プロ野球などスポーツ観戦におすすめのNikon COOLPIX「ウルトラズームカメラ」をご紹介!

koo
koo

更新日2019/09/04

プロ野球などスポーツ観戦におすすめのNikon COOLPIX「ウルトラズームカメラ」をご紹介!

更新日

春ですね!

春といえば、そう!プロ野球が開幕します!
今年はどんなドラマが生まれるのかとても楽しみです。

プロ野球だけでなく、先日のフィギュアスケートや、ついに来年に迫った東京オリンピックなど、普段日本では見られない選手を見ることができる機会もたくさんあります。

そんなとき、観戦の記念に写真を撮りたいと思っても、広い会場で選手を撮るには高性能なズームカメラが必要になります。

そこでおすすめなのがコンパクトデジタルカメラの中でもズーム性能が高い

「ウルトラズームカメラ」です!

一眼レフと違い、コンパクトデジタルカメラはレンズとカメラ本体が一体型で、客席でも扱いやすいでしょう。

なかでも、おすすめなのがNikon COOLPIXの「ウルトラズームカメラ」です!今回は、Nikon COOLPIX「ウルトラズームカメラ」についてご紹介します。

Nikon COOLPIX P・Bシリーズ

Nikon COOLPIXの中でも、P・Bシリーズは、高度な撮影機能と圧倒的な描写力、快適な操作性が売りの、ニコンのトップクラスの技術を応用・凝縮した、本格派デジタルカメラです。

Nikon COOLPIX P1000

2018年9月に発売されたP1000は、次にご紹介するP900の後継機として誕生しました。

従来より圧倒的超望遠性能に優れたカメラとして、遠い被写体を大きく写す撮影に最適です。

対応する焦点距離は35mm換算で24mmから3000mmをカバーし、望遠側3000mmは一眼カメラでも実現することが困難なほどの超望遠能力を保有しています。

また、望遠撮影時には手ブレというのは生じやすくなりますが、
P1000では、補正効果5.0段のデュアル検知光学VRを搭載し、性能で手ブレを抑えてくれます。

  • 有効画素数:1679万画素
  • 光学125倍ズーム、NIKKORレンズ

Nikon COOLPIX P900

大迫力2000mm相当の超望遠「光学83倍ズーム&ダイナミックファインズーム166倍」を搭載。

「広視野角3型バリアングル液晶モニター」で、多彩なアングルからラクな姿勢で被写体を狙え、撮影の自由度がさらに大きく広がります。

  • 有効画素数:1676万画素(画像処理で減少することがあります)
  • 光学83倍ズーム、NIKKORレンズ

Nikon COOLPIX B700

広角24mm相当から超望遠1440mm相当までの幅広い画角をカバーする超高倍率ズームを搭載しながらも、気軽に持ち歩けるクラス世界最小・最軽量ボディを実現。

撮りたい瞬間を逃さない高速AFを搭載しているので、スポーツ観戦にはうってつけ。

  • 有効画素数:2029万画素(画像処理で減少することがあります)
  • 光学60倍ズーム、NIKKORレンズ

光学ズームって?

さて、前項の商品のご紹介の際に、商品の仕様で「光学〇〇倍ズーム」と記載があったかと思いますが、そもそも光学ズームってなに!?って思いますよね。

光学ズームとは、レンズの焦点距離を変えて、虫眼鏡ように被写体を拡大するズームのことです。

レンズの焦点距離を使って、画像を実際に大きくして撮影するので、拡大して撮影しても画像は拡大前と変わらずキレイで、文字や人物の顔もしっかり確認できます。

と、まさにスポーツ観戦に役立つズームなのです!

お得なカメラレンタルサービスを使おう!

今回、ご紹介したカメラですが、高性能なカメラはもちろん高価ではありますし、いきなり購入するにはちょっと勇気がいりますよね。

そんな時、カメラのレンタルサービスを利用してお得にカメラを使ってみてはいかがですか?

今回ご紹介した「Nikon COOLPIX P・Bシリーズ」は、全て家電レンタルRentioでレンタルすることができます。

是非Rentioのレンタルサービスを利用して、話題の最新機種など、気になるカメラを使ってみてくださいね。

[レンタル] カメラ 一覧 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事コンデジカテゴリのランキング

ピックアップ記事