Rentioによるカメラ・家電の徹底解説サイト

Rentio PRESS

複数の部屋を掃除できるルンバまとめ。選ぶべきはs9+,i7+,i7,960

更新日
複数の部屋を掃除できるルンバまとめ。選ぶべきはs9+,i7+,i7,960

「ルンバって複数の部屋があっても掃除できる?」

ルンバ購入を検討中で、複数の部屋をルンバで掃除したい方は多いはず。

じつは、ルンバの中で複数の部屋を掃除できる現行機種はわずか4機種のみなんです!

知らずに購入すると、がっかりするかも!?ルンバと掃除できる間取りについてまとめました。

ベーシックなルンバで掃除できるのは1部屋のみ

ベーシックなルンバで掃除できるのは1部屋のみ

知らない方も多いのですが、ベーシックモデルのルンバで掃除できるのは一部屋のみです。

ルンバの走行ルートを決めるのは、「頭脳」の部分であるナビゲーションシステム。

安くてベーシックなルンバに搭載されているのは、基本的に一部屋のみしか使えないiAdaptなのです。

iAdaptとは

iAdaptは、様々な角度から複数回同じ場所を走行し、全体がきれいになるまで掃除するシステムです。

ルンバが部屋の大きさや自分の位置を把握していないめ、複雑な間取りや複数部屋の掃除には対応していません

お部屋の間取りによっては、ドアを開けておけば偶然隣の部屋に入り込んで掃除をしてくれることもあるかもしれませんが、隅々まで掃除をして無事に帰還できるかどうかは確実ではありません

iAdapt搭載のルンバ

  • ルンバe5
  • ルンバ600シリーズ
  • ルンバ800シリーズ(廃盤)
  • ルンバ700シリーズ(廃盤)
  • ルンバ500シリーズ(廃盤)

複数の部屋はiAdapt 2.0またはiAdapt 3.0で掃除可能

複数の部屋はiAdapt 2.0またはiAdapt 3.0で掃除可能

複数の部屋を掃除できるルンバは、高度なナビゲーションシステムiAdapt 2.0またはiAdapt 3.0搭載の機種のみです。

通常のルンバに搭載されているiAdaptとは何が違うのでしょうか?

高機能なiAdapt 2.0とiAdapt 3.0の特徴を解説します。

iAdapt 2.0とは

iAdapt 2.0搭載のルンバは、部屋の形状と自分の位置をカメラやセンサーで把握しながら、直線的な動きで部屋の隅々まで掃除をしてくれます。
部屋の形状をわかって掃除するので、複数の部屋があるフロアで使っても掃除残しがありません

フロアの中のどこまで掃除したかを自分で理解しているので、もし掃除の途中で充電が切れても、充電が終わったらまた続きから掃除を再開することができます。

また、ルンバが掃除した場所やゴミの多かった場所を、アプリから地図で報告してくれるので、障害物等があってルンバで掃除できなかった場所も一目瞭然です。

iAdaptと比較すると、圧倒的に頭が良いのがiAdapt 2.0です。

iAdapt 2.0搭載のルンバ

  • ルンバ960
  • ルンバ980(販売終了)
  • ルンバ985(販売終了)

iAdapt 3.0とは

iAdapt 2.0から、さらにもう一階層進化した頭脳のiAdapt 3.0。
従来のiAdapt 2.0に追加された機能は、「間取りを記憶」「指定の部屋だけ掃除」です。

iAdapt 3.0搭載のルンバは、センサーとカメラを使ってフロア全体の間取りを把握し、最大10パターンまで記憶できます。
iAdapt 2.0では、作成した地図は毎回リセットされるのですが、iAdapt 3.0では間取りを記憶しより効率的に掃除をしてくれるのです。

また、間取りを記憶していることで、ユーザーが指定した部屋のみを掃除することも可能。
曜日別に掃除エリアをスケジュール設定しておいて、1週間で効率的にフロア全体を掃除してもらうことも可能です。
iAdapt 2.0では、特定の部屋のみの掃除はできず、毎回フロア全体の掃除となっていたので、ここは大きな違いとなります。

iAdapt 3.0搭載のルンバ

  • ルンバi7
  • ルンバi7+
  • ルンバs9+

複数の部屋を掃除できるルンバの特徴

複数の部屋を掃除できるルンバ

複数の部屋を掃除できるルンバは、iAdapt 2.0またはiAdapt 3.0搭載の機種のみ。

つまり、複数の部屋をルンバで掃除したい方が選ぶべきルンバは、たったの4機種なのです。

複数の部屋を掃除できる4機種のルンバそれぞれの特徴を詳しく解説します。

ルンバs9+

2020年発売の最上位モデルのルンバです。

iAdapt 3.0搭載で、「自動でゴミ捨て」「間取りを記憶」と高機能なうえに、吸引力40倍に独自のD型形状・パワーブーストと圧倒的な清掃能力が特徴です。

待望の新型「ルンバs9+」の進化を最速レビュー!i7+との違いも徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

ルンバi7+

iAdapt 3.0搭載で、「自動でゴミ捨て」「間取りを記憶」ができる上位モデルのルンバです。

吸引力も10倍・ゴム製ブラシ・ダストボックス水洗い可能など高機能ですが、その分価格は高額です。

ルンバi7

ルンバi7+から「自動でゴミ捨て」機能を除いたモデルです。

iAdapt 3.0搭載なので、間取りを記憶し特定の部屋のみを掃除させることも可能です。

最高峰ルンバi7+を徹底解説!2つの新技術,口コミ,デメリットなど今知りたい情報をまとめました – Rentio PRESS[レンティオプレス]

ルンバ960

iAdapt 2.0搭載で、複数の部屋に使えるルンバです。

吸引力は5倍ですが、4機種の中では最も価格がお手頃なので、なるべく安いルンバで複数の部屋を掃除したい方にはおすすめのモデルです。

最後までお掃除をやり切る!真の自動お掃除ロボット・ルンバ960の魅力 – RentioPress

まとめ

ルンバで複数の部屋を掃除

ルンバで複数の部屋を掃除したい!という方は、ルンバ選びで「ナビゲーションシステム」に注目しましょう。

安いからといってiAdapt搭載機種を購入しても、きちんと掃除できなかったら意味がありませんよね。

iAdapt 2.0・iAdapt 3.0搭載のルンバは比較的高額ですが、確実に複数の部屋を掃除できるので、こちらを選ぶことをおすすめします。

複数の部屋を掃除できるルンバ

  • ルンバs9+
  • ルンバi7+
  • ルンバi7
  • ルンバ960

間取りでルンバ選びに迷ったらレンタルでお試しも可能

複数の部屋でも間取りが単純なら、iAdaptでも掃除できるのでは?と思う方もいるはず。

自宅の間取りで使えるルンバを確認したいなら、ルンバのレンタルサービスを利用するのもおすすめです。

家電レンタルサービスRentioでは、ルンバ各種をお試しでレンタル可能。また、3カ月~の月額レンタルでじっくりお試しもできます。

購入前にどちらが自分の家の間取りに合っているか確かめるためにも、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

レンタルできるルンバの種類や、プラン・価格については、こちらからチェックしてみてくださいね!

[レンタル] ルンバ 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 ロボット掃除機カテゴリのランキング

ピックアップ記事