとリモコン側でもペアリングが自動で解除されます。

6.充電方法

スマートリモコンは、リモコンにありがちなボタン電池式でなく、充電式となっています。充電方法は一般的なUSB給電です。ケーブルの接続方法をご説明します。

チェーンなどを接続できる銀色のアタッチメントの部分、ここが抜けて空いたところにケーブルを差し込める形状となっています。抜き方は簡単。ツマミを下げながらアタッチメントを引き抜きます。

GoPro スマートリモート アタッチメントの抜き方

空いた場所にケーブルを差し込みます。あとはUSB端子を充電口に差し込むだけです。1時間程度で充電が完了します。

GoPro スマートリモート 充電時のスタイル

最後に

以上となります。

複数台のGoProの同時操作や、手の届きにくい位置にGoPro本体がある場合に活躍するスマートリモート。うまく活用すれば撮影の幅が広がること間違いなしです。

さて、RentioではGoProやスマートリモートをはじめ、最新のカメラや家電製品を3泊から貸出しています。短期間だけ必要な製品、購入前に試してみたい製品などあれば是非レンタルすることも検討してみてくださいね。

[レンタル] GoPro (ゴープロ) – Rentio [レンティオ]

よく読まれている記事GoProカテゴリのランキング

ピックアップ記事