折りたたみソーラーパネルのおすすめ6機種を比較!キャンプや災害に備えるポータブル発電機の選び方

まーしー
まーしー

更新日2021/03/31

折りたたみソーラーパネルのおすすめ6機種を比較!キャンプや災害に備えるポータブル発電機の選び方

更新日

災害や停電など、非常時のためにポータブル電源を用意する方が増えていますが、大規模かつ長期間の停電が発生すればポータブル電源だけでは電気を賄うことはできません。

そんな時に役立つのがソーラーパネルですが、家に太陽光発電を導入するのはいささかハードルが高いかもしれません。そこで提案したいのが折りたたみ式のソーラーパネルです。コンパクトなので普段な収納しておけるのも特長です。

そこで、この記事では折りたたみ式ソーラーパネルの選び方とおすすめ機種をまとめました。おすすめのポータブル電源と合わせて参考にしてください。


ポータブル電源のおすすめ11機種を比較!キャンプや防災に備えた大容量バッテリーの選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

折りたたみソーラーパネルの選び方

Jackeryのソーラーパネル100の実機レビュー

防災用の非常用電源以外にもキャンプ泊や車中泊にソーラーパネルを検討している方も少なくないでしょう。ですが、ソーラーパネルのほとんどは海外メーカーなので、不安も大きいと思います。

最も失敗しにくい選び方はポータブル電源と同じメーカーにすることですが、それが出来ない方は以下4点に気をつけて選んでみてください。

選び方のポイント

  1. 出力の高いものを選ぶ
  2. 充給電ポートの種類を確認
  3. 付属品の内容
  4. 携帯性、持ち運びのしやすさ

出力の高いものを選ぶ

PowerArQ Solar 120Wの出力チェック

折りたたみソーラーパネルは高出力の製品を選びましょう。出力が高ければ充給電できる端末が増え用途が広がります。

現在販売されている折りたたみソーラーパネルの出力だと、80W〜120Wと表記されているものが高出力な部類になるでしょう。

「単結晶」「変換効率20%以上」の表記も発電力を示すサインとなりますので確認してみましょう。

充給電ポートの種類を確認

PowerArQ Solar 120Wの充給電ポート

DCポート以外にも、USBポートが搭載されていると直接モバイル端末に充給電できるのでおすすめです。

DC出力の高いソーラーパネルならUSB出力も高い製品が多いので、ノートPC等の充電や複数端末の同時充電にも役立てられます。

USB-AやUSB-Cが搭載されている場合、それぞれ急速充電規格(Quick ChargeやUSB PD)に対応しているか、それぞれの最高出力がいくらか忘れずにチェックしてください。

急速充電規格の注意点
USBポートが急速充電規格に対応している場合、充電ケーブル・充電端末も急速充電規格に対応したものでなければフルスピード充電ができません。該当製品の充電予定がなければ、急速充電に非対応のUSBポートでも問題ないでしょう。

付属品の内容

ELECAENTA 120Wソーラーパネルのセット内容

出力やパネル素材、充給電ポート種類はメーカー間で大きな違いはありません。ですが、付属品はメーカーによって特色が出やすいポイントなので要チェックです。

製品によってDCケーブルのみの場合もあれば、DC変換プラグ、ペグやカナビラまで同梱されている場合もあります。

特にMC4-DC5521 DCケーブルやアンダーソン端子など多様な入力ポートに対応できると便利です。

携帯性、持ち運びのしやすさ

ELECAENTA 120Wソーラーパネルはコンパクト

アウトドアで利用するなら折りたたみソーラーパネルのサイズも大事な要素です。特に収納時のサイズがコンパクトであればあるほど、持ち運びしやすくなります。

加えて収納ポケットの有無やサイズも確認しておけば、必要なUSBケーブルや変換プラグ等もまとめておけるので役立ちます。

「単結晶」「高変換効率」のソーラーパネルは小さいパネルサイズや少ないパネル枚数で構成されているので、高出力かつコンパクトなソーラーパネルを探す上で重要なキーワードになるでしょう。

おすすめの折りたたみソーラーパネル

おすすめの折りたたみソーラーパネル

おすすめの折りたたみソーラーパネルとして6機種ピックアップしました。

いずれも最大出力が100W以上のものを厳選しているので、大容量モデルのポータブル電源へにも効率よく充電することが可能です。

おすすめ機種をまとめて比較したい方はおすすめ6機種のスペック一覧表も参考にしてください。

BLUETTI 200W ソーラーパネル SP200

充給電ポートはMCケーブルのみですが、最高200W出力に対応したコンパクトな折りたたみソーラーパネルです。

100Wソーラーパネルを並列接続することなく、これ1組あればポータブル電源のフルスピード充電を実現させられる代物です。

何よりも高出力、かつ携帯性に優れた製品を探すなら、「BLUETTI 200W ソーラーパネル(SP200)」が最適です。

BLUETTI 200W ソーラーパネルを実機レビュー!短時間でフル充電できる高出力の太陽光発電 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

製品項目 スペック詳細
出力ポート
(最大出力)
MC4ケーブル:200W(20V/10A)
開放電圧
短絡電流
防塵防水規格 IP65
動作温度 -10度〜65度
サイズ
(幅×奥行×厚み)
展開時:約2200mm×520mm×5mm
収納時:約525mm×520mm×80mm
重さ 約6.5kg
公式税込価格 48,800円

PowerArQ Solar 120W

「PowerArQ Solar 120W」は最大120W出力とおしゃれなデザインに特長を持つソーラーパネルです。かばんのような見た目や取っ手のデザインで持ち運びしやすいのですが、若干重めの設計になっているのがマイナスポイントになるかもしれません。

USBの充給電ポートも充実しており、急速充電規格にも対応しています。

PowerArQ Solar 120W実機レビュー!高出力&おしゃれな折りたたみ式ソーラーパネル – Rentio PRESS[レンティオプレス]

製品項目 スペック詳細
出力ポート
(最大出力)
MC4-DC5521:120W(18V/6.66A)
8mm DCポート:120W(18V/6.66A)
USB-C(PD):60W(5V/9V/12V/15V/20V)
USB-A(QC 3.0):18W(5V/2.4A, 9V/2A, 12V/1.5A)
USB-A:12W(5V/2.4A)
開放電圧 21.6V
短絡電流 7.32A
防塵防水規格
動作温度 -10度〜70度
サイズ
(幅×奥行×厚み)
展開時:約1550mm×530mm×15mm
収納時:約510mm×530mm×30mm
重さ 約5.0kg
公式税込価格 29,800円

ELECAENTA 120Wソーラーパネル

「ELECAENTA 120Wソーラーパネル」も最高120Wの出力とスタイリッシュなデザインを特長に持ちますが、他に付属品のDC変換プラグの豊富さ、IPX5の防水規格、収納時のコンパクトさに強みがあります。

差込口に合わせてDCプラグを交換できますので、給電先の電化製品を選ばない汎用性の高さも魅力です。

ELECAENTA 120Wソーラーパネルを実機レビュー!高出力、コンパクトサイズ、高い汎用性に魅力 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

製品項目 スペック詳細
出力 DC:120W(18V/6.6A)
USB-A(QC 3.0):22.5W(5V/3.4A, 9V/2.5A, 12V/2A)
USB-C(PD):45W(5V/4.5A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A)
開放電圧 記載なし
短絡電流 記載なし
防塵防水規格 IPX5
動作温度 -10度〜65度
サイズ
(幅×奥行×厚み)
展開時:約1660mm×520mm×5mm
収納時:約520mm×360mm×25mm
重さ 約4.6kg
公式税込価格 29,800円

CHOETECH 120Wソーラーパネル

「CHOETECH 120Wソーラーパネル」はDC出力とUSB-C出力が高いことに加えIPX4の防水性能を有するなど、「PowerArQ Solar 120W」と「ELECAENTA 120Wソーラーパネル」のいいとこ取りをしたようなソーラーパネルです。

本記事で紹介する製品の中で、収納時の厚みが最もスリムなソーラーパネルでもあります。

変換プラグも系11種類備わっておりますので、差込口に合わせることで様々な端末/電化製品に充給電できます。

CHOETECHの120Wソーラーパネルを実機レビュー!USB-Cも高出力で充給電の汎用性高し! – Rentio PRESS[レンティオプレス]

製品項目 スペック詳細
出力 DC:120W(12V-18V/6.66A)
USB-A:12W(5V/2.4A)
USB-A(QC 3.0):18W(5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A)
USB-C(PD):60W(5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A)
開放電圧 記載なし
短絡電流 記載なし
防塵防水規格 IPX4
動作温度 -10度〜65度
サイズ
(幅×奥行×厚み)
展開時:約1770mm×530mm×5.4mm
収納時:約530mm×520mm×19mm
重さ 約4.6kg
公式税込価格 29,800円

Jackery SolarSaga 100

「Jackery SolarSaga 100」はIP65の防塵防水規格に対応し、6製品の中で最も軽いのが強みです。

DC/USB出力は前出の2機種に比べて落ちますが、ポータブル電源と純正品の組み合わせで安心して使えるのが良いところの1つです。Jackery 1000を使うなら、純正品の並列接続用ケーブル(別売り)も使うと最大200W充給電が可能になります。

Jackery SolarSaga 100実機レビュー!折りたたみ式の高出力ソーラーパネル – Rentio PRESS[レンティオプレス]

製品項目 スペック詳細
出力ポート
(最大出力)
8mm DCポート:100W(18V/5.55A)
USB-Cポート:15W(5V/3A)
USB-Aポート:12W(5V/2.4A)
開放電圧 21.6V
短絡電流 6.1A
防塵防水規格 IP65
動作温度 -10度〜65度
サイズ
(幅×奥行×厚み)
展開時:約1220mm×535mm×5mm
収納時:約610mm×535mm×35mm
重さ 約3.9kg
※実測ベース
公式税込価格 34,800円

JVCケンウッド BH-SP100-C

「JVCケンウッド BH-SP100-C」はJackeryとの提携によって生まれたソーラーパネルなので、「Jackery SolarSaga 100」とほぼ同じスペックを有します。

強みとなるのは防災製品等推奨品として認証されているソーラーパネルだということです。

販売価格だけを見れば「Jackery SolarSaga 100」を選ぶほうがベターですが、「JVCケンウッド BH-SP100-C」はお試しレンタルができるためおすすめ機種のラインナップに加えさせていただきました。

[月額レンタル] JVCケンウッド ポータブルソーラーパネル BH-SP100-C – Rentio[レンティオ]

製品項目 スペック詳細
出力ポート
(最大出力)
8mm DCポート:100W(18V/5.55A)
USB-Cポート:15W(5V/3A)
USB-Aポート:12W(5V/2.4A)
開放電圧 21.6V
短絡電流 6.1A
防塵防水規格
動作温度 -10度〜65度
サイズ
(幅×奥行×厚み)
展開時:約1225mm×540mm×25mm
収納時:約615mm×540mm×40mm
重さ 約4.2kg
公式税込価格 38,500円

製品のスペック比較一覧表

おすすめの折りたたみソーラーパネル6機種のスペックと一覧表にまとめました。

製品項目 BLUETTI 200W ソーラーパネル PowerArQ Solar 120W ELECAENTA 120Wソーラーパネル CHOETECH 120Wソーラーパネル Jackery SolarSaga 100 JVCケンウッド BH-SP100-C 製品項目
画像
画像
出力ポート
(最大出力)
MC4ケーブル:200W(20V/10A) MC4-DC5521:120W(18V/6.66A)
8mm DCポート:120W(18V/6.66A)
USB-C(PD):60W(5V/9V/12V/15V/20V)
USB-A(QC 3.0):18W(5V/2.4A, 9V/2A, 12V/1.5A)
USB-A:12W(5V/2.4A)
DC:最大120W(18V/6.6A)
USB-A(QC 3.0):最大22.5W(5V/3.4A, 9V/2.5A, 12V/2A)
USB-C(PD):最大45W(5V/4.5A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A)
DC:120W(12V-18V/6.66A)
USB-A:12W(5V/2.4A)
USB-A(QC 3.0):18W(5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A)
USB-C(PD):60W(5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A)
8mm DCポート:100W(18V/5.55A)
USB-Cポート:15W(5V/3A)
USB-Aポート:12W(5V/2.4A)
8mm DCポート:100W(18V/5.55A)
USB-Cポート:15W(5V/3A)
USB-Aポート:12W(5V/2.4A)
出力ポート
(最大出力)
開放電圧 記載なし 21.6V 記載なし 記載なし 21.6V 21.6V 開放電圧
短絡電流 記載なし 7.32A 記載なし 記載なし 6.1A 6.1A 短絡電流
防塵防水規格 IP65 IPX5 IPX4 IP65 防塵防水規格
動作温度 -10度〜65度 -10度〜70度 -10度〜65度 -10度〜65度 -10度〜65度 -10度〜65度 動作温度
サイズ
(幅×奥行×厚み)
展開時:約2200mm×520mm×5mm
収納時:約525mm×520mm×80mm
展開時:約1550mm×530mm×15mm
収納時:約510mm×530mm×30mm
展開時:約1660mm×520mm×5mm
収納時:約520mm×360mm×25mm
展開時:約1770mm×530mm×5.4mm
収納時:約530mm×520mm×19mm
展開時:約1220mm×535mm×5mm
収納時:約610mm×535mm×35mm
展開時:約1225mm×540mm×25mm
収納時:約615mm×540mm×40mm
サイズ
(幅×奥行×厚み)
重さ 約6.5kg 約5.0kg 約4.6kg 約4.6kg 約3.9kg
※実測ベース
約4.2kg 重さ
公式税込価格 48,800円 29,800円 29,800円 29,800円 34,800円 38,500円 公式税込価格

ソーラーパネルで発電効率を上げる条件

Jackeryのソーラーパネル100は高出力

ソーラーパネルに記載されている出力はあくまでも”最高”出力の理論値になります。最高出力を得られる理想の環境を用意するのはほぼ不可能ではありますが、その中でできるだけ発電効率を上げる条件について紹介したいと思います。

太陽に対して直角に

PowerArQ Solar 120Wのスタンド

ソーラーパネルは太陽光に向けて直角になるように設置します。太陽は移動しますので、その度にソーラーパネルの位置や角度も調節しましょう。

どの位置に動かしても影に隠れない場所を確保しておくことをおすすめします。

またソーラーパネルに付いているフックホールを使ってバックパックや木・壁に引っ掛けて使う場合もあると思いますが、太陽光に対して直角になりにくいため、発電効率を考えるとあまり良い方法ではありません。

11時〜13時が発電のピーク

PowerArQ Solar 120Wの出力テスト

ソーラーパネルの発電は日照時間に左右されるため、冬より夏、夏より春のほうが電力が得やすくなります。夏場は気温も上昇するため、ソーラーパネルの動作環境も考えると比較的涼しく、かつ日照時間の長い春が理想になります。

一日の中で考えるとおよそ6時〜18時の間が発電タイムとなります。特に11時〜13時は最も電力を得られるピークタイムと言われています。

ここで1つ注意を促したいのは、ポータブル電源に記載されているソーラー充電による満充電にかかる目安時間です。その目安時間は最高出力を基にした理論値であり、日照時間やピークタイムを考えると記載以上の充電時間を必要とします。

例えばフル充電に8時間と記載されたポータブル電源があれば、フル充電には最低でも2日は要すると考えておくのがよいでしょう。

ポータブル電源と折りたたみソーラーパネルはセットで

ELECAENTA 120Wソーラーパネルの出力テスト

2019年に千葉県を襲った台風15号によって引き起こされた大規模停電は、全面復旧するまで約20日間と長期化したことは記憶に新しいです。家庭用冷蔵庫や電子レンジ等を稼働させることはできなくても、折りたたみソーラーパネルがあれば、電気毛布や扇風機、車載用冷蔵やスマホ・PCへの充給電が可能になります。

ポータブル電源を購入する際にソーラーパネルのセット割引を提供するメーカーもありますので、特に後で購入する可能性を残している方は、できるだけ折りたたみソーラーパネルもセットで購入するのをおすすめします。

ソーラーパネルやポータブル電源はレンタルできる

キャンプ、車中泊、アウトドア、イベントに短期間だけでも使うならレンタルもおすすめです。

家電レンタルのRentio(レンティオ)では、3泊4日からポータブル電源やモバイルバッテリーのレンタル、ソーラーパネルも用意しています。

借りた製品が気に入った場合「そのまま購入」することもできますので、まずはお試しでレンタルするのもおすすめです。

[月額レンタル] JVCケンウッド ポータブルソーラーパネル BH-SP100-C – Rentio[レンティオ]

[レンタル] モバイルバッテリー・ポータブル電源 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連記事

ポータブル電源のおすすめ8機種を比較!キャンプや防災用に失敗しないための選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

Jackeryのポータブル電源4機種を比較!各製品の特長と選び方を徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

Ankerのポータブル電源5機種を比較!各製品の特長と選び方を徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事モバイルバッテリー・充電機器カテゴリのランキング

ピックアップ記事