RentioPress

リコーの防水カメラ「RICOH WG-6」レビュー!海・山・川で活躍する高画質カメラ

公開日
リコーの防水カメラ「RICOH WG-6」レビュー!海・山・川で活躍する高画質カメラ

2019年4月に発売されたリコーの防水カメラ「RICOH WG-6」

防水20m・防塵・耐衝撃・耐寒など、アウトドアで活躍するタフな特徴をもつカメラです。静止画・動画ともに高画質で、強力リングライトやGPSなど便利な機能も新搭載。

今回は、そんな「RICOH WG-6」を実際に触りながら、特徴や魅力、気になるデメリットまで詳しく解説します。

 

リコーの防水カメラ「RICOH WG-6」とは

「RICOH WG-6」は、リコーの防水カメラWGシリーズの最新モデル

従来モデルのWG-50、WG-60からは、デザイン・機能ともにかなり進化した印象です。

シュノーケリングや海水浴などの夏のレジャーから、天候の変わりやすい登山やキャンプ、スキーやスノーボードなどの冬のアクティビティまで、幅広いアウトドアシーンで活躍する防水コンパクトデジタルカメラです。

「RICOH WG-6」外観レビュー

さっそくWG-6を開封して触ってみます。

「RICOH WG-6」外観レビュー

マットな素材感のボディは少し大きめ。重さもそれなりにあり、頑丈な印象を受けます。

「RICOH WG-6」外観レビュー
「RICOH WG-6」外観レビュー

とはいえ、片手での操作は十分しやすくなっています。ボタンは若干硬めですが、押しにくさを感じることはそこまでないでしょう。

「RICOH WG-6」外観レビュー

「RICOH WG-6」外観レビュー

バッテリー・SDカード・ケーブル差し込み口はすべて底面一か所に集約。ロック解除はつまみを押して横にスライドするだけで、直感的にできる仕組みになっています。

「RICOH WG-6」同梱品

「RICOH WG-6」外観レビュー

WG-6に同封されているものがこちらです。

  • 本体
  • バッテリー
  • ACアダプター
  • 電源プラグ
  • USBケーブル
  • ストラップ
  • マクロスタンド

それでは、続いてWG-6の特徴について解説します。

「RICOH WG-6」の特徴

従来モデルから見た目も機能も進化した「RICOH WG-6」の4つの特徴がこちら。

  1. アウトドアで活躍するタフなボディ
  2. 静止画・動画どちらも高画質
  3. パワーアップしたリングライト
  4. 便利な撮影モードや機能も搭載

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1. アウトドアで活躍するタフなボディ

「RICOH WG-6」の特徴 1. アウトドアで活躍するタフなボディ

RICOH WG-6の特徴は、どんな過酷な環境でも連れていける頑丈なボディです。

カメラ本体の防水性能は、水深20m(連続2時間)まで。シュノーケリングや海水浴、川遊びなどで活躍します。

防塵機能も搭載していますが、水中での使用後は必ず真水で浸け洗いをしてください。接合部にホコリや砂、塩などが挟み込まれると、水没の原因になってしまいます。

衝撃や落下にも強く2.1mの耐衝撃100kgfの耐荷重設計。-10℃の耐寒性能も備えており、夏場のみならず冬のスキーやスノーボードでも大活躍です。

壊れやすいカメラやスマホは、アウトドアで使うのは少し心配ですが、WG-6なら安心して色々な場所に連れていけますね。

2. 静止画・動画どちらも高画質

「RICOH WG-6」の特徴 2. 静止画・動画どちらも高画質

ただ頑丈なだけでなく、高画質撮影ができることもRICOH WG-6の特徴です。

有効画素数2000万画素と裏面照射型CMOSイメージセンサー、高性能画像処理エンジンによって、ノイズを抑えた繊細な静止画撮影ができます。

また、WG-6は4K/30pの高画質動画撮影にも対応。見たままの美しさを動画として残すことができます。

3. パワーアップしたリングライト

「RICOH WG-6」の特徴 3. パワーアップしたリングライト

WG-6には、レンズの周りに6つのLEDライトが搭載されています。

このリングライトは、他社の防水カメラにはないRICOH WGシリーズならではの特徴でもあります。

WG-6のライトの明るさは従来モデルと比較して最大10倍調光や点灯箇所の選択も可能で、表現の幅が広がります。

4. 便利な撮影モードや機能も搭載

「RICOH WG-6」の特徴 4. 便利な撮影モードや機能も搭載

水中や登山など、撮影シーンごとに役に立つ便利な機能も搭載しています。

マーメードモード

水中では赤い色が失われて青っぽい写真になりがち。そんな青かぶりを補正してくれるのが、「マーメードモード」です。動画撮影時には「マーメードムービーモード」を使います。

また、マーメードモード撮影時のみ、フラッシュOFF/ON連続2枚撮り機能が使えます。一度シャッターを押すだけで、フラッシュ有り無しの2枚を同時に撮影でき、魚の撮影などに役立ちます。

デジタル顕微鏡モード

昆虫や植物など、小さなものの撮影や観察に役立つのが「デジタル顕微鏡モード」

被写体に1㎝の距離まで近づいて、リングライトで明るく照らすことでより速いシャッタースピードでブレずに撮影できます。

高性能GPS・電子コンパス内蔵

WG-6では新しく高性能なGPSとコンパスの機能を搭載。撮影した写真に位置情報を記録できます。

撮影後に画像を地図と連携させたり、移動したルートをパソコン上で表示したりすることも可能。

登山やハイキング、キャンプなどでの楽しみが広がりますね。

「RICOH WG-6」の気になるデメリット

「RICOH WG-6」の気になるデメリット

RICOH WG-6の機能を調べてみると、気になるデメリットも見つかりました。

WG-6が向かない用途もありますので、しっかりデメリットを理解して選ぶようにしましょう。

防水20m&ハウジングなしだとダイビングには弱い

WG-6の防水性能は20m。ライセンス所有のダイバーにとっては、少し弱いかもしれません。

初級のCカードで潜れる18mまでは対応していますが、海外リゾートなどではあまり水深を気にせず20m前後まで潜ることもあるので、ギリギリの防水性能では少し心配です。

また、30mまで潜れる中級ダイバーにステップアップする場合、WG-6は使えません。

20m以上の水深で使うための防水ハウジングも用意がないので、メイン用途がダイビングの場合は不向きかもしれません。

ダイビングで本格的に使いたいなら、30m以上の防水性能をもつカメラを用意することをおすすめします。

F値3.5-5.5のレンズはやや暗いかも

WG-6に搭載されているレンズのF値は、f/3.5-5.5となっています。

これは、一般的には暗めのレンズと言われています。

日中明るい場所での撮影ではとくに気にならないかと思いますが、薄暗い水中や暗い場所での撮影は少し苦手かもしれません。

Wi-Fiでのスマホ連携ができない

WG-6には、本体とスマートフォンを直接連携する機能はありません

Wi-Fi内蔵のSDカードを用意すればスマホへの転送は可能ですが、本体との連携ができたほうが便利ですよね。

Wi-FiやBluetoothなどで画像を転送する機能は、現在では多くのデジタルカメラに搭載されているので、この点はデメリットといえるでしょう。

「RICOH WG-6」仕様一覧

製品名RICOH WG-6
発売日2019年4月19日発売
防水20m(連続2時間)
耐衝撃2.1m
防塵・防滴・耐寒
有効画素数約2000万画素
撮影素子1/2.3型CMOS
高感度(ISO感度)ISO 125-6400
焦点距離(35ミリ判換算)約28-140mm
F値f/3.5-5.5
光学ズーム5倍
デジタルズーム約8.1倍
撮影距離標準:0.5m~∞(ズーム全域)
マクロ:0.1~0.6m(ズーム全域)
1cmマクロ:0.01~0.3m(ズーム域の中間部)
連写撮影約10枚/秒 5M(4:3) 36枚まで
シャッタースピード1/4000-1/4秒
撮影モードオートピクチャー、プログラム、HDR、手持ち夜景、動画、ハイスピードカメラ、デジタル顕微鏡、風景、花、ポートレート、マーメード、マーメードムービー、インターバル撮影、インターバル動画、サーフ&スノー、キッズ、ペット、スポーツ、夜景、花火、高感度、CALS、グリーン、被写界深度合成
液晶モニター3.0インチ
約104万ドット
記録メディアSDカード
SDHCカード
SDXCカード
FlashAirカード
内蔵メモリ27MB
動画画質4K、フルHD、HD
GPS
スマートフォン連携
幅 x 高さ x 奥行(突起部含まず)118.2 x 65.5 x 33.1 mm
質量(重さ)約246g(電池、SDカード含む)
公式販売価格(税込)51,300円
Amazon販売価格(税込)43,000円

まとめ

海・山・川で活躍する防水カメラ「RICOH WG-6」

夏も冬もどんな場所でも連れていけるWG-6は、アウトドア派の強い味方になりそうですね。

たまの旅行やお出かけの時だけ防水カメラを使いたい方や、購入前に使い勝手を試してみたい方は、使う期間だけ防水カメラをレンタルする方法もあります。

カメラレンタルのRentioでは、WG-6をはじめ各種防水カメラがレンタルできますので、こちらから商品や価格を詳しくチェックしてみてください。

[レンタル] 防水カメラ 一覧 – Rentio[レンティオ]
[レンタル] RICOH WG-6 防水カメラ ブラック – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 防水カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事