初心者に人気の最新ミラーレス一眼「E-PL9」と「DC-GF10」の性能や特長を徹底比較!

Atsushi Yoshioka
Atsushi Yoshioka

公開日2018/10/21

初心者に人気の最新ミラーレス一眼「E-PL9」と「DC-GF10」の性能や特長を徹底比較!

公開日

カメラ女子という言葉が存在するほど、現代ではデジタルカメラを使ったおしゃれな写真撮影が流行しています。

スマートフォンのカメラもとても優秀ですが、カメラを手に持つというのもファッションの一部としても魅せることができ、カメラ独自のフィルター機能を使った写真などもデジタルカメラを持つ理由の一つです。

今回は初心者向けデジタルカメラとして人気のあるミラーレス一眼カメラのOLYMPUS PEN E-PL9と、Panasonic LUMIX DC-GF10を比較してどのような違いがあるのかを解説していきます。

ミラーレス一眼カメラが流行している

ミラーレス一眼 人気

今回ご紹介する2つのカメラはどちらもミラーレス一眼カメラと呼ばれるジャンルに属するもので、これまで高画質で高機能カメラとして一般的であった一眼レフカメラの性能を引き継ぎながら、ミラー部を無くしたことで小型・軽量化も実現したカメラになっています。

これからの時代を担うカメラ

これまで小型・軽量のカメラはコンパクトデジカメがその役目を担っていましたが、一眼レフカメラほど高性能ではなく、自分でこだわりを持った満足の行く撮影を行うためには大型で重量感のある一眼レフカメラを使用する必要がありました。

しかし一眼レフの性能を搭載しながら小型・軽量ボディを実現したミラーレス一眼カメラは、コンパクトに収められたボディやかわいらしいデザインを採用することで女性にも人気を集めるカメラとなりました。

現代のデジタルカメラブームは、このミラーレス一眼カメラの影響といっても過言ではありません。

2018年最新おすすめミラーレス一眼カメラ5選!初心者でも失敗しないカメラの選び方 – RentioPress

各モデルの解説

比較を始める前に簡単な両モデルの解説をそれぞれ行っていきます。

どちらも初心者向けミラーレス一眼カメラとして人気を集めるだけに、これからカメラを始める方にも優しい操作性や、おしゃれを実現する撮影機能が充実しています。

OLYMPUS PEN E-PL9

2018年3月発売と非常に新しいモデルであるOLYMPUS PEN E-PL9。

オリンパスのPENシリーズはフィルムカメラ時代から続く長い歴史を保有し、昔からコンパクトで使いやすいカメラをコンセプトにラインナップが展開されてきました。

女性が選びやすいおしゃれなデザイン

一眼カメラというと黒や銀色ベースにゴツゴツしたボディというのを思い浮かべる方も多いでしょう。

しかしE-PL9では、3種類のカラーバリエーションから選ぶことが可能で、白ベースのカラーも存在するなど、明るく柔らかい印象を持たせてくれます。

またボディのサイズも小型化を実現し、手が小さい方でもしっかりホールドした撮影が可能なほど、コンパクトに収められたボディも魅力的です。

撮影を手助けする機能が充実

もちろんカメラなので写真撮影性能が最重要ですが、一眼カメラは機能が多すぎて理解できないと感じる方も多いでしょう。

E-PL9では、初心者の方でも簡単に扱えるようなガイド表示や、タッチパネルによる操作でスマホ感覚の操作で設定を変更できるようになっています。

また、撮影の際はエフェクト効果をかけることができる「アートフィルター」やプロの技をカメラが自動的に行ってくれる「アドバンスフォトモード」など、カメラを始めたばかりの人でも簡単に魅力的な写真を撮影することができます。

実機を使った詳しいレビューはこちら

OLYMPUS PEN E-PL9実写レビュー!初心者におすすめできる最新おしゃれカメラ – RentioPress

Panasonic LUMIX DC-GF10/90

E-PL9とほぼ同じ時期である2018年2月下旬に発売されたPanasonic LUMIX DC-GF10。

LUMIXというブランド名を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。デジタルカメラシリーズとして長い歴史と実績を持つ、信頼のブランドです。

3種類のカラーバリエーションと頑丈なボディ

E-PL9同様にGF10でも3種類のカラーバリエーションを保有しています。明るい色からダーク色まで選びやすいカラーバリエーションは、あなたにあったデザインを見つけることができます。

そして私がGF10を使用して強く感じたことは「ボディの強度」です。基本的に初心者向けのカメラはボディの耐久性などでコスト削減などを行い、上位モデルと比較すると衝撃などに弱い印象でしたが、GF10はしっかりとしたボディ感を実現しています。

優れたAF性能を保有

入門モデルながらDC-GF10は、上級モデル並のAF性能を保有しています。

AF方式にはE-PL9と同じ「コントラストAF」を採用していますが、GF10ではさらに空間認識AFという制御が行われることで正確で高速なピント合わせを実現します。

そのためファインダー内にさまざまな物体が存在し、ピント合わせに迷いそうな場面でもきっちり狙い通りにピントを合わせてくれる優れた性能を保有しています。

また被写体を追いかける追従AFにも優れているため、動きモノの撮影にも他のミラーレス一眼カメラと比較すると強いです。

実機を使った詳しいレビューはこちら

Panasonic LUMIX DC-GF10を実写レビュー!初心者でも使いやすいシンプルミラーレス一眼 – RentioPress

両モデルの外観違い

OLYMPUS PEN E-PL9とLUMIX DC-GF10の外観を比較していきます。両モデルとも初心者向けのカメラとして小型・軽量を実現していますが、どのような違いがあるのかをご紹介していきます。

大きさはLUMIX DC-GF10の方が小さい

意外にも両モデルにおいて大きさの違いは顕著に見られます。まずはE-PL9とDC-GF10の外形寸法の数値を並べてみます。

E-PL9 GF10 大きさ 比較

  • OLYMPUS PEN E-PL9 : 117.1mm(幅) × 68.0mm(高さ) × 39.0mm(奥行き)
  • Panasonic LUMIX DC-GF10 : 106.5mm(幅)×64.6mm(高さ)×33.3mm(奥行き)

この数値からも分かるように外形寸法でも大きな差があります。幅は約1cmも差があるため、パッと見た段階で違いが分かるほどです。

E-PL9 GF10 撮影時大きさ 比較

しかし上写真の通り、レンズを装着したときは伸縮のないE-PL9に対して、DC-GF10が奥行きで上回る形となります。この奥行きは撮影しないときに格納することができますが、撮影時に拡張されます。

記録メディアの違い

両モデルで使用するメモリーカードの規格にも違いがあります。E-PL9の記録メディアは一般的な一眼カメラと同様にSDカードを使用していますが、GF-DC10では、記録メディアとしえmicroSDカードを使用しています。

そのため、これまでのカメラから乗り換える際、DC-GF10を使用されている方はSDカードを挿入することができないため、注意が必要となります。

液晶タイプの違い

E-PL9 GF10 チルト液晶 比較

E-PL9とDC-GF10では、両モデルともチルト式の稼働型液晶を採用していますが、両モデルで開く方向に違いがあります。

E-PL9ではセルフィー撮影時に手の写り込みを極力なくすために下方向に開くチルト式液晶を採用しています。そのため自撮り時はE-PL9の方がより背景などと綺麗に写すことができる設計になっています。

性能上の違い

外観や設計の違いを確認したところで次は撮影に関する性能や機能などを比較していきます。

近年のカメラはどれも高画質を自信としていますが、高画質を活かすための機能で違いが見られます。

ボディ内手ブレ補正の有無

暗い場所などブレやすい場面で効果を発揮する手ブレ補正。一眼カメラではレンズに搭載されることが多い手ブレ補正ですが、近年のカメラではボディ内にも搭載されることがあります。

ボディ内の複数軸によるセンサーを利用した手ブレ補正は、夜間などでも手ブレを抑えてくれる重要な性能です。

このボディ内手ブレ補正は2つのモデルではE-PL9のみに搭載されており、DC-GF10には搭載されていないため、注意が必要です。そのため手ブレを強く抑えられるのはE-PL9となります。

しかし手ブレというのは、暗い場所などのみ効果的で、日中晴天の屋外撮影などではブレることのが少ないため、あくまで拡張的な機能として考えると良いでしょう。

AF性能の違い

これまでE-PL9の性能の良さが目立っていますが、自動でピントを合わせるためのAF性能はDC-GF10の方が優れていると言えます。

どちらもミラーレス一眼で多く採用されている「コントラストAF」を搭載していますが、DC-GF10では独自の空間認識技術を使用することで特別なAF制御を搭載しており、速度に難があると言われているコントラストAFとは思えないほど高速で高精度なAF動作を実現しています。

E-PL9とDC-GF10製品仕様比較表

モデル名 PEN E-PL9 LUMIX DC-GF10
撮像画面サイズ フォーサーズ(4/3型)
映像素子型式 Live MOSセンサー
有効画素数 1605万画素 1600万画素
オートフォーカス方式 コントラストAF
測距点 121エリア 49点
常用ISO感度 ISO200~25600 ISO100~25600
シャッター速度 1/4000秒~60秒 1/16000秒~60秒
連続撮影速度 最高約8.6コマ/秒 最高約10コマ/秒
画面 3.0型/約104万ドット
Wi-Fi搭載
NFC搭載
Bluetooth搭載
大きさ 117.1mm(幅) × 68.0mm(高さ) × 39.0mm(奥行き) 106.5mm(幅) × 64.6mm(高さ) × 33.3mm(厚さ)
質量 約380g 約270g

どちらも初心者にはおすすめできるモデル

E-PL9 GF10 比較

E-PL9とDC-GF10の違いをご紹介してきましたが、どちらも初心者が扱いやすい設計や求める性能を搭載したおすすめカメラです。

両モデルで大きさや性能に関する微妙な違いがあるため、ここはご自身の好みにあった選択をされることがおすすめです。

まとめとして両モデルがどのような方におすすめかを解説していきます。

E-PL9は自撮りや止まっているものの撮影におすすめ

OLYMPUSのE-PL9は、ご紹介の通り全体の性能のバランスが取れた優秀なカメラです。

GF10にはない下方向に開くチルト式液晶や、写真への多彩なエフェクト効果の種類、ボディ内にも搭載された手ブレ補正などを実現していることから、旅先でのセルフィー撮影や風景写真などの止まっている被写体の撮影におすすめです。

DC-GF10は携帯性を活かした撮影におすすめ

一方でPanasonic LUMIX DC-GF10では、E-PL9よりも小さい際ボディで持ち運びの面で大きなメリットとなります。

そのため機動性にも優れており、旅先での撮影はもちろん、アウトドアなど少しハードな撮影でも満足できるカメラになっています。そしてE-PL9よりも優れた高速AF性能は、動きものの撮影でも効果を発揮し、オールランドで活躍するカメラです。

デザインで選ぶならどちらでもOK!

E-PL9 DC-GF10 カラーバリエーション

E-PL9とDC-GF10は外観の項でもご紹介した通り、デザイン性でどちらも優れており、カラーバリエーションも似たようなデザインとなっているため、どちらのカメラを選んでもおしゃれなファッションとして期待できます。

強いて挙げるとすればDC-GF10の方がボディ本体が小型・軽量であるため、デザイン面で検討材料となるのはその辺りに限られると言えるでしょう。

人気ミラーレス一眼カメラをレンタル

今回ご紹介してきたOLYMPUS PEN E-PL9とPanasonic LUMIX DC-GF10ですが、気軽にレンタルして使用できるのはご存知ですか?

カメラ購入は高額なお買い物。そんなカメラ選びを失敗しないためにもまずはレンタルで使用してみることをおすすめします。

家電レンタル「Rentio」では、今回ご紹介した人気ミラーレス一眼カメラや豊富なカメラのラインナップから選んでレンタルすることができます。

17時までの注文なら当日出荷も可能で、すぐに使いたいというときにもおすすめのサービスです。

ぜひRentioでカメラをレンタルして、楽しいカメラ選びに役立ててくださいね。

[レンタル] OLYMPUS PEN E-PL9 EZ ダブルズームキット ミラーレス一眼 – Rentio[レンティオ]

[レンタル] Panasonic LUMIX DC-GF10 ホワイト ダブルレンズキットミラーレス一眼 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事一眼カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事