Ankerの大容量10000mAhモバイルバッテリー 11種類を一覧表で比較【2020年最新版】

まーしー
まーしー

更新日2020/08/25

Ankerの大容量10000mAhモバイルバッテリー 11種類を一覧表で比較【2020年最新版】

更新日

モバイルバッテリーの中で圧倒的な人気を誇るAnker(アンカー)は種類や数が多いため、Ankerのおすすめモバイルバッテリーを参考にし、バッテリー容量から絞り込む方も少なくないと思います。

特に、スマホだけでなくタブレットやニンテンドースイッチなどのゲーム機向けのモバイルバッテリーを探している方なら大容量モデルで比較検討を考えていることでしょう。

そこで、この記事ではAnkerモバイルバッテリー大容量モデル(10,000mAh〜)の選び方と機種比較を行いましたので参考にしてください。

Anker(アンカー)モバイルバッテリーの特徴は次の記事でもご確認ください。

Ankerのモバイルバッテリー全28種を一覧表で比較!選び方と容量別おすすめを解説します – Rentio PRESS[レンティオプレス]

Anker(アンカー)のモバイルバッテリー大容量タイプ10,000mAh〜の特徴

Ankerモバイルバッテリーの10,000mAh大容量サイズの種類

Anker(アンカー)のモバイルバッテリーには「コンパクト(3000mAh〜)」「大容量(10000mAh〜)」「超大容量(20000mAh〜)」の3つのタイプがありますが、「大容量(10000mAh〜)」には以下のような特徴があります。

総じて言えばバランスが最も良いモバイルバッテリーと言えるでしょう。

  • コンパクトで十分な大容量
  • 機能が豊富で自分に合ったものを選べる
  • コスパが良い

コンパクトで十分な大容量

Ankerモバイルバッテリー大容量モデル(10,000mAh〜)はコンパクトで十分な大容量

「大容量(10000mAh〜)」のモバイルバッテリーは、スマホ2~3回程度充電できる大容量モデルでありながら200g程度の重さとコンパクトさに魅力があります。

「iPhone 11」や「Galaxy S10」なら約2回、「iPad mini」なら約1回の充電が可能なので、頻繫にスマホが充電切れする方やタブレットやゲーム機などの充電にもおすすめです。

機能が豊富で自分に合ったものを選べる

Ankerモバイルバッテリーの10,000mAh大容量サイズの高機能性

Ankerの大容量(10000mAh〜)モバイルバッテリーは、お持ちの端末機器と期待する機能によって選べる種類が豊富なことも魅力の1つです。

独自規格の急速充電機能「PowerIQ」や、USB Type-Cに対応した急速充電規格である「USB PD(Power Delivery)」に対応したモデルも複数ありますので、充電したい端末機器によって選ぶことができます。

例えばUSB PD対応の最大18Wで充電できるモバイルバッテリーなら「iPhone11」もわずか約30分で最大50%の充電が可能です。

コスパが良い

Ankerモバイルバッテリー大容量モデル(10,000mAh〜)はコスパが良い

Ankerの10000mAh〜クラスの大容量モバイルバッテリーは、「コンパクト(3000mAh〜)」や「超大容量(20000mAh〜)」と比べて、コスパが良いことも特徴の1つです。

必要なスペック、必要な機能で選んでも予算を大幅に超えることがないラインナップが揃っておりますので、適度な重さ/サイズで十分なバッテリー容量を低価格で手に入れることができます。

バッテリー容量 公式現行価格帯(※2020/7/13時点)
コンパクト(3000mAh〜) 1,799円〜3,690円(税込)
大容量(10000mAh〜) 2,799円〜4,299円(税込)
超大容量(20000mAh〜) 3,999円〜10,999円(税込)

Anker(アンカー)のモバイルバッテリー大容量タイプ10,000mAh〜の選び方

Ankerモバイルバッテリーの10,000mAh大容量サイズの選び方

ここからは、大容量タイプ(10,000mAh〜)のAnkerモバイルバッテリー選びで重要となる選び方のポイントについて紹介していきます。

価格以外では次の5項目に注目して絞り込んでみましょう。

  • 急速充電対応を選ぶ
  • 軽さで選ぶ
  • 薄さで選ぶ
  • 出力ポートで選ぶ
  • 低電流モードの有無で選ぶ

急速充電対応を選ぶ

USB PDの給電パワーは従来の20倍

充電スピードを重視したい方は急速充電への対応と出力ワット数(W)も重要です。

急速充電にはいくつか規格がありますが、Ankerモバイルバッテリーでは機種によって、代表的なPower Delivery (USB PD)とQuick Charge(QC)、Anker独自のPowerIQ/PowerIQ 2.0に対応しています。

機能 詳細 対応機種
Power Delivery(USB PD) USB Type-Cに対応した最大100W出力の急速充電規格。充電するデジタル機器・充電に使うモバイルバッテリーやUSB急速充電器・その2つを繋ぐケーブルの3点全てがUSB PDに対応した製品でなければならない PowerCore 10000 PD Redux,PowerCore Slim 10000 PD,PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable
Quick Charge(QC) QUALCOMM社が開発した最大18W出力のAndroid機器の急速充電規格。充電するデジタル機器・充電に使うモバイルバッテリーやUSB急速充電器・その2つを繋ぐケーブルの3点全てがQCに対応した製品でなければならない PowerCore II 10000,PowerCore Speed 10000 QC,PowerCore II slim 10000
PowerIQ Anker独自の最大12W出力の急速充電規格。接続された機器を自動的に検知し、その機器に適した最大スピードで急速充電が可能 ほぼ全ての大容量(10000mAh〜)サイズに搭載
PowerIQ 2.0 Anker独自の最大18W出力の急速充電規格。接続された機器を即座に認識し、その機器に適した最大スピードで急速充電するための電力も自動調整 PowerCore II 10000,PowerCore II slim 10000

中でも、Type-CのUSBケーブルを使って急速充電ができる「USB PD(Power Delivery)」は、最大100Wの大きな電力の供給を行うことができる給電規格ということで注目を集めています。

USB PDの端末のスマホ(iPhone8以降、Xperia XZ1以降、Galaxy S8以降のモデルなど)やタブレットPCをお持ちの場合は、モバイルバッテリーもUSB PD対応のものを用意することで従来よりも短い時間で充電が可能になります。

軽さで選ぶ

軽さで選ぶ

Ankerの大容量タイプ(10,000mAh〜)モバイルバッテリーの重さは最軽量が180g、最重量が269gです。

自動販売機の缶コーヒーが約190gということを考えると、200g以下のモバイルバッテリーを目安に選ぶと良いかもしれません。

製品名 厚さ
PowerCore 10000 180g
PowerCore 10000 Redux 186g
PowerCore 10000 PD Redux 192g
PowerCore II 10000 195g
PowerCore Speed 10000 QC 198g

薄さで選ぶ

薄さで選ぶ

薄さで選びたい方は厚さが20mm以下のSlimタイプがおすすめです。

Ankerの大容量タイプ(10,000mAh〜)モバイルバッテリーには3種類あります。

製品名 厚さ
PowerCore Slim 10000 14mm
PowerCore Slim 10000 PD 14mm
PowerCore II slim 10000 16mm

出力ポートで選ぶ

出力ポートで選ぶ

充電したい端末/機器のUSBケーブルによって、モバイルバッテリーの出力ポート(充電ケーブルの差し込み口)から選ぶことも重要です。USBタイプがモバイルバッテリーのケーブルと端末で一致しないと充電できませんので気をつけてください。

USBタイプは主に2種類あり、最も多く採用されている長方形状の差し込み口の「Type-A」、最新のiPhoneなど上下の区別がない楕円形状の差し込み口の「Type-C」があります。

また、ケーブル内蔵型のモバイルバッテリーは便利ですが、充電したい機器がUSB-C以外の場合は充電ができませんので注意してください。

製品名 USBタイプ
PowerCore 10000 USB-A
PowerCore II 10000 USB-A
PowerCore 10000 Redux USB-A
PowerCore Speed 10000 QC USB-A
PowerCore 10000 PD Redux USB-C/USB-A
PowerCore Slim 10000 USB-A
PowerCore II slim 10000 USB-A
PowerCore Slim 10000 PD USB-C/USB-A
PowerCore 13000 USB-A
PowerCore 15000 Redux USB-A
PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable USB-Cビルトインケーブル

低電流モードの有無で選ぶ

Ankerモバイルバッテリーの10,000mAh大容量サイズの低電流モード

スマホ以外にもBluetoothイヤホンなどの消費電流の小さい機器の充電にも使う予定がある方は「低電流モード」があるモバイルバッテリーを選択しましょう。

簡単な操作で「通常の充電モード」と「低電流モード」を切り替えられる製品は5種類あります。

Ankerモバイルバッテリー大容量モデル(10,000mAh〜)のおすすめ機種

Ankerモバイルバッテリー大容量モデル(10,000mAh〜)のおすすめ機種

Ankerのモバイルバッテリーの中でも容量・サイズ・販売価格のバランスが良く、使い勝手が良い大容量モデル(10,000mAh〜)の中で、特におすすめしたい機種を4つ紹介したいと思います。

  • PowerCore 10000【10000mAh/定番ロングセラー】
  • PowerCore 10000 PD Redux【10000mAh/PD対応軽量】
  • PowerCore Slim 10000 PD【10000mAh/PD対応薄型】
  • PowerCore 15000 Redux【15000mAh/大容量コンパクト】

PowerCore 10000【定番ロングセラー】


PowerCore 10000はAmazonで4期連続ベストセラー1位にも選ばれた定番のロングセラーモデルです。

クレジットカードとほぼ同じサイズというコンパクトさと、10000mAhの大容量モデルの中では世界最小&最軽量クラスである約180gの軽さが最大の魅力と言えるでしょう。

その「Anker PowerCore 10000」には「Redux」「Speed 10000 QC」「PD Redux」という似た製品がありますので、違いをよく理解して検討しましょう。

製品名 PowerCore 10000との主な違い
PowerCore 10000 Redux ・低電流モードが追加
PowerCore Speed 10000 QC ・出力ポートの最大ワット数が2倍
・Quick Chargeに対応
PowerCore 10000 PD Redux ・USB-A以外にUSB-Cポートも追加
・USB PDに対応
・低電流モードが追加

PowerCore 10000 PD Redux【PD対応軽量】

PowerCore 10000 PD Reduxは、USB Power Deliveryに対応した10000mAhのモバイルバッテリーです。

出力ポートはPD対応USB-C・PowerIQ対応USB-Aの2つを搭載。付属のPD対応USB-C&USB-Cケーブルを使えば、最大18Wで充電できます。
(※iPhoneの急速充電に使いたい方は別売のPD対応USB-C&Lightningケーブルが必要。)

小型電子機器に最適な低電流モードも搭載で、比較的軽量な約192gで持ち運びやすさも嬉しいポイントです。

幅広いデジタル機器にモバイルバッテリーを使いたい方におすすめのモデルです。

「Anker PowerCore 10000 PD Redux」実力をレビュー! USB PD対応で世界最小&最軽量クラス – Rentio PRESS[レンティオプレス]

PowerCore Slim 10000 PD【PD対応薄型】

PowerCore Slim 10000 PDは、USB PDに対応しているスリムタイプのモバイルバッテリーです。

10000mAhの大容量で約1.4cmの薄さ。ポケットやカバンにスッと入れて持ち運べます。

出力ポートはUSB-C・USB-Aの2つで、USB-CはPD、USB-AはPowerIQに対応。付属のPD対応USB-C&USB-Cケーブルを使えば、最大18Wで充電できます。
(※iPhoneの急速充電に使いたい方は別売のPD対応USB-C&Lightningケーブルが必要。)

低電流モードも搭載。大容量&PD対応で、薄型のモバイルバッテリーを探している方に最適です。

「Anker PowerCore Slim 10000 PD」の魅力をレビュー!大容量・コンパクト・高出力の3拍子揃った不動の“定番” – Rentio PRESS[レンティオプレス]

PowerCore 15000 Redux【大容量コンパクト】

10000mAhでは少し容量が物足りない方におすすめなのが、PowerCore 15000 Redux

15000mAhの大容量と片手に収まるコンパクトサイズを両立した、バランス型のモバイルバッテリーです。

PowerIQ対応で12WのUSB-A出力ポートを2つ搭載。低電流モードにも対応しています。

容量とサイズをどちらも重視したい方におすすめの機種です。

Anker PowerCore 15000 Reduxの実機レビュー!コンパクトさ重視の大容量モデル – Rentio PRESS[レンティオプレス]

Anker(アンカー)のモバイルバッテリー大容量タイプ10,000mAh〜の比較一覧表

Anker(アンカー)のモバイルバッテリー大容量タイプ10,000mAh〜の比較一覧表

Ankerの大容量モバイルバッテリーをこちらの比較一覧表にまとめました。

おすすめしたモバイルバッテリー以外のスペックも記載しているので、モバイルバッテリーの選び方も踏まえて比較検討の参考にしてください。

定番 スリム 容量大きめ ケーブル内蔵型
PowerCore 10000 PowerCore II 10000 PowerCore 10000 Redux PowerCore Speed 10000 QC PowerCore 10000 PD Redux PowerCore Slim 10000 PowerCore II slim 10000 PowerCore Slim 10000 PD PowerCore 13000 PowerCore 15000 Redux PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable
容量 10000mAh 10000mAh 10000mAh 10000mAh 10000mAh 10000mAh 10000mAh 10000mAh 13000mAh 15000mAh 10000mAh 容量
寸法(mm) 92×60×22 96×62×22 106×52×25 100×63×22 106×52×25 149×68×14 137×66×16 149×68×14 97.5x 80×22 104×73×25 145×66.5×15 寸法(mm)
重量 180g 195g 186g 198g 192g 206g 210g 212g 255g 269g 218g 重量
出力ポート (最大出力) USB-A (12W) USB-A (18W) USB-A (12W) USB-A (24W) USB-C(18W) 、USB-A (12W) USB-A (12W) USB-A (18W) USB-C(18W) 、USB-A (12W) USB-A (12W)×2 USB-A (12W)×2 USB-Cビルトインケーブル(18W) 出力ポート (最大出力)
出力ポート数 (最大合計出力) 1 (12W) 1 (18W) 1 (12W) 1 (24W) 2 (18W) 1 (12W) 1 (18W) 2 (18W) 2 (15W) 2 (15W) 1 (18W) 出力ポート数 (最大合計出力)
USB PD × × × × × × × × USB PD
Quick Charge × × × × × × × × Quick Charge
PowerIQ ○ (PowerIQ 2.0) ○ (PowerIQ 2.0) × PowerIQ
入力ポート (最大入力) MicroUSB (10W) MicroUSB (18W) MicroUSB (10W) MicroUSB (10W) USB-C (18W) USB-C (10W)、MicroUSB (10W) MicroUSB (18W) USB-C (18W) MicroUSB (10W) MicroUSB (10W) MicroUSB (18W) 入力ポート (最大入力)
その他特徴 低電流モード 低電流モード 低電流モード 低電流モード 低電流モード その他特徴
公式現行価格 2,799円 3,699円 2,999円 2,999円 4,299円 2,999円 3,299円 3,999円 3,699円 3,290円 3,799円 公式現行価格
PowerCore 10000 PowerCore II 10000 PowerCore 10000 Redux PowerCore Speed 10000 QC PowerCore 10000 PD Redux PowerCore Slim 10000 PowerCore II slim 10000 PowerCore Slim 10000 PD PowerCore 13000 PowerCore 15000 Redux PowerCore+ 10000 with built-in USB-C Cable

(※2020/7/13時点の価格)

バランス重視ならAnker(アンカー)のモバイルバッテリー大容量タイプ10,000mAh〜がおすすめ

Anker(アンカー)のモバイルバッテリー大容量タイプ10,000mAh〜は「コンパクトで十分な大容量」「機能が豊富で自分に合ったものを選べる」「コスパが良い」ことから、バランスが良く初めてモバイルバッテリーの購入を検討している方にもおすすめできる容量サイズです。

モバイルバッテリー選びに困った際は、まず大容量タイプ10,000mAh〜から比較検討を始めると良いでしょう。

↓Ankerモバイルバッテリーの他の容量が気になる方は、こちらの記事をご覧ください。
Ankerのモバイルバッテリー全28種を一覧表で比較!選び方と容量別おすすめを解説します – Rentio PRESS[レンティオプレス]

Ankerのモバイルバッテリーはレンタルもできる

Anker(アンカー)モバイルバッテリーはレンタルもできる

旅行や出張、キャンプなど、短期間だけモバイルバッテリーを使いたい方にはレンタルもおすすめです。

家電レンタルのRentioではAnkerも含めてレンタルできるモバイルバッテリーがたくさんあります。

カメラやポケットWi-Fiなど旅行に役立つアイテムと一緒に借りられるので、一時的に普段より容量の大きいモバイルバッテリーが必要になった場合にも、ぜひ試してみてください。

[レンタル] モバイルバッテリー・ポータブル電源 一覧 – Rentio[レンティオ]

[レンタル] 旅行で役立つアイテム特集 – Rentio[レンティオ]

関連記事

Ankerのモバイルバッテリー全28種を一覧表で比較!容量別おすすめと選び方のポイントを解説します – Rentio PRESS[レンティオプレス]

[最新] モバイルバッテリーの容量別おすすめ13機種を一覧比較!軽い・大容量・ハイパワーな一台の選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事モバイルバッテリー・充電機器カテゴリのランキング

ピックアップ記事